皆川ギター工房のブログ

東京都足立区北綾瀬にてアコースティックギターの修理(リペア)とメンテナンスを中心に営業中です。
ギターに関することなら何でもご相談ください。

$皆川ギター工房のブログ

皆川ギター工房は国内のお客様向けで、アコースティックギターの修理(リペア)を中心業務としております。
ギターの修理などのご希望の方は電話、FAX、メールにてご連絡ください。
フレット交換、ネック折れなら、エレキの方もご利用下さい。


テーマ:

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

年明け最初の更新は、古い国産ギターの「ThreeS W-1000 」と言うギターです。

 

 

こちらのギターは、色々と修理させていただきましたが、ここではネックにスポットを当てます。

 

ネック角度が狂っているのですが、ネックがサウンドホールに割れて食い込んでいるので、ここを戻して角度が十分ならばネックは抜かなくて良いです。

 

 

 

 

別角度から。

 

 

 

長い間、弦を張りっぱなしにしていますと、少ーしづつボディが歪んでネックの角度が狂ってしまいますが、これは特にこの部分だけに力が掛かり続けたのでしょうね。

 

 

Gibson でも Martin でも同じような事があります。

この様に割れてなく、見た目は全く問題無さそうに見えても酷くネック角度が狂っているものもあります。

症状の出方は、まちまちです。

 

 

 

 

 

 

戻しました。

割れ部分を接着して、補強を入れて、力木のはがれ、ネックブロックのはがれも直して、強度は十分です。

 

 

 

 

食い込んだ部分を戻した時点で、角度は十分問題ないので、ネックは抜かずリフレットして完了です。

 

 

 

 

 

 

この ThreeS W-1000 と言うのはジャパン ビンテージ界では、だいぶ珍しいモデルらしいです。

 

古い国産ギター、ヤマハにしても何にしても結構良いものがあります。

 

ジャパンビンテージ。

ちょっと、おもしろそうですね!

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ボディ割れ」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。