皆川ギター工房のブログ

東京都足立区北綾瀬にてアコースティックギターの修理(リペア)とメンテナンスを中心に営業中です。
ギターに関することなら何でもご相談ください。

$皆川ギター工房のブログ

皆川ギター工房は国内のお客様向けで、アコースティックギターの修理(リペア)を中心業務としております。
ギターの修理などのご希望の方は電話、FAX、メールにてご連絡ください。
フレット交換、ネック折れなら、エレキの方もご利用下さい。


テーマ:

こんにちは。

 

12月になってしまいました。

お盆を過ぎると、あっという間に年が終わっていきます。

 

毎年いろんな意味でギリギリですが、こちらに越して来たのもずいぶん前の年末で、今年もこうして年末を向かえられて幸せでございます。

 

今年も関わって頂いた皆様に感謝です。

 

 

そういう事で、今回は定番のフレット交換(リフレット)をざっと紹介させていただきます。

 

 

 

Gibson J-200 ですが、これのフレットを交換していきます。

ナイスギターです。

 

特にエレキに多いのですが、何かにつけオリジナルのパーツかどうか気にする人がいますが、弾くギターなら弾きやすくしてよい音で弾き倒しましょう!

古いまんまのギターなら文句は言わずにいましょう!

 

 

フレットがぺっタンコです。

何度もすり合わしてあるので、これ以上は無理ですね。

 

 

フレットは、暖めながら抜いていきます。

暖めないと抜く時に指板が割れます。

 

指板を調整してから、新しいフレットを打ちます。

オールドギターの場合、指板は調整せずに交換する事もあります。

ネックの状態が良く、落ち着いている場合や、良い指板の雰囲気のままフレットだけ交換したい場合等。

特にメイプル指板のギター等は、そのままと言う事が多いです。

 

 

このギターのブレイシングです。

まだまだ、いろいろと考えていた時代なのですね。

 

 

 

フレットのエッジを切り落として、この後整えます。

 

 

 

フレットのエッジを整えたら、すりあわせをします。

 

 

 

フレットを交換したら、基本的には、ナットも作り直します。

 

 

 

ナットが出来て、サドルの調整が出来たら、出来上がりです。

 

 

 

この間色々細かい事もありますが、ざっと流れはこの様な感じです。

 

 

 

オールドギター(ビンテージ)にはみなさん拘りが多いと思いますが、過去のお客様でもユニークな方も何人かいらっしゃいまたがその話は、こちらにいらして機会がありましたらその際に。

 

 

また、今月も読んで頂いてありがとうございました。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「フレット」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。