2016-03-19 13:24:09

モンジャール・ミュニュレ

テーマ:シャンパーニュの食卓

先日、春の装い溢れるパレスホテルで、ブルゴーニュから、

「モンジャール・ミュニュレ」 の当主来日セミナーがありました。

このシンボルマーク、ワイン好きの方なら必ずご存じのはず(*^o^*)


私が生まれて初めて、ワインの生産者なるものを訪問し、

初めて「蔵の香り」とういものを知ったのは、

シャンパーニュではなく、この「モンジャール・ミュニュレ」でした。


なので、とてもとても思い入れが深いドメーヌ。

当主の方にお会いするのは今回が初めて・・


興味深いお話がたくさん・・・

グラン・クリュのブドウは除梗していないそうで、

他は茎のタンニンの状態を確認して、除梗するか、全房を使うか、

決めているのだそう。

発酵は自然酵母で、培養酵母を使用したらどんな年でも同じ味になっちゃう!

と、当然のようにおっしゃっていました。

とすると、もっと聞きたいことがあったのですが、

シャンパーニュならともかく、ワインだと恐縮してしまって・・

おとなしくしておりました(^^;


そして、感激の出来事。

ワインを飲み始めて数十年・・・

ソムリエ試験を受けてから15年・・・

「バラの花の香り」なんて、表現手段として言ってみたりしていたけれど、

実際は、そんな花の香り、しないよな・・・と、思っておりました。

(先生方、申し訳ない・・)。


なのに、このグラスを鼻にあてたとたんに、

あっ、バラの香りがする・・

長生きはするものです。

なんだか、すごく嬉しかったです。

(すみません、今頃・・)。

「グラン・エシェゾー2012」

今度ちゃんと飲んでみよう。

しばらく興味から遠ざかっていた赤ワインが急激に

近づいてきました。。


ポンポンヌ、モンジャール・ミュニュレも

オーダー制で販売しております。

皆様もいかがですか? (*^_^*)





いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-03-17 15:43:10

桜まみれのお料理教室

テーマ:シャンパーニュの食卓

先日のお料理クラブ

テーブルコーディネートというにはちょっと乱暴ですが(^^;

桜を愛でながらの食卓、

ナフキンは空の色をイメージして。

青空に淡い桃色は映えますね!


さて、今回は中華!

擦りごまで作るバンバンジー

    この春巻きは、白身魚をそのまま包むだけの簡単さ

    

このほかには菜の花とハマグリの炒飯、

バンバンジーの鶏を茹でた、茹で汁のザーサイとトマトのスープ

もあったのですが、写真がないです(><)

鶏の茹で汁は捨ててしまわいで、いろいろなお料理に使えます!


差し入れのシャンパーニュも含めて4本も、

飲みながら進める珍しい教室です(笑)


       桜を氷に浮かべて飾ったり、短い一生を、

       精一杯楽しんであげたいものです。

      


      次回は4月10日(日)

      ちょっとおもてなし風の洋食です。

      初めての皆様も、是非、いかがでしょう。

      お申込み

      m-champagne@fc4.so-net.ne.jp まで

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-02-20 15:25:36

チューリップのコーディネートで

テーマ:シャンパーニュの食卓

先日、バレンタイン当日のお料理クラブ、

テーブルはチューリップのイメージに。

テーブルをリボンがけするのは、とても楽しいプレゼンテーション。


「ヤリイカの具だくさんサラダ」

           「ジャガイモとアンチョビのオーブン焼き」
           

「チューリップのから揚げ」

手羽先と手羽元をチューリップ型に。

全員で作業しましたが、

結構力仕事だったので「大変」の声が飛び交い・・(笑)

ちょっとしたパーティー向きで、苦労のしがいありですね。

カリッとして、美味しいし食べやすい、何より、可愛らしい(*^_^*)

シャンパーニュはこちらの2種類を

「ヴァルニエ・ファニエール・ブリュット・ゼロ」

「ヴァルニエ・ファニエール・ブリュット」

同じ銘柄で加糖(ドザージュ)の量が異なる2種類です。

ちょっとシャンパーニュの勉強にもなりますね。


次回は3月6日(日)

簡単家庭中華

バンバンジーに春巻きに、炒飯です(^^)

是非、ご参加ください。

見ているだけで、大丈夫です!!

m-champagne@fc4.so-net.ne.jp

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

いいね!した人  |  リブログ(0)