※※誠に申し訳ありませんが,このブログでは,メンテナンスの関係上,コメントとトラックパッドは受け付けておりません。質問などがございましたら,お手数ですが,大学のホームページなどからメールアドレスをご確認後,お送り下さい。ご理解下さいますようお願い致します。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年07月22日

最終日3日目の今日はいろいろと回ってみました

テーマ:科研費での研究2014_2016
沖縄出張も3日目です。今日の夕方には,那覇空港から福岡空港に戻ります。

今朝も昨日と同じ上泉のバス停に。でも,方向は反対側。1日目に糸満を往復したときにも乗った那覇バスの46系統で西原町へ。

1時間ほどで,西原保育所前で下車。と言っても保育所に行くのではなく,図書館です。

サトウキビ畑を横目で見ながら,少し歩いて

西原町立図書館に。夏休み期間中は,いつもより30分早めの9時半開館だそうで,20分程待ちました。2009年の3月に一度訪問したことがあります。建築学会九州支部が琉球大学で開催されたその前後に訪問して,資料を閲覧して以来です。

今日は閉架書庫を見せて頂くのではなく,開架書庫にあるものを見てみました。沢山資料があった訳ではないのですが,かえってゆっくりと町史を読むことができ,何となくわかってきました。と言うわけで,2時間程で図書館を後にして,

町史を購入するために,隣の町役場に。

前に来たときには,なかったはずだけど,と思いながら歩いて行くと,前の役場のことが書かれている銘板がありました。どうやら最近移ってきたようです。で,まだ時間があったので,西原製糖工場跡を少し回って見ることに。2012年3月に工場跡を見に来たときには,雨が降っていたこともあり,あまり回っていませんでしたので,今一度歩いて確認です。

歩いていると,こんな横断幕が。沖縄では,何かのイベントの告知に,横断幕が使われているのを時々みます。不思議です。

この兼久地区が昔の工場跡地。30分ほど歩いて回ったのですが,購入した重い町史を持っているせいか,汗だく・・・。

で,試験場跡地のバス停に。この試験場は,製糖工場の前身である糖業改良事務局を受け継いだ沖縄県立糖業試験場のことですが,そんな地名がまだバス停に残っています。

目の前にはお弁当屋さんが。なんだか,台湾みたいです。と思ったら,確かに沖縄と台湾はお隣同士。

暑い中,待っているとようやくバスがやってきました。東陽バスの30系統。

5分ほどで,隣町の与那原バス停に到着。

さすがにお昼ご飯を,と思ってうろうろしているとシーサーが町の真ん中に。どうやら,この先に続く道が,かつての与那原のメインストリート。後で見学に行く軽便鉄道の与那原駅と港を結んでいた道のようです。

今日は麺にしてみました。与那原そばとジューシーのセット。沖縄でご飯を食べるのもこれが最後と思って,大盛りに挑戦。全部で750円。

こちらの食堂です。今日も,大変美味しく頂きました。

で,お目当ての与那原町立軽便与那原駅舎展示資料館に。

戦前には,那覇と与那原を結ぶ軽便鉄道が走っており,その駅舎を展示資料館にして,最近オープンしたそうです。新聞に出てきましたので,見に行きたいなと思っていたのですが,実現しました。製糖工場と軽便鉄道は,嘉手納の製糖工場の場合でも,一昨日資料を探していた高嶺の製糖工場の場合でも,密接な関係にあります。台湾と同じですね。

で,まだもう少し時間があったので,図書館にも。

1時間ぐらいだけでしたが。西原町ほどは大きな図書館ではなく,資料もあまりありませんでしたが,西原の製糖工場の立地が見えてきたように思います。やはり現地を訪問して,いろいろと考えることは大切なようです。しかも,工場のあった町だけではなく周辺も調べることが大切なようです。このやり方を台湾にも適用できそうで,それぞれの図書館や訪問先だけではすごく大きな成果があったわけではないのですが,いろいろと回っているうちに見えてきた感じです。

で,また与那原のバス停から,今回初めて乗る沖縄バスの41系統に乗って,

40分ほどで,上泉のバス停に戻ってきました。朝と同じ方向のバス停ですので,ぐるっと回って戻ってきた感じです。

そうそう,今回止まっていたホテルはルートイン。2002年,建築学会九州支部の沖縄開催の時にも泊まりました。今年の3月で,建築学会九州支部沖縄開催は3回目でしょうか。

ゆいレールの旭橋駅に行く途中で見える那覇バスセンターの工事中の様子です。完成までにはまだまだかかりそうです。

10分ほどで,那覇空港駅に戻って来ました。今日は,頑張って歩き回ったせいか,若干熱中症気味なようで,ちょっとしんどくなってきました・・・。

18時の便でしたが,待合室には45分ほど前には到着。

帰りの飛行機は,行きと違って,小さい飛行機のようです。

飛行機の乗り込む前。西日がきつい時間帯で,飛行機の中では窓を閉めていました。そうしないと暑くなってしまうそうです。

出発も遅れ,さらに福岡空港も混雑していたとかで,予定よりも遅れて到着。さすがに福岡空港では真っ暗です。

結局,15分ほど遅れたようです。

今回の3日間出張では,沖縄の製糖工場と社宅街の立地や建設の様子がだいぶん読み解けてきたような気がします。そういう意味では,結構成果があった気がします。頑張って見てまわったかいがありました。ちょっとへろへろですが・・・。あとは,しっかり論文にしないと。震災があってから,まとめないと言う気持ちはかなり強くなりました。折角集めた資料も危うくなくなってしまいそうでしたので・・・。頑張ります!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月21日

沖縄出張2日目

テーマ:科研費での研究2014_2016
沖縄出張2日目です。今日も1日晴れのようです。晴れだと暑いのですが,公共交通機関を使って移動するので,歩くことも多く,雨よりは晴れの方が助かります。でも,しっかり日焼け止めを塗りました。

まずは,沖縄県立公文書館に行くために,ホテルの前にある上泉のバス停から,

那覇バスの4系統に。

25分ほどで最寄りの新川営業所に到着。

このブログでも何度か出てきた沖縄県の公文書館です。南洋群島の研究をしていた頃からよくお世話になっています。

開館は9時からなのですが,バスの都合で30分ほど前に到着。日影で今日の作業の予習をしていました。それにしても,青い空とすごい雲。

2時前まで頑張ってみたのですが,今度はこんな雲になっていました。

公文書館では,空中写真をもう一度確認。一旦は帰ろうかと思ったのですが,1階にある展示を見ていると地図もありそうなので,もう一度2階に舞い戻り,地図も出してもらいました。この公文書館では,パソコンを持って行くと,デジタルデータは無料でコピーできるのが不思議なところ。お陰で助かります。

昨日の反省で,今日はもう少しちゃんとしたものを食べようと思い,少し遅めでしたが,バスの営業所の中にある食堂に。本当は,ヘチマの味噌炒めが食べたかったのですが,売り切れでゴーヤならあるとのことで,ゴーヤチャンプルーに。しかも,このボリュームでなんと500円!味も美味しく,満足・・・。

座ったカウンターの前には,沖縄のお魚の絵が。見たことも食べたこともなさそうなお魚が沢山ありました。

こちらが,食堂の外観。新川営業所内の食堂ですから,きっとバスの運転手さんも利用するので,安くなっているのでは?と思いますが・・・。

で,今度は2番のバスで,

赤十字病院前で下車。

3月にも訪問した沖縄県立図書館です。こちらは,公文書館にお世話になるもっと前からお世話になっています。アーケードの研究の時からですので,もう15年くらいでしょうか。真っ青な空です。

今日も閉館時間の19時まで頑張ってみました。なかなか思うような資料が見つかりませんでしたが,かえって発想の転換ができそうです。

また,2番のバスに乗って,

10分ほどで,パレットくもじ前で下車。

今日の最後は,リブロのリュウボウブックセンター店で本を探します。ここも,だいぶん前から良く来ています。昨日のジュンク堂と同じ品揃えかと思ったのですが,以外に品揃えが違い,今日も沖縄関係の本の棚だけを見たのですが,3冊ほど購入。

8時を超えていたので,もうお店を探すのも面倒になり,3月の時にもお世話になったお店に行くことに。少し歩くのですが,まあ良いかということで。念願のヘチマの味噌炒め。

こちらのお店です。24時間営業というのが,やはり不思議。那覇にはこういうお店が結構あるようです。しかもチェーン店。やっぱりきちんと作って頂いたご飯を食べると元気になります。もう一日頑張ろうと思います。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月20日

真夏の沖縄に出張・・・

テーマ:科研費での研究2014_2016
台湾の製糖工場と社宅街に並行して,ここ何年か沖縄の製糖工場と社宅街についても調査を続けていました。そろそろ何とかまとめられないか,という思いと,戦前期に沖縄県内にあった5ヶ所の工場に関する研究の成果をプロトタイプとして台湾の事例に応用できるのでは?と思い始め(そのためにも早くまとめないと・・・),真夏の沖縄に出張しました。

いつもは,阿蘇くまもと空港から出発するのですが,沖縄便に限ってはお昼頃の便が1便あるのみ。で,しょうがないので,福岡空港まで行くことに。小中学校の夏休みが始まったので混むかなと思って,交通センターまで行ってからひのくに号に。

心配していた渋滞もほとんどなく,10分ほどの遅れで福岡空港に到着。

いつもとは違う広いカウンターで搭乗手続きをして,

2階に上がりました。0925発の那覇行きに乗ります。1時間程までにここまで来れたので,順調です。

5月に札幌に出張したときも福岡空港から。この時は,熊本・東京間の朝一の便と最終便がなかったので,福岡まで来たのでした。

1時間半ぐらいで那覇空港に。3月の建築学会九州支部に参加するために来て以来です。飛行機を降りると,むわっと熱気が・・・。

5分程早く着いたようです。

レンタカーを借りる人たちを迎えに来るバス乗り場はいっぱいの人。やはり夏休みだからでしょうか。

このブログの管理人は,車の運転はできませんので,モノレールに乗って,

まずは,ホテルの最寄り駅である旭橋に。荷物を置いて,

早速,那覇バスターミナルから糸満営業所行きのバスに乗り込みました。

40分ほどで糸満営業所に到着。空が青い!

糸満市立中央図書館はどうやら丘の上にあるらしく,暑い中,坂を登ります。

振り向くと,糸満市内が一望できます。海も見えました。

で,シーサーに迎えられ,

図書館に。糸満市内には,高嶺の製糖工場がありましたので,それに関する資料を探しに来ました。ついでに,移動中のバスから,もう一度周囲の地形も確認・・・。

1時前から閉館時間の19時まで頑張りました。でも,外に出るとまだ日没前。夕焼けが綺麗でした。

バスの時間まで少しだけ時間があったので,スーパーに寄って,ジューシーの素を購入。お土産です。


帰りも同じ那覇バスの46系統で,那覇市内に戻ります。

帰りは少し時間がかかって,1時間以上バスに揺られて,松尾で下車。その後,ジュンク堂那覇店に。初めて行きましたが,沖縄に関する本がとても充実していました。しかも10時まで開いています。が,ちょっと疲れてきたので,9時半すぎに撤退。

最後は,ゆいレールで美栄橋から旭橋に戻りました。さすがに,外にご飯を食べにいく元気はなく,スーパーのお総菜で晩ご飯。そういえば,お昼もコンビニのおにぎりでしたし,明日はもうちょっと良いものを食べようと思います。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月18日

珍しく大学院の授業の様子

テーマ:大学の日常
今日は祝日ですが,熊本県立大学では,授業があります。もともとは水曜日に配当されていたのを月曜日に変更した大学院の授業「パッシブ環境調整工学」も,実施することに。

先週から,来週までの3回は,テキストを使って,受講生が割り振られた担当部分を解説して,皆で勉強してみようという回です。

今日は,中国からの留学生,柴田研究室の徐君の発表です。母国語ではない言葉で発表するのは大変だったと思いますが,しっかり頑張ってくれました。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月17日

2016年度のオープンキャンパス

テーマ:大学の日常
夏休み前の恒例のイベント,オープンキャンパスが今年も開催されました。平成28年熊本地震の影響で,お隣の熊本大学は実施しないそうですが,私達の熊本県立大学では,だいぶん早めから実施するとのアナウンスをしていました。

居住環境学科の会場は,最近はずっとここでしていると思いますが,中講義室4です。

今日のプログラム。お昼前のサマーカレッジは,今年もこのブログの管理人と柴田准教授のよるトークバトル(と言っても,前半と後半に分けて話すだけなのですが)。

受付準備中のスタッフの皆さんの様子を撮ろうとしたら,なぜか皆さん,逃げて行かれました・・・。

こちらは総合受付。地震の影響か,冷房が不安定ですし,熱中症対策にもということでしょうか,お水を配っているようです。

居住環境学科の会場でも,受付が始まりました。地震の後でしたので,どれくらい集まるか心配でしたが,まずは順調な滑り出しのようです。

少しずつ参加者が増えてきました。

今年のオープンキャンパス担当は,柴田准教授(右手前)。柴田准教授とスタッフの皆さんとの最終打合せ。

いよいよ今年度のオープンキャンパスの開始です。最初は,柴田准教授によるスケジュールの説明と諸注意。この後に,このブログの管理人が学科全体の紹介をした後,教員が一人一人説明を。

まずは,高橋准教授。

次いで,佐藤准教授。この次が,今年度から赴任した田中准教授とこのブログの管理人の説明なのですが,やはり写真はなし。

構造・材料分野の北原教授と

李教授。だいぶん小さな写真になってしまいました。

最後は,柴田准教授による地域計画分野。

その後は,学生による学科紹介です。まずは,高橋研究室4年生の中野君と姫野さんが研究室での活動を紹介。

続いて,3年生の平山さんと阪本さんが,2年生の時に授業で作った作品を紹介。

4年生の西村さんと岩崎さんは,去年取り組んだ中庭プロジェクトの紹介。

最後は,3年生の岸本さんと4年生の赤田さんが,平成28年熊本地震でのボランティア活動について紹介してくれました。

この後,サマーカレッジということで,模擬授業に。
最初は,柴田准教授とこのブログの管理人が,トークバトル第三弾「地図」を実施しました。前半は,このブログの管理人が「地理 × 歴史 × 居住環境学 ⇒ 都市史!」というテーマで,20分ほどお話して,後半は,
柴田准教授による「地図を使って地域環境を読み解く」。

で,最後は,今年も参加者にどちらが良かったか,手を挙げてもらいました。昨年まで2連敗中のこのブログの管理人。今年こそ,三度目の正直,と思って頑張って見たのですが,完封負け・・・。去年は2割くらいはこのブログの管理人の話にも票を入れて下さったのですが,今年は柴田准教授ばかり・・・。残念でした・・・。

ここで,一端お昼休み。

午後は,サマーカレッジの2限目,佐藤准教授による「住宅と建築模型」ですが,一度,中講義室4に再集合した後,

製図室に移動しました。

この講座は,去年から実施してもらっているのですが,任期の講座で,今年も定員40名の参加。これ以上になると,部屋が確保できなくなります。

このブログの管理人は,その間,最後の施設見学の準備に。こちらは,設備システム学実験室。このブログの管理人の担当です。

ついでに,居住情報室も覗いてみました。こちらでは,学生の作品が展示されていました。

柴田准教授の担当です。

で,またサマーカレッジの会場に戻りました。

手前は,TAの4年生の小濱君。こうして4年生が何人か模型作りのお手伝いをしていました。最後はどうなったのかよくわかりませんが,このブログの管理人は,自分の持ち場に先に移動して,

2班に分かれて,施設見学が行われましたので,頑張って説明してみました。今年は,きちんと写真も撮れました。実験室がきれいになって,高校生の皆さんを案内するのも安心です。

こちらが2班目。皆さん,実験機具を直に触っていろいろと計ってくれました。
と言うわけで,15時半頃,無事に今年のオープンキャンパスも終了。
来場下さった高校生の皆さん,保護者の皆さん,ありがとうございました!!!
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。