40代半ばから女性ホルモンの減少によって発症する「更年期症状」

更年期症状は40代以降に起こる女性ホルモンの減少が主な原因とされています。

更年期の症状とは? ・のぼせ ・動悸 ・火照り ・疲れやすい ・意味なくイライラ ・気分の落ち込み などなど

 

更年期症状の対策として注目されているのが

「エクオール」という成分があるそうです。

エクオールは腸内細菌のチカラによって産生されますが、

このエクオールを産生する腸内細菌は、現在15種類ほど存在すると言われており、

そのうちの1つ乳酸菌「ラクトコッカス20-92」は、多くの方に馴染みのある“乳酸菌”で、

食用としての安全性もあり、イタリアのチーズなどにも使われています。

 

詳しくはDoctors Meをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

Docters Meのキャンペーンに参加中[PR]

 

AD