えむ心理研究室 プロ家庭教師の学習支援と臨床心理士のカウンセリング えむ心理研究室です。


記事を読んでくださって、ありがとうございます。
いま、不登校で悩んでいるのですね。
そして、不登校のきっかけが家庭問題にあるのではないかと感じているのですね。

いま、
お父さんやお母さんに対して、
どんなことを思っていますか。

その思っていることを、
お父さんお母さんに、伝えることができそうなら、
ぜひ、勇気を出して伝えてみてください。

期待するような答えは返ってこない可能性もあるけれど、
勇気を出して伝えたことはあなたの大きな糧になります。

もし、伝えることが出来なさそうなら、
信頼のおける人に話してみましょう。

おすすめなのは、学校にいる大人に話すことです。
担任の先生や部活の先生、保健室の先生で
「この人なら話しても大丈夫そう」という人に話してみてください。
また、スクールカウンセラーさんなら専門的な知識と経験がありますから
もしまだスクールカウンセラーさんに会ったことがないとしても
安心して話せると思います。

不登校から一歩踏み出すことは必要になってきますが、
あなたはすでに「今の状態を打破しよう!」と思って
ネットで検索してこの記事に辿り着いてくれたのでしょう。

その行動力があれば、
きっと「誰かに悩みを伝える」という行動も取れるはずです。


少しきついことを言いますが、
不登校のきっかけが家庭問題だとしても
「自分がこんなに苦しんでいるのは家族のせいだ」
責任を転嫁しきってはいけません。

家庭問題は不登校の「きっかけ」にすぎません。
今の状況を、行動によって変えていくのは
あなた自身です。

不登校で悩んでいるときに
家族が気づいてくれず、協力もしてくれなかった場合でも
しっかり自分の道を歩んでいる人がたくさんいます。


まずは、自分が変わろうとしてみてください。
変わり方がわからない場合は
信頼できる大人を頼ってください。


必ず、今の状態を改善するための道を見出していけます。
絶対に、道を見出す方法はあります。

今、その道を思いつかなくても、決してあきらめないで!
自分だけでは思いつかなくても決してあきらめないで!
ひとりふたりに相談してダメでも、決してあきらめないで!

絶望するには早すぎます。


読んでくれてありがとうございます。
応援しています!



……………………………………………………………*☆*……
えむ心理研究室 臨床心理士×プロ家庭教師

HP:http://ameblo.jp/m-freeproject
メール:gt37fsi★yahoo.co.jp(★→@)
お申込・お問合せ:えむ心理研究室 メールフォーム

相談方法:ご自宅訪問 カフェ 電話 スカイプ メール
出張地域:東京 埼玉 練馬 板橋 池袋 新宿 三鷹etc.
……………………………………………………………*☆*……

AD