2012-12-03 15:07:39

シャンパーニュへ ヴィルマール編

テーマ:シャンパーニュの食卓

ランス2日目の夜は地元の方で賑わうブラッセリー「ブーラン・グラン」へ

               リラックスして疲れを取らないと!
               シャンパーニュの食卓
まずは生牡蠣から~
シャンパーニュの食卓

そしてエスカルゴも、熱々!
シャンパーニュの食卓
美味しくつまみながら飲むのは、同然シャンパーニュ

ランスのお店ではNMのシャンパーニュのオンリストが多い気がします。

せっかくだからマグナムに 「シャルル・エイドシック・マグナム」 
シャンパーニュの食卓


ドヤ顔でポーズを決めてくれるギャルソン、

全員が撮影し終わるまで

じーーっとこのまま耐える(笑)
シャンパーニュの食卓
「ビルカール・サルモン・ロゼ」

一日飲み続けていたので、次はちょっと優しいロゼに
シャンパーニュの食卓


はい、だんだん疲れてるようですが・・・
シャンパーニュの食卓

楽しいお食事でした(*^_^*)

帰りはぶらぶら散歩がてらライトアップのランス大聖堂を見学。

白く浮かび上がってまた違った迫力が・・・

さてさて、一日も無事終了、明日の午前中は市内観光から。
         シャンパーニュの食卓


おはようございます!ランス3日目

まずは朝散歩、美味しいパン屋さんを教えていただきました。

ほんっとに美味しかった!お店の前には人がたくさん・・・

愛されてるんだな~と。
シャンパーニュの食卓


「Le Four a Bois」 

ランスを訪れたら是非(^^)
シャンパーニュの食卓
市内観光といえば、やっぱり大聖堂(^^;
シャンパーニュの食卓











         すぐ隣に観光局があって、地図やVISITの相談にも

         のってくれます。が・・・大変混んでおります(;;) 
         シャンパーニュの食卓
ランス大聖堂と言えばジャンヌ・ダルク、

毎回この銅像を見るたびになんだか頭が下がります。

シャンパーニュの食卓
ランスの微笑
修復も終わってさらなる輝き
シャンパーニュの食卓
正面にあるステンドグラスはちょっと別格、

絵には音痴の私でもすぐにシャガールだとわかります!
シャンパーニュの食卓

通常キリスト誕生などの絵柄が施される

ことの多いステンドグラスですが、

さすがにランス。

ワイン造りが描かれているものも。
シャンパーニュの食卓
さあ、出発です。

なんと、こんなに快適なサロンカーで
シャンパーニュの食卓

シャンパーニュ街道を巡ります。
シャンパーニュの食卓
あいにくのお天気ですが、それでも広がるブドウ畑を眺めていると

気持ちがあがってきますね(^^)
シャンパーニュの食卓

ヴェルズネイを遠くに眺めて・・・
シャンパーニュの食卓
もちろん収穫はとうに終わっていますが、今年は厳しい気候で

収量がとても少なかったそうです。ブドウの樹にも積み残しがたくさん・・・

これはピノ・ノワールのはずですが、熟しきらず、一部は腐っています。

こんなブドウがたくさん・・・。
シャンパーニュの食卓

                 同じ樹には全く熟していないグリーンの

                ピノ・ノワール、大変な年だったんだな・・。

                シャンパーニュの食卓


この日のVISITはリリーラ・モンターニュの「ヴィルマール」

可愛らしいメゾンです。この館はアルザス風にも見える?

シャンパーニュの食卓


シャンパーニュの食卓
     もともとはステンドグラス職人であった当主の

     お父様の作品が飾られていました。
    シャンパーニュの食卓
壁にヴィルマールのラインナップ
シャンパーニュの食卓


テイスティング場所もムードあり(笑)
シャンパーニュの食卓
プライベートストック・・ 羨ましい
シャンパーニュの食卓


作業直後で足元が危ない・・・ということで

中には入れなかったお部屋 

こじんまりとはしていますが、清潔で

管理が行き届いているのがわかります。
シャンパーニュの食卓


ヴィルマールと言えば「樽」

小樽、新樽、ヴィルマールにステンレスなし!

(但、ストック用にはステンレス使用)

この小樽には樹齢40~55年の果汁を入れています。

おもにヴィンテージシャンパーニュに使用するそうです。
シャンパーニュの食卓

               大樽も使用しています。

               アイテムごとに様々な樽を使い分けているんですね。

               この大樽には比較的若い樹齢(と言っても30年まで)

               の果汁を入れておもにNVに使用。。
               シャンパーニュの食卓

このように醸造は全て樽、瓶詰まで約10か月間樽のまま寝かせ、

7月に瓶詰を行います。瓶詰は通常2月頃とされるので、長い樽仕込みです。

ヴィルマールには澱引きのためのジロパレットもなく、すべて手作業で

行っていました。

 プレステージのクール・ド・キュヴェには新樽を使用していたのが

ちょっとした驚き!クール・ド・キュヴェは新樽の力に負けない強さがあって

いい影響しか受けないのだそうです。 

そういう考え方もあるのか~~やっぱりVISITは面白い (*^o^*)


シャンパーニュの食卓  

               最後に、当主ローラン氏と

               ステンドグラスの前で記念撮影(*^o^*)
               シャンパーニュの食卓

               ありがとうございました。

               ローラン氏は日本食が大好きで、シャンパーニュとの

               相性も最高と(^^)

               ヴィルマール・ロゼとお寿司を是非試して欲しいと、

               最後にロゼをプレゼントしてくださいました。

               でも詰めたばかりだから、半年寝かせてって(^^;


               さあ、これからアイ村へ移動です!


               

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>