どうも!

 

 

梅雨はどこにいったのって思ってたら毎年恒例の通り雨によくうたれてるTAKAですw(・З・)

 

 

 

 

さてさて今回のテーマは、

「ピックアップセレクターをいじってみよう」です。

 

 

 

 

エレキギターの話になりますが、ピックアップのセレクターをいじってみた事はありますか?

 

 

 

 

基本3段階、ストラトは5段階あるものもあり、どこを使って弾けば良いか悩んでいるかたも少なくなくないと思います。。。

 

 

 

何が違うかというと、音がかなり変わってきます。

 

 

 

 

簡単に分けるとネック側がフロントと呼ばれ、柔らかい太い音が特徴で、ブリッジ側はリアと呼ばれはっきりとした固い音が特徴です。

 

 

 

 

 

一般的にリフやバッキングはリア、ソロはフロントと分けられていますが、本当は正解はありません。

 

 

 

 

ここで重要になるのが、どこのピックアップを使うかで同じフレーズでも音色がかなり変わってくるので自分が表現したいかによって変えてみたり、コピーした曲の音色がフレーズは合っていても何か違うのはピックアップをどこで弾いているかも試してみるとより理想の音像に近づくようになります。

 

 

 

 

また、リアだと弾きづらくてフロントだと弾き易いなど、フレーズによって弾き易さも出てくるようになります。

 

 

 

実際のレッスンの際には、曲にはよりますが基本センターピックアップをオススメしています。

 

 

 

 

中間のピックアップは使う人が実は少ないのですが、

センターで弾く事でもう少し固い音色にしたい場合はリアにもできるし、逆も出来ます。

 

 

 

弾く表現に合わせて音色コントロールをエフェクターだけじゃなくピックアップにめをやってみてはいかがでしょうか?

 

TAKA


世田谷区三軒茶屋
Miyakoda guitar school

只今キャンペーン開催中!!
詳しくはコチラ

                      ↓↓↓↓↓

                 世田谷区三軒茶屋ギター教室

AD