構造色

以前法隆寺にお参りした時「玉虫厨子」を見る機会があった。
千年も前の色がなぜ変色も褪色もせずにあるか不思議に思っていた。
その後ラジオ番組で構造色の話を聞いた。
すなわち色素を使っているのではなく、タマムシの羽の構造からなる反射屈折で色が見えるものらしい。

今朝家内が、すごく綺麗な虫がいる、と言うので庭に出てみると、まさに法隆寺の「玉虫厨子」と同じヤマトタマムシではないか。
ヤマトタマムシのお腹

ヤマトタマムシの背中
法隆寺の「玉虫厨子」はレプリカだとの話もあるが定かではない。
千年もたてば腐食や変質があっても不思議はない。
レプリカであろうとなかろうと、私は千年も前に構造色を利用した先人の知恵に感動している。TF
AD

植林地の下草刈り

つくばフォレストクラブでは5年ほど前から「身近なみどり事業」として、森林の所有者が高齢化等で管理が出来なくなった森林の管理支援を行っている。
これには2つのシステムがあり、1の方法は「森林湖沼環境税」を用い業者による整備を一回だけ行い、以後は我々ボランティアグループが維持管理を行うものである。
従って毎年ボランティアグループの作業森林は増えてゆくわけである。
しかも森林所有者は出来ないのではなく、やる気がないと思える節もある。
これではたまらんと、初年度4か所引き受けたがこのメカニズムを知ってから引き受けないことにしている。
2の方法は「森林湖沼観光税」で業者が整備するまでは同じだが、以後は森林所有者が自力で維持管理を行うものである。

過日つくば市より、2の方法でやっている人が、だんだん歳を取り、自力で出来なくなったので手助けをしてもらえないか、との依頼があった。
会員に声を掛けたところ「自力で頑張っている人の支援こそ我々がやろうとしているものだ」と即声があり、今日行ってきた。
森林所有者のNさん夫妻もともに作業に参加。
下草刈りを待つ植林地
下草刈りを待つ植林地
ヒノキを切らないように注意深く
下草刈り
キジと思しき卵
キジと思しき卵
こちらにも小さな卵が枝の間にある
なるべく元通りにしておいたが親鳥が引き続き抱卵するかどうか
href="http://stat.ameba.jp/user_images/20160720/17/m-sasanuma/72/72/j/o0800053113702198019.jpg">より小さな卵


下草刈り完了
何とか熱中症にならず終わったが夏の作業はこたえる。TF
AD

耕作放棄地

つくばフォレストクラブでは数年前から山口地区の耕作放棄地を切り開き、そのあとにソバをまいて、12月にはソバ打ち大会を行っていた。
ところが昨年はイノシシにやられ全く収穫は得られなかった。

今年はイノシシのいない茎崎地区の耕作放棄地を耕し、ソバを蒔くことにした。
面積は以前の数倍あり、必要数量をはるかに上回ることと、それより後の作業が我々の能力を上回るのでないかと、いろいろなものを植えることにした。

場所が里山に市民を呼ぼうとしているおぐろくの森の入口であることから、ソバの花も良いが、周辺に他の草花を咲かせても良いのではと、ヒマワリ他の作物を植えた。
ヒマワリ

ヒマワリ2

やはり収穫は実のあるものがよいとか黒大豆やトマト。
M夫妻が手入れをしてくださったようだ。
黒大豆

カボチャの他イチジクの樹も植えた。来年はイチジクも食べられるだろう。
カボチャ

イチジク
イチジクを選んだ理由は、会員には高齢者が多く、柿などでは実がなるまで居ないのではとの思いがある。TF
AD

八重山旅行

西日本では豪雨の6月末、すでに梅雨明けした沖縄まで、つくばフォレストクラブでは熱帯、亜熱帯の生物を見に行ってきました。
石垣空港を出るとムッとした南国特有の熱気が感じられ、当日は沖縄料理を楽しみ、翌日早朝の便で西表島行き。
レンターカーを借り西岸の浦内川の遊覧船乗り場へ。
川の両岸は一面マングローブ林(マングローブとはオヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギ等熱帯、亜熱帯地方の汽水域に繁茂する樹木の総称)。

遊覧船

河畔に繁るマングローブ
船が登れなくなる岩場で船を降り、約30分歩くとマリュドウの滝、さらに15分でカンピレーの滝。
マリュドウとは丸い滝つぼ、カンピレーとは神様がいらっしゃる処との意味だそうです。
マリュドウの滝

カンピレーの滝で
途中には夜咲く花サガリバナが川に落ち、流れついていました。
夜間に作サガリバナが川に落ち花筏となっている

この後日本一美しい浜と言われる舟浮のイダの浜で泳ぎ東岸へ。

由布島に渡る水牛車
由布島は島全体が植物園をなし、出入りは水牛が引く牛車に乗ります。
島に入る前に靴底を洗い、外部から異種の植物が入らないようにしています。


チョウチョウ園もありました。


仲間川を遡上すると、板根で有名な樹齢400年の巨大なサキシマスオウノキがあります。
熱帯、亜熱帯では根が浅く水平に広がる板状の根を持つ樹が多種あります。
サキシマスオウノキ
西表島から帰りには竹富島に寄り、島内を自転車で散策しました。
竹富島
石垣島では島内一の景勝地、川平湾に泊まり島内観光。
川平湾
水が静かで透明な川平(カビラ)湾。但し遊泳禁止、グラスボートで海底を楽しんでください。
野底岳
山頂部が岩山の野底岳
サキシマキノボリトカゲ
サキシマキノボリトカゲが蟻を食べていた。

尖閣諸島に一番近い石垣島には、大型巡視船を多数備えた石垣海上保安部の巡視船基地があり、緊張した空気がうかがえました。
尖閣専従の巡視船
その一隻「とかしき」です。後部が低いのはヘリコプター用の甲板です。

この後一行は宮古島を経て羽田へ。
なお行動中にはイダの浜で泳いだり、宮古島でシュノーケリングをやったり、年齢を感じさせない元気な人々ですが、写真の掲載は差し控えます。TF