東京 埼玉 プロ家庭教師の学習支援と臨床心理士のカウンセリング
えむ心理研究室です。

ご覧いただきありがとうございます。



不登校で学校に行っていない人や、
不登校のお子さんをもつ親御さんは、
次のようなことばに悩まされたことはないでしょうか?

「不登校なんて、甘えてるだけだよ」

このことばを聞いて、
不登校のお子さんはどう思ったでしょうか。
自分は、心が弱い人間なのではないか、
でも学校に行こうとがんばっているのに・・・
甘えてるなんて思われたくない・・・

お父さんお母さんはどう思いましたか。
甘えの強い子に育ってしまったのは自分たちのせいかもしれない、
どうしたらいいんだろう・・・


不登校は、「甘え」なのでしょうか。


こたえは、ひとつではありません。、
不登校でも、甘えてなどいない子もいますし、
「甘え」だといえる不登校もあります。


「不登校と甘え」について、
詳しくはこちらの記事に書きましたのでよろしければご覧ください。
→ 不登校は「甘え 」?


ひとつ追記しておきたいことがあります。

「甘えてる」ということばに敏感に反応して傷ついてしまったのだとすれば、
心のどこかに「自分は甘えているのかもしれない」という気持ちがあるのではないでしょうか。


もし、「甘え心」が強いせいで学校に行っていないとしたら、
明日からどのように進んでいったら良いと思いますか。

もし、学校に行かないことを、
自分や親は「甘えているのではない」と信じられているとしても
周りからは「甘え」と思われてしまうのだとしたら。


学校に行かない道を選んでも、
「ずっと甘えっぱなしにはならない」生き方はできるはずです。
自分に自信が持てる生き方ができるはずです。


毎日、漠然と学校へ通っているよりも、
真剣に人生と向き合って今後の生き方を考える不登校のお子さんは
それだけで毎日心が鍛えられています。


でも、ひとりで(あるいは家族だけで)考えていると、
ときに突破口が見えなくなることもあるでしょう。

そんなとき、もし良ければいっしょに「学校に行かない生き方」を考えてみませんか。
プロ家庭教師と臨床心理士がお手伝いします。




お読みいただきありがとうございます。
「不登校」「甘え」「不登校からの進学・進路」等について、
ご質問やもっと詳しく知りたいことなどがありましたら
お気軽にえむ心理研究室 メールフォーム よりお寄せください。
無料で簡単なアドバイスをいたします。

……………………………………………………………*☆*……
えむ心理研究室 臨床心理士×プロ家庭教師

HP:http://ameblo.jp/m-freeproject
メール:gt37fsi★yahoo.co.jp (★→@)
お申込・お問合せ:えむ心理研究室 メールフォーム

相談方法:ご自宅訪問 カフェ 電話 スカイプ メール
出張地域:東京 埼玉 練馬 板橋 池袋 新宿 三鷹etc.
……………………………………………………………*☆*……

AD