5月18日

 

 今日のお客さんは以前、初ガイドで来ていただいた三重からの三村さんがお友達松田さんと北村さんを誘っての三名ガイド日。
 
 朝、とりあえずベイトライトテキサスとスピニングピッチンショットをセットして「ひょっとして場をチェックしながら南へ下がっていきますよ」で今日も赤野井北側の藻刈り大船団を見ながら下物に入る。
 「ピッチンスティック、問答無用、キッカーバグ等々何でもエエですよ、適当にセットして投げて下さい」でベタベタ凪の中スタート。するとピッチンスティックセットの三村さんにヒット。しかし後が続かず二ヶ所目へ移動。
ここでも三村さんにヒットだったがライン切れバラシ(姿見ず)、この後はバイト無しで草津川沖へ。

 しかし水が田植え後の濁りの様な濁り方で「水悪いな・・・・」でプリンス最沖へ。
 とりあえず無風晴れで皆さん「暑すぎる!」でのテキサス大我慢大会
 キッカーバグからピッチンスティックに換えられた北村さんにヒットしたが、ここも水気配悪く我慢の答えが出ないまま時間過ぎる。
 
 風が無いまま浜大津沖へ移動してエレキでのドラッキングスタート。
 ベイトで釣りたい三村さんはベイトのピッチンショットでドラッキングに参加したりライトテキサスを投げたり、松田さんと北村さんはスピニングピッチンショットにカットテールかスリムヤマセンコー各5インチで大我慢大会続行(笑)。
 
 三村さんにヒットするがラインブレイク、ジャンプしての姿見ての50アップバラシだから「もったいな(笑)」に「切れてるんじゃ無くて、結びがほどけてるみたいですよ、結びチェックして下さい」と下物と今のバレ方が気に成ったのとライン先の縮れ方が気に成り三村さんにイエローカード(笑)。
 
 この後、三村さんベイトピッチンショットに56センチヒットして結びほどけずランディング、直後北村さんに54センチヒットの松田さんにヒットのトリプルだったが松田さんバラシ。
 あと、三村さんライトテキサスでもヒット。
 

 
十二時マクド買い出し。
 
マクド後は井筒沖と自衛隊沖を三村さんベイトピッチンショットとライトテキサス、北村さん松田さんスピニングピッチンショット、僕もここからベイトピッチンショットとスピニングピッチンショットの持ち変えで釣り参加(笑)。
 各ポロリヒットしてる内に北風強く成り、再度浜大津へ。

 浜大津沖は一昨日、魚が一旦型も数も良くなり、昨日「船団出来るやろな」と思ってたのが昨日は船団出来ずだったが今日は船団誕生日。
 この場所は三月末から使い始め、最初は磯村君と二艇でノンビリしていて、ここに奥村君と下敷領君が参加で土日でも四艇だけでノンビリだったが、次の土日が大船団でしばらく大賑わい(笑)。
 そして一旦バスの姿が消えてボートも消えて完全ノーマークに成って、しばらくして「次入ったかな?」で見に入ると磯村君が居てニヤリで二艇でしばらく貸し切り時々奥村君下敷領君と元の景色に成って、またまた船団が出来ての繰り返し(笑)。
 
 しかし、今年の六本柱より南エリアのバスの数の多さは尋常じゃ無い(笑)。
 自衛隊や井筒に入ったバスの数も、あのタイミングでの電気ショッカー無ければどれほど釣れたのだろう。
 それに引き換えいつもならゴールデンウィーク直後には入って来る名鉄・木浜は「入った!楽出来る!」と思っても毎年の大爆発が起こらないのが残念。
 「浜大津沖、何ヵ月使うんやろ・・・・・・(使わなく成った時の次の場所に悩む。いつもなら自衛隊沖で六月まで磯村君と二艇だけでやれてたのが今年は先週までの大船団で叩かれ過ぎて気配消えてしまった(笑))」と思いながらのドラッキング。
 少しボートが多く成ったのでプリンス最沖へ移動してポツリ一艇でのドラッキングで二匹。小一時間で浜大津へ戻ると船団は消えていて数艇。

しばらく流して数匹ヒットで4時過ぎ終了。
 
 ガイド終わりでラム散歩しながら浜大津から琵琶湖大橋の景色見ながら「あの、見える範囲の狭いエリアに毎週末にあのボートの数が浮かんで平日でもあの数で岸にあの数の釣り人で、五・六年前と比べれば釣り難くは成ったけど、あの数の釣り人があの狭い範囲でそれなりに楽しめてるなんて、やっぱり琵琶湖は凄すぎる!適当に浮いててもあれだけの数のガイドが成立してるって琵琶湖様様、何投げても適当に釣れてしまうのも琵琶湖様!・様!・様様様様様様様様!ほんまに凄い湖やな」と思っていた。
 
今日は写真以外にも多数の釣果
AD