ソバの花

ソバの花

台風(温帯低気圧)でソバの花が散らないかと心配で、陽の照ってる隙間をみて写真を撮ってきた。

花は咲いてはいるが少し少ないようだ。窒素過多かな。

ミツバチが飛んでいる。

こんな小さな花にも蜜があるんだな。

AD

ソバの追い蒔き

種まきから1週間たった8月10日、ソバの発芽は順調に進んでいたが、いかんせん「種まき権平さん」の使い方が悪かったのか発芽の良いところと、

悪いところがある。

権平さんは前輪で回転するフィーダーで種を蒔き後輪で畑を加圧するらしい。
ロープを付けて元気よく権平さんを引き回したために前輪が十分回らず種のフィードがうまくいかなかったようだ。

今回は構造を理解したうえで丁寧に蒔いたから来週は十分な発芽が見られるだろう。

それにつけても、この炎天下7時集合との知らせを受け早めについたら、既に4人が汗を流していた。
寝ていてソバが食べられるとは思わないが、それにしても皆さんの働きに、感謝・感謝。TF
AD

ソバの種まき

朝方はもしかしたら雨かなとの天気でしたが幸いかんかん照りにはならず種まきをおこないました。
以前に比べ数倍の面積、我々の力ではやはり手にあまり、機械の力を借りました。

トラックター、小型耕運機、種まき権べさんなどの力はさすが。

一日でやっと片付きました。

イノシシの被害はないと思いますが収穫までは気が許せません。TF
AD

構造色

以前法隆寺にお参りした時「玉虫厨子」を見る機会があった。
千年も前の色がなぜ変色も褪色もせずにあるか不思議に思っていた。
その後ラジオ番組で構造色の話を聞いた。
すなわち色素を使っているのではなく、タマムシの羽の構造からなる反射屈折で色が見えるものらしい。

今朝家内が、すごく綺麗な虫がいる、と言うので庭に出てみると、まさに法隆寺の「玉虫厨子」と同じヤマトタマムシではないか。
ヤマトタマムシのお腹

ヤマトタマムシの背中
法隆寺の「玉虫厨子」はレプリカだとの話もあるが定かではない。
千年もたてば腐食や変質があっても不思議はない。
レプリカであろうとなかろうと、私は千年も前に構造色を利用した先人の知恵に感動している。TF