結婚できないはずはない 京都の結婚相談所ブログ

京都の結婚相談所マリアージュ・コンソルジェ オフィスenのブログです。
「結婚したい」と思っているすべての人に、
日々、応援メッセージをお送りします。
結婚相談所での活動とは?も解かります。


テーマ:

当所の女性会員さんにおきましては、派遣社員の女性の

方もいらっしゃいます(‐^▽^‐)。

男性で派遣社員の方はいらっしゃいません。

不安定な雇用社会にあって正社員としてのお勤めが、ますます


難しくなって来ているのですよね。(´д`lll) 。

京都も地方の小都市でしかありません。

「なかなか良い仕事が見つからない~汗と、悩む未婚女性も多いように


感じます。


一般には短大や大学を卒業したあと、一度は正社員として職に就い

た方がなんらかの理由で退職をした後、

派遣社員の道を選ばれるのかも知れません。

それは20歳代後半~30歳ぐらいのときではなかったですか?

確かに正社員口が少ない状況だったと思うのですが、

「キャリアを目指しているわけでもないから、もう、正社員として


あくせく働くのは嫌だなぁかお

自分の時間をちゃんと確保できる勤め方をしたい。

そうそう、結婚もするつもりだし、仕事ばかりしていられない。

うん。周囲の友達もそんな感じだしね・べーっだ!・」

こんな感じで派遣社員になられたのだと想像します。

特に実家住まいの方は最低限、住むところと食べることについての

切羽詰った心配はありませんものね。

ええ。女性としては、今や”スタンダード”とも言える人生一場面

の選択肢なの
だと思いますよ。

ところが、事態は変わってきました。

100年に一度の大不況に見舞われた2009年。


派遣切りや契約期間の短縮、大手(またはブランド)企業も

派遣社員そのものを雇用しなくなってきたから大変です。


今までは、

「ええ、私は○○(有名な地元企業)で働いていますニコニコ


あ、派遣なんですが。

おかげさまで、毎年契約更新していただいて勤続4年目です」

などと余裕で話しておられた方々も、そうは行かなくなってしまいました。

お見合いの席で、


「派遣でお勤めなのですね。

心配じゃないですか?派遣切りとか得意げ。」

と、露骨に質問をされた女性会員さんもいらっしゃいます。

正直、私はギクリとしたのですが、当の彼女はどのように感じた

でしょう?

「ええ。だからこそ将来が心配なので結婚したいと思って、

こうしてあなたとお見合いしているんじゃないむかっ

派遣だということはプロフィールに書いてるし。

結婚を真剣に考える女性が、仕事をセーブした状態でいる

のは当たり前なんじゃないの?

あなたの質問の意味が解からないプンプン

と、彼女は心の中で呟いたでしょうか。

それとも、

専業主婦狙いだと思われているのかしら?(そうだけど)

派遣で不安定なので、結婚を焦っていると思われているのかしら?

だとしたら、なんとなく情けない気持ちにもなったりして・・(>_<)。」


上記の男性の質問は非常に矛盾したものだとは思いますが

(だって、派遣OLさんだと解かってお見合いの申し込みをして

きたのですから)、

心の内側でそんなことを考えている男性もいるということです。

「ちょっと疲れたので、仕事(正社員)を辞めようと思っています」

「派遣も良いところがないから、しばらく花嫁修業します」

「婚活に力を注ぎたいから、思い切って会社は辞めます」

こういう女性たちが増えて来ている現状にあって、

”婚活一本にすべてを掛けていいの?”と、お尋ねしたくもなる

私です。


矛盾してますよね~。

「仕事バリバリで生活力がある女性は男性に求めるモノも多くて、

なかなかお相手が見つからない」
とも言われていますもんね。

間逆のことを言ってます。

あ、これだ。

女性たち、


仕事はバリバリやって、生活力もバッチリつけてくださいドンッ

選ぶ男性は、

私より年収が低くてもOK。社会的地位が低くてもOK。

一緒にいて私が私らしくいられる相手。

家族という共同体を、同じ目線で築いていける人」

こう考えてくださいな(^-^)/



ああ、こんな声が聞こえてきました耳


「私はね。そういうお相手では無理パンチ!

あのね。結婚したら家庭に入って、子供のために

手作りのお菓子を焼いたり、夫のために工夫した料理を

食べさせてあげたいのよ。


子供が学校から帰ったとき、”お帰りっドキドキ”って出迎えたいの。

夫が疲れて帰ってきたとき、家中ピカピカの状態で、


私も余裕の笑みで疲れを癒してあげたいのキスマーク

っていうか、私の母も専業主婦だったし、それが子供心に

とっても幸せだったわ。

だめよ、だめよ。結婚してからも私が働くなんて。

”妻には専業主婦になってもらいたい”っていう男性、

経済力¥がある男性を探すわ。


そのための婚活よ。

そのために”仕事好きじゃない女(=家庭的)”演出をしているのよ。

派遣、家事手伝い、このスタンスでいるのには意味があるのよメラメラ

・・・生き方いろいろ。婚活スタンスいろいろ、というわけですf^_^;。



結婚相談所 京都 マリアージュ・コンソルジェ オフィスen


「結婚できない」はずがないっ!!




にほんブログ村 恋愛ブログ パートナー探し(ノンアダルト)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ





PR
いいね!した人

[PR]気になるキーワード