東京 埼玉 プロ家庭教師の学習支援と臨床心理士のカウンセリング「家庭教師カウンセラー」の、えむ心理研究室です。

ご覧いただきありがとうございます。

今日は、夏休みに集中して勉強するための方法です。

熱中症対策も含んでいます。

受験生さんや夏休みの勉強をがんばりたい方だけでなく、猛暑をバテずに乗り切りたい方もどうぞご覧ください。


<目次>
夏休みの勉強方法
受験生と熱中症
暑い夏に集中して勉強する方法(身体編)
  その1「身体に水分を摂り入れよう」
  その2「頭寒足熱」
  その3「外に出るときのおまじない」
暑い夏に集中して勉強する方法(メンタル編)
  その1「目標意識の高い人は無理せず具体的な行動を!」
  その2「のんびり屋さんは勉強時間を決めて、守ることから!」
  その3「友だちと一緒に塾に通っている人は、後悔しないように!」

 

 

 

暑い夏! 気持ちもアツく! 勉強がんばろう!



夏休みの勉強方法

夏休みはライバルと差をつけるには最適!

長期休みに、集中して勉強して成績を飛躍的に伸ばすことも可能です。

夏休みに集中して勉強する方法について、いっしょに考えていきましょう!





受験生と熱中症

夏休みに入り、勉強にがんばろうとしているときに気をつけたいのが熱中症です。


特に受験生の方は、
受験に対するプレッシャーによるストレスや
毎日の勉強から来る疲労で
熱中症になりやすくなっています。


ストレスや疲労は
身体の免疫力や抵抗力を落としますから
熱中症になりやすいのです。


熱中症になると数日体調が戻らないこともありますから
体調管理に気をつけて、
集中して勉強できるようにしていきましょう。


熱中症を予防して、集中して勉強するためには、
「疲れたなぁ」と思ったら根をつめずに休むこと。
また、
あまり気を張らずに適度な緊張感の中で勉強に取り組むこと。
この2点を心がけてください。





暑い夏に集中して勉強する方法(身体編)

暑い夏に集中して勉強する方法・・・
それは、「体調を整えリラックスすること」に尽きます。

ここ数年、
夏は本当に暑く、過ごしづらい季節になりましたよね。

エアコンをつけていれば快適・ラクチンですが、
室内と屋外の温度差は意外と身体に負担がかかります。
また、
エアコンを効かせると空気が乾燥するので
ドライアイや風邪などの疾患になりやすくなります。


本来でしたら、
空気の乾燥による風邪の予防や身体の負担軽減のために
エアコンは避けたほうが良いのですが
今はエアコンつけずに部屋にこもっていたら命にかかわりますからね(汗

上手にエアコンと付き合うことも集中して勉強する方法のひとつです。



暑い夏に集中して勉強する方法 身体編その1
「身体に水分を摂り入れよう」


夏に勉強するときは、水分を摂ることを意識してください。

涼しい部屋にいると水分を摂るのを忘れがちですが、
勉強で疲れて部屋から出たとたんに
水分不足で一気に熱中症を呼び寄せてしまうこともあります。

また、
エアコンの効いた室内では
目も乾きやすいです。

目の疲れは頭痛や肩コリに直結します。
目の疲れは受験生の大敵です。

自分に合った目薬を用意して目の水分補給も考慮しましょう。



暑い夏に集中して勉強する方法 身体編その2
「頭寒足熱」


「頭寒足熱」という言葉を聴いたことがありますか。

頭を冷やし足を暖めることは、
古来から「健康に良い」とされています。

また、
頭寒足熱状態ですと頭がスッキリして身体の巡りがよくなるので、
勉強もはかどります。

バランスの良い「頭寒足熱」をキープすれば、
暑い夏でも効率の良い勉強時間を過ごすことができるでしょう。


勉強していると、
どうしても頭に血がのぼりがちです。

冷たい空気は下へ向かいますから、
足は冷えがちです。

・・・涼しい部屋で勉強しているときは、「頭寒足熱」とは逆の状態になっていますね。


えむ心理研究室の家庭教師&カウンセラーも、
夏場の「頭寒足熱」をキープするための方策をいろいろ考えました。


そこで、編み出した(?)のが
「レッグウォーマー」
です。
 

(シータ) si-taカラー春夏用レッグウォーマー リブ柄 Freeサイズ X04オレンジ
Amazon.co.jp

 


勉強するときは、↑こんな感じの薄手のレッグウォーマーを
足首あたりに着けてみてください。

着けるのと着けないのとでは、
下半身の冷え方が違うとわかってもらえると思います。

暑すぎず冷えすぎず、
ちょうどよい「頭寒足熱」を実現できます。

冷え性の人は、厚手のふわふわ靴下などを利用するのも良いと思います。

 

 

最近は夏場の冷え性対策グッズも充実してきています。

内側がシルクのレッグウォーマー(蒸れずに肌触りが良い)や、

腕と足兼用のレッグ&アームウォーマーもあります。

 

冷え対策グッズを探すのもなんだか楽しみになってきますね。

 

 

★自分に合う「グッズ探し」が「やる気アップ」につながる!

 

自分に合う夏場の冷え対策グッズを探す行動そのものが、無意識に「自分自身を大事にしている」という感覚を目覚めさせてくれます。

 

すると、適度な自尊心や自己肯定感が育ち、やる気アップへとつながります。

 

冷房による体調不良を防ぎ、なおかつやる気も出る!・・・一石二鳥ですね☆

 

 

ただし!

勉強から逃避したい気持ちがあると、「勉強に必要なことだから」と自分に言い訳して別の行動に走りがちです。

グッズ探しに夢中になり勉強時間が減ってしまった・・・なんてことにならないように気を付けてください。




暑い夏に集中して勉強する方法 身体編その3
「外に出るときのおまじない」


冷房でキンキンに冷やした部屋で勉強して、
急に室外に出たりすると
身体に負担がかかってしまいます。

そんなときは、
心臓などの臓器への負担を減らすことができるすごい「おまじない」があります。


涼しい室内から暑い外へ出るときは、
暑い場所へ出る瞬間に
「暑くなるよ」
と、自分に言い聞かせてください。

「自分に」というよりは「脳と身体に」言い聞かせるようなイメージが良いと思います。

それだけで、
脳は血管の収縮などに働きかけて、
温度差によるからだの負担を減らすことができます。


人間の脳というのはすごい部位で、
脳が「あ、これから暑くなるんだ」と認識するだけで
神経系が働いて、身体を暑さから守るための対応をしてくれるのです。

 

 

意識することが大事。
なんだか勉強と似ていますね。

 

 

★意識して、自分で自分に話しかけると成績も上がる!

 

また、「自分で自分に話しかける」という行動は客観視するチカラを育てます。

客観性は、成績を上げるためにとても大事な能力です。

 

客観性があればサボることが少なくなります。

「今サボったらどうなるか」ということが推測可能になるからです。

 

さらに、客観性が高くなると成績に対して敏感になり勉強への取り組み方が変わります。

成績的な自分の「位置」(偏差値的な意味でも社会的な意味でも)を認識しやすくなるからです。

 

目標設定やスケジューリングもより適切でモチベーションを上げるものが作れるでしょう。

 

ぜひ、自分の状況と周囲の環境を意識して、客観視するチカラを鍛えていきましょう。

 


暑さ対策も勉強も、
意識改革で乗り切りましょう!





暑い夏に集中して勉強する方法(メンタル編)

暑い季節に集中して勉強するには、
メンタルもかなり大切ですね。

「みんなと一緒に遊びたいなぁ」
「もっと自由な時間を作りたいなぁ」
「勉強する気が起きないなぁ」

・・・そんなサボリ癖ややる気のなさが出てきてしまうこともあるでしょう。


夏に集中して勉強するために、
性格別の、「メンタル面から見た効果的な勉強方法」を考えてみました。

参考にしていただけたらうれしいです!



性格別! 暑い夏に集中して勉強する方法 メンタル編その1
「目標意識の高い人は無理せず具体的な行動を!」


「すでに志望校が決まっている」
「受験は通過点。入学後にやりたいことが決まっている」
「第3志望まではっきり決定している」

・・・そんな方にオススメの勉強方法は、
「無理をしない」
「具体的な行動をしていく」
この2点です。

すでに具体的な目標がある人は、
行動も具体的なものにしていくことでバランスが取れます。

目標ばかり具体化していて行動がともなわないと、
「目標の理想化」が進んで、現実味を持たなくなる可能性があります。

夏休みのうちに、早くに具体的な行動に移るようにしましょう。

例えば、
「志望校の過去問を解く」とか
「模試を多めに受ける」とか
結果が数字として出る行動をするのがオススメです。


一方で、目標が決まっていて責任感も使命感も強い人というのは
無理をしがちです。

適度に生き抜きをしてください。
そうでないと受験前に燃え尽きてしまうこともまれにあります。

週に1日くらいは勉強のことを忘れて自分の好きなことをするのがオススメです。



性格別! 暑い夏に集中して勉強する方法 メンタル編その2
「のんびり屋さんは勉強時間を決めて、守ることから!」


のんびりしていて、周りから「やる気あるの?」と言われる方々は、
夏休みは「勉強時間を決める」ことから始めましょう。

勉強時間は、短くてもいいんです。
最初は15分くらいにしておくのが無難でしょう。

そのかわり、決めた時間は必ず机に向かい、
時間に見合った問題数を解いてください。

15分が出来るようになったら、次の週は30分に延ばし、
その次の週は1時間・・・と倍にしていってみましょう。

そうすることで、
「あら!がんばるようになったのね」と周りからの見る目も変わり、
周りからの見る目が変わることであなたの中の意識も変わります。

もちろん、自分で設定した勉強時間を守ることで
あなたの中の「自己意識」もどんどん良い方向へ変化するでしょう。
自信がつき、「もっと勉強してみようかな」と思うようになるでしょう。

「ほんとに~?」と疑念が浮かんだ方は、
まずは試してみてください。

何かひとつだけでも行動に移すことで、
相当気持ちに良い変化が生まれるはずですよ!



性格別! 暑い夏に集中して勉強する方法 メンタル編その3
「友だちと一緒に塾に通っている人は、後悔しないように!」


夏休みは、
塾の夏期講習に通っている人も多いことと思います。

塾に友だちと通っている人は、気をつけてください。

言っては悪いですが、
その友だちはあなたに良い影響を与える人ですか?

もし、その友だちが
あなたが塾でひとりで真剣に勉強したいのにおしゃべりをしてきて止めなかったり、
あなたが真っ直ぐ家に帰って復習したいのに「ねぇマック寄ってこうよ~」とダベりに誘ったりする人だったら・・・
どうするのが良いと思いますか?

正解はありません。
適度な息抜きは必要ですし、
友だちもとても大切です。

でも、
もし、友だち付き合いのために
自分の勉強時間を削っているとしたら・・・

友だちも大切ですが、
友だちと過ごしたために貴重な夏休みをムダにしてしまった・・・
なんて後悔することがないようにしてください。
そうしたら、その友だちにも失礼ですよね。
人のせいにしてはいけません。

自分のためにも、友だちのためにも、
「今日は、家で復習したいんだ」
「ごめん、ちょっと今日はがんばってもいいかな」
と、言える勇気を持ってください。

その勇気は、
勉強時間よりも大切な経験をあなたに与えてくれるかもしれません。

夏休みに、ひとまわり成長しちゃいましょう!


*****


お読みいただきありがとうございます。
「勉強方法」「夏休み中の勉強」「塾での勉強」「友だち関係」等について
学習支援や心理相談を検討中の方は

えむ心理研究室 メールフォーム よりお申込みください。
 

 

 

 

……………………………………………………………*☆*……
えむ心理研究室 臨床心理士×プロ家庭教師

HP:http://ameblo.jp/m-freeproject
メール:gt37fsi★yahoo.co.jp(★→@)
お申込・お問合せ:えむ心理研究室 メールフォーム

相談方法:ご自宅訪問 カフェ スカイプ メール
出張地域:東京 埼玉 練馬 板橋 池袋 新宿 三鷹etc.
……………………………………………………………*☆*……
2017/7/14 更新

 

 

AD