森酒舗日記

思い立ったが吉日


テーマ:
花垣さんの「やまはいじゅんまいむろかなまげんしゅ」。

じゅげむじゅげむ牛蒡のすりきれ‥、あ、五劫だって。

てか、長いって。

先日から、日本酒の酸のことが気になってたので、その流れということで。

IMG_0649楽しみがてら、開けてみました。

あ、おあつらえ向きに、別の呑み差しもあって。

「じゅんまいむろかなまげんしゅ」。

かいじゃりすいぎょのすいぎょうまつ。

緩い、速醸と山廃の呑み比べだね。

この際、遊ばしてもらいましょう。

速醸の純米は、パワフルでね。

口に含んだ瞬間に自己主張してくる、甘味というかトロ味というか、ああ、生原酒やわ!っての。

酸も同時に襲ってくるから、ボリューム感満点でね、後口に、あ、酸っぱぁ!ってくるんよ。

でも、この酸っぱぁ!が心地いいんだけどね、慣れてくると。

あ、言い遅れましたが、どちらも、冷やして呑みました、一応、生だしね。

   花垣 「山廃純米無濾過生原酒」   1800ml - ¥2,850   720ml - ¥1,425

で、山廃の純米はね、ややスッキリしてますね。

ま、この辺が私も成長した証かね、キモトが綺麗という、ある意味、意外でもある認識。

口当たりは、一歩引いた落ち着きが感じられ、なめらかな甘味です、うん、これ山廃?って感じ。

あ、山廃臭は、ほとんど感応しません、重箱の隅を突くと、ほのかに‥。

で、初めは隠れていた酸が、フィニッシュに向けて膨らんでいきます、でも、キレが良い酸です。

柔らかく上品な酸でもあるがごとく、速醸の酸とは、性格の違う兄弟のようです。

うちの長女と末娘は、全く性格が違います、同じもの食べてるのにね。

おおらか者の長女に、しっかり者の末娘です。

私はというと、しっかりしているようで結構抜けてる、とよく言われますので、遺伝ですかね。

あ、髪の毛と、ちゃいます。

てか、あれは、隔世遺伝でしょ。

確か、じいちゃんは‥。

あっ!

 なんか、尻切れトンボになっちゃった。

    福井地酒  森酒舗   http://www.morisyuho.jp/

sshigeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。