創業70年。今までの湯が温泉と判明。

5月中旬リニューアルOPENした温泉銭湯へ行きました♪

 

場所は、吉原エリアから近い住宅街。

(「吉原」は遊郭の名称、またその地域の通称。

吉原という地名は無く、町名は戸町・揚屋町・角町・京町だった )

 

(近辺探索したので、それは別記事で。)

(クリックで拡大。点線で囲った部分が「吉原」だったエリア。

現在は千束4丁目。千束と言う地名は室町時代からある。)

 

電車の場合、最寄り駅は「三ノ輪」ですが…

 

他の駅から台東区循環バス「めぐりん」も便利です。

運賃100円。SuicaやPASMO使えます。

(4系統あるので、詳細は上記リンク先でご確認を)

 

例えば、この温泉銭湯へ浅草から行くなら「北めぐりん」で「吉原大門」。

帰りは「吉原大門」から「ぐるーりめぐりん」で浅草がいいと思います。(約20分)

 

※同じ停留所名でも系統が違うと場所が違います。

主要駅の停留所場所や、地図上での停留所場所確認はコチラ(PDFファイル)

 

 

開店15分前に着いてしまった。

誰もいないと思いきや、10分前には10数人お客さんが待ってる状態に。

 

湯どんぶり 栄湯

14:00~24:00

(日曜12:00~)

水・休

 

玄関の券売機で購入

銭湯料金460円

サウナ、+200円

 

車P2台

店前では無さそうなので銭湯に要確認。

 

 

自転車も店前ではなく、向かいの駐輪場スペースへ。

 

 

外の看板色々、分かりやすい。

2階ではマッサージも受けられる。

 

(↓パンフチラリ。パンフも著作権あるのであえて斜めでチラリです。

自分の取得物としての撮影という事で(これはセーフ)。今までずっとそうしてます。)

露天が、今まで行った銭湯の中でもかなり広くてビックリ!

露天浴槽の中に、壺湯(どんぶり)が設置されている面白い造り。

白濁に見えるのはナノバブルです。

 

全ての浴槽で、温泉で軟水の湯を使用。

脱衣所に分析表ありましたが、撮れず覚えきれず。

メタケイ66で温泉、pH8.4

 

浴槽での温泉感はそこまでではないけど…

(それでも特にナノバブルは肌スッキリ!という感じしました)

カランからの湯が一番ヌルスベ石鹸流せてるかな!?と思うくらいでした。

 

(毎度のテキトー図)

固定シャワー付きカラン7×2、壁際に8。

立ちシャワー1。

(ブース内に上からザーッと浴びるタイプと、横8か所からのボディシャワーがある)

 

浴槽内で、ジェット・電気・ブクブクのバイブラなどに分かれてる。

岩風呂の別浴槽で薬湯(ぬるめ、溢れ出し多い)、水風呂。

新設の露天エリアに広いナノバブル浴槽+ぬるめの壺湯(どんぶり)2つ。

囲われてるけど広いから解放感有り、休憩できるベンチも有り。

 

湯量が多いのか、よく入れ替わって綺麗な湯。

銭湯らしさも残しつつ色々な浴槽、かなり楽しめました♪

 

 

拡張した?サウナ(別料金)は、ヒマラヤ岩塩サウナに。

窓から脱衣場のTVが見える(たぶん)

 

浴室入口には、飲み水の蛇口有り。(マイボトルで汲めばいいのかな)

風量○のドライヤー2、3分20円。

ベビーベッド、飲み物自販機、広めのベンチ有り。

 

 

 

湯沸しは昭和54年から太陽光パネル!なんと早い!

店内電気、全てLEDだそうで。

ハンコがどんぶりで可愛い。

ぜひとも再訪したい温泉銭湯です♪

 

 

 

↓よろしければお願いします ブログランキング参加中

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 東京お出かけスポットへ

 

↑できればコチラも ブログ村

 

芹沢友綺
写真・文の転載禁止

………………………………………………
コメントのお返事より先に、

時間予約投稿で記事が更新される場合があります。

ご了承くださいませ

 

ペタしてね

コメント(14)