「銀の葉」

 このブログは、ぼくが今日見上げていた空や出会った風景や愛しいもの達をめぐる写真&ブルース・ダイヤリーズです。タイトルの「銀の葉」は、一枚の写真のことを表すとともに、ぼくの好きな植物である銀葉系のエアープランツからネーミングしました。Masami Ishikawa


テーマ:
 甲斐バンドBEATNIK TOUR08-09の大宮ソニックシティ公演に引き続き、昨夜10月25日、有楽町にある東京国際フォーラムにおけるライヴを体験した。

 今回は、Soul Brotherのgunjeyとぼくの実の兄と3人で行った。3人とも筋金入り!?の甲斐バンドフリークだ。なんとか3兄弟じゃないけど、そんな感じ。


red wine


 ライヴ前、3人で軽く呑む。これからはじまるコンサートと、これまで、そしてこれから先のぼくらの未来に乾杯!


東京国際フォーラム1


 身体も心もホットになって、いざ会場へ。

 あの独特なコンサート前の会場のざわめきがぼくは好きだ。
 それは、バンドによっても微妙に違ってくる。匂いというかね。


東京国際フォーラム2


 ツアー初日の大宮の荒削りな演奏は洗練され、鋼のようなビートに貫かれたステージ。甲斐よしひろのヴォーカルも強くしなやかで、最後まで緊張感の糸が切れることがなかった。
 大宮とほぼ同じ構成のステージだったが、アルバム「誘惑」に入っている「シネマクラブ」をやったのがとてもうれしかった。ぼくがこの曲をライヴで聴くのは初めてだったし。
 アルバムで使われていたSEも効果的に使われていて、アレンジもオリジナルに忠実に演奏される曲がほとんどだ。
 gunjeyは、甲斐バンドのプロフェッショナルさに感嘆しこれからの自分を鼓舞し、兄は自分の生きて来た時の流れと、バンドの変わらない音楽に感慨深いものがあったようだ。そして、何があっても転がり続けていくという意志を感じたと言っていたな。ぼくも全く同感だね。

 それぞれにそれぞれのストーリーがある。ぼくたちの人生に深く関わっている音楽。ロックンロールってそういう音楽なんだ。
 明日からまた、新しい毎日が始まる。そうさ、ひたむきにやっていきたいね。


東京国際フォーラム3


THANKS. KAI BAND






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

omiya

10月4日(土)、大宮ソニックシティに十代の頃から好きな甲斐バンドのライヴ"Beatnik Tour 2008-2009"に行って来た。
なんとぼくにとっては、22年ぶりの彼らのライヴ。1986年の武道館における解散ライヴ”"PARTY"以来である。

しかも、ツアー初日だ。胸が高鳴る。
土曜日の午後、大宮駅西口のデッキでは、路上ギグをしているバンドの連中がいる。そして、なんとその横の植え込みの花に蝶が乱舞しているではないか! 
久々の甲斐バンドのライヴには、うってつけのシチュエーションだ。アルバム”誘惑”を彷彿とさせるバタフライ。。かつて、死んでいったもの、いつか、死にゆくものたちの生気を吸って、妖しくも儚く羽ばたいている。ぼくは、しばし呆然と見とれていたんだ。

蝶


ホール前にて

ライヴは、、予定調和のものではなかった。やはり生き物である。オープニングナンバーは、今までにない曲「胸いっぱいの愛」だったし、初日の勢いのある荒削りな演奏は、初期の甲斐バンドを彷彿とさせたし、好ましかった。が、途中、モニターの不調のせいなのか、甲斐よしひろは明らかに苛立ち、それを隠そうともせずに、マイクスタンドを何度も叩き付けるように放り投げた。

ぼくは2004年に亡くなられた甲斐バンドのギタリスト大森氏や、大切な人々を思い出し、一瞬センチメンタルな気分に陥ったが、それだけではない。腰まで泥に浸かったとしても、今を生きるんだという明確なメッセージをこの夜の甲斐バンドのステージから受け取ったのである。

♪生きることをすばらしいと思いたい おまえと生きたい ひとりぼっちはいやだ♪
(甲斐バンド/破れたハートを売り物に)

ラストナンバーの「100万ドルナイト」の甲斐のシャウトとミラーボールの光は、荘厳なほどに美しかった。ぼくは、この夜のことは決して忘れないだろう。


ソニックシティホール




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。