レッツ!!ビバの道

陰の氣を操る古式マスターヨーガと、陽の氣を操る武当派太極内丹法の修行をしています。


テーマ:
世間では「八方美人」を嫌いますよね。
しかし周りの状況をみて「こうした方がよさそうだ」と先をよんでいくのは「先見の明」に通じます。
周りから見ると、それを出来る人が「ウマイこと渡っていく」のが腹が立つから、八方美人と皮肉るんですね。それを自分にはできないからです。

「善悪」でいうと善でも悪でもないんですが、ほとんどの人が八方美人を「悪いことだ」とする概念を持っています。
相手を貶したり騙したりする行為が含まれるのが論外なんであって、色んな面を持っていると言う意味では八方美人は悪ではありません。

人間はどちらか一方の性格しか持っていない場合、その一面しか知らないから偏った見方しかできませんよね。
だから両極を知ろうとするのですが、行をすることで、そこからさらに色んな面を増やしていき、時と場合によって色んな性格を出したり引いたりする事ができるようになります。
そしてその性格を自ら操ってはいても、その感情に操られることはありません。

四角形が八角形、十六角形と、角をどんどん増やしていくと角がなくなり「円」になります。
ふつうは、「我をなくす」ことを目標にして我を削って丸くしようとしますが、削ってなくすことは難しいです。
行においては、逆に性格を足していくことで角をなくし、丸くなっていきます。

たくさんの性格をもつことで、「世間には色んな人がいるんだなぁ」と知り、客観的に見ることができるようになり隣人愛へ繋がります。

最近の記事には、例えば「善を何割、悪を何割」入れるかを自分で分かっていて制御しています。
なぜかと言うと、例えば道路では、周りの交通状況をみて、アクセルを踏むかブレーキをかけるかを制御しながら流れに乗ることと同じです。それが出来ずにいると、ただの暴走車になるだけです。

最近の記事を読んでムカついた人もいるでしょうね。おそらくその人は図星なんでしょう。
「人としてまっとうなこと」を言われてるようなもんですから、人によるとは思いますが、素直に受け取れないのは傲慢さの現れであり、逆ギレしちゃうんでしょうね。
「善しか見ていない偏った人間」は、「二面性」があり、善から転じて攻撃してくると言うふうにすり替えたいんでしょうね。
「攻撃」と思うのは図星を隠す気持ちであり、すり替えることで正当化して自分を守ろうとします。

何度も言うようですが、どんな面でも出したり引っこめたりして制御するってだけの話です。「二面性」だけを見ているから表面的にしか捉えられなくなっちゃうんですよね。

性格を足すというのは誰かのコピーではなく自分で試行錯誤を重ねて見つけるもので、師匠が全てを教えてくれるわけではありません。
昔の職人が、弟子に対してアレコレ教えるのではなく、ヒントを見て自分で探して身に付けるのと同じことです。

行により身につけた沢山の性格によって、善であろうが悪であろうが「多面性」を制御し「飄々として世の中を生きていく」ことができるようになりますよ。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

み~さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。