1 | 2 次ページ >> ▼ /
2008-12-30 06:47:38

WBCが選んだ2008年最高は

テーマ:ブログ

林壮一の『マイノリティーの拳』レポート
 WBCが選んだ今年のBOXER OF THE YEARは、Manny Pacquiaoでした。08年に3試合やって、そのうち2回がWBCタイトル戦、加えて、DeLaに引導を渡したのですから当然ですね。3試合、全て違う階級でファイトして全勝ってのも惚れ惚れしますね~クラッカー

 

 KNOCKOUT OF THE YEARは、Vic DarchinyanがCristian Mijaresを下した一戦に、FIGHT OF THE YEARには、Israel Vazquez vs. Rafael Marquezが選ばれました。

 あくまで、WBCの判断ですので、マルガリートvs.コトなんかは入っていませんが、来年、大きな舞台が用意されるのは↑に名が挙がった選手たちであることは間違いありません。低迷するボクシング界を何とかしてほしいなーーっ。


 今年、このBlogに付き合って下さった皆さん、どうぞ良いお年をお迎えください。『マイノリティーの拳』(新潮社)をまだ、読んでいらっしゃらない方は、是非共、このお休み中に読んでやって下さい。読んで損はしないボクシングノンフィクションだと自負しております。来年も、どうか宜しくお願い致しますパンチ!



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008-12-28 07:15:40

Mosley出廷

テーマ:ブログ

林壮一の『マイノリティーの拳』レポート
 1月24日にマルガリート戦を控えるシェーン・モズリーですが、デラホーヤとの第2戦(2003年9月)の折にステロイドを使用していたことが明らかになりました。


 本人は「禁止薬物とは知らずに利用した」と語っていますが、来年1月15日にNYの裁判所に出廷を命じられております。試合直前だというのに・・・。もうこれで、かなり精神的プレッシャーを受けるでしょうから、ベスト・コンディションでマルガリート戦のリングに上がるのは無理じゃないかな。


 哀しいニュースですが、「これを飲めば実力以上のモノが手に入る」って囁かれ、目の前に<魔法のクスリ>を置かれたら、手にとってしまうのが人間かもしれませんな爆弾

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-12-26 06:15:00

ライバル雑誌にて

テーマ:ブログ

林壮一の『マイノリティーの拳』レポート
林壮一の『マイノリティーの拳』レポート
林壮一の『マイノリティーの拳』レポート
林壮一の『マイノリティーの拳』レポート

 えー、日本時間の昨日(25日)、スポーツ総合誌の『Sportiva』2月号(集英社)と『Number』#719(文藝春秋)が発売になったと思います。


 今回私は、両方でDe La Hoya vs. Pacquiaoについての記事を書かせて頂きましたので、ご覧頂ければ幸いです。


 試合後、も~の~凄~~~く忙しかったので、結構昔の事のように感じますね。


 読み比べてみてねグー  因みに〆切は、Sportivaの方が1週間早かったです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-12-23 07:15:00

BIG・ジョージじゃないフォアマン

テーマ:ブログ

林壮一の『マイノリティーの拳』レポート 林壮一の『マイノリティーの拳』レポート
 写真の彼はWBCジュニアミドル級6位にして、NABF同級王者のユリ・フォアマンです。現在、27戦全勝。彼も期待の若手ですね。

 12月13日のファイトも、大差の判定でNABFタイトルを防衛しました。Pavlik×Hopkinsの前座にも出場しています。「おお~やるな!」というファイトでした。27勝のうちKO勝ちが8なので、ちょっとパンチ力には欠けるかもしれませんが、気が強く、ひたすら前へ前へ出るボクシングで見ていて気持ちがいいです。


 ユダヤの血が流れているので、ユダヤ系のファンから熱い視線を浴びています。プロモーターのボブ・アラムも、同胞だから売り出したいところでしょう。09年中にタイトル挑戦するかな?


 ユダヤといえば、22日に発売された『小説宝石』(光文社)、ご覧下さい。僕の連載「マイノリティーたちのアメリカ大統領選挙」第10回が載っております。今回は、あるユダヤ人をインタビューしました。宜しくどうぞ。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-12-21 07:45:00

Ring-T

テーマ:ブログ

林壮一の『マイノリティーの拳』レポート
 デラホーヤ率いるゴールデンボーイ・プロモーションが、ボクシング雑誌の「Ring」を買収したのはご存知ですか? 今回、それに伴ってRingTシャツのブランドも立ち上げました。


 Pacman戦に向けたトレーニングキャンプでDeLa陣営は、写真のような「Ring」Tシャツやジャージを、全員が着ていました。最近プレスに案内が届きましたが、これが、高い!!


 写真のTシャツが$49ドル99セント。でね、12月6日の試合会場では、同じモノが$60で売られていたんです。BOOOOOだよなぁ~。買ってる人を見る度に「ネットで買った方が安いよ」って言ってあげたかったねえ。実際、2人にはそう告げました。


 だって、TシャツだよTシャツ! 6000円も出すか? 因みに、タイソンvsホリフィールド1.2時の格好良かった試合記念Tシャツが$20だったんですよ。随分、友人にお土産として配ったもんです。まだ、アメリカに住み始めたばかりだったしねべーっだ!


 Pacquiaoとのマッチメイクといい、ファンへの商売といい、「カネ稼ぐのは巧いけど、やっぱ、Delaって汚いわ~」と感じざるを得ないですな。

 まー、今後はビジネスマンとして頑張ってよ。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-12-19 07:45:00

ボクシングマガジン1月号

テーマ:ブログ

林壮一の『マイノリティーの拳』レポート-2 林壮一の『マイノリティーの拳』レポート-1
 『ボクシングマガジン』の1月号が発売になっていると思います。


 今回、僕は、「マック・クリハラ」「ルドルフォ・ゴンザレス」「ジェフ・チャンドラー」と3本書いておりますので、ご一読頂ければ幸いです。


 写真下のゴンザレスは、スーツが似合うなぁ! すっごい、紳士なんですよ。 


 宜しくお願いします!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-12-16 08:08:00

7日の文を訂正します

テーマ:ブログ

林壮一の『マイノリティーの拳』レポート-モズリーマルガリート会見
 1月24日のMargarito×Mosleyですが、僕、「ラスベガス、マンダレイベイで開催」と書いてしまったのですが、場所は「ロスアンゼルス、ステイプルス・センター」の誤りです。訂正致します。


 いやぁ、ESPN.comがそう報じたので、ついつい信じてしまいました。両者の対戦決定記者会見は、Pac vs, DeLa当日・午前10時30分から、MGMグランド内のプレスルームで予定されていたのに、ドタキャンだったんですよ~!! 理由の説明は何も無し! ってことで、僕も勇み足でした(。>0<。)


 写真は、DELAを下したPacquiaoが、会見場に表れるまでの間にドサクサのように発表された時のモノです。


 信じてしまった皆さん、ごめんなさいね。


 Margaritoが勝つでしょうね。序盤はスピードの差が出ちゃうだろうけど・・・。彼は苦労人なんで、応援しています。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-12-14 07:00:00

Victor Ortiz、注目の価値アリ

テーマ:ブログ

林壮一の『マイノリティーの拳』レポート-オルティス  De La Hoya vs. Pacquiaoのセミファイナルに登場し、NABOジュニアウエルター級タイトルを防衛したVictor Ortizは、注目ですね。若手ではピカイチの存在でしょう。


 Ortizはカリフォルニア州オックスナードの出身です。そう、あのフェルナンド・バルガスと一緒ッス。マネージャーも、バルガスと同じローランド・アリアノ(オルティスの隣に立つ黒いスーツの彼)が務めています。

 アリアノさんは現役の弁護士。身体を絞ろうとジムに通ううちにバルガスと仲良くなり、ボクシングの世界で仕事をするようになりました。熱いし、明るいし、面白いお方です。「今度はVictorをヨロシクね!」と言われました。


 バルガスはTITOに挑むのが早過ぎたので、Ortizはじっくりキャリアを積ませているようですな。




いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-12-12 07:00:00

Vegasの余韻

テーマ:ブログ

林壮一の『マイノリティーの拳』レポート 林壮一の『マイノリティーの拳』レポート
 凄かったですねーPacquiao! 25日発売のスポーツ総合誌で記事を書きますので、ここでは敢えて、あまり触れません。今、原稿執筆中でヘトヘトっす。


 会場は意外と空席が目立ったんですよ。MGMだと、過去にTyson vs. Mcneelyで1万6113、Tyson vs. Holyfield 1で、1万6103、Tyson vs. Holyfield 2で、1万6279、Mayweather vs. Hattonで1万6459のお客さんを集めましたから、今回の15001名というのは、1000以上が空席なんですな。


 Pacmanだけで述べると、モラレスとの第2戦(トーマス&マックセンター)では、1万4618人がアリーナを埋めましたから、正直僕は「ええ~っ、こんなもんなの? 埋まってないじゃん!!」という印象を持ちました。


 ゴングが鳴ったら、そんな気持ちは吹き飛びましたけどね。ホントに素晴らし過ぎたゼ、Pacman!!


 雑誌の掲載に関しては、またこちらでお知らせ致しますので、宜しくどうぞチョキ

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-12-09 07:30:00

4 Kings

テーマ:ブログ

9 9
 10月18日のHopkins×Pavlikの日は、正午から「Four Kings」という本の発売を記念した記者会見がありました。向かって左から、著者のGeorge Kimball、ハーンズやレノックス・ルイスのトレーナーだったエマニュエル・スチュワード、HBOコメンテイターのラリー・マーチャント、そしてプロモーターのボブ・アラムです。


 <4 KINGS>とは、ご存知、ハグラー、レナード、ハーンズ、デュランのことであります。デラホーヤもこの時代に生まれていたら、『ゴールデンボーイ』にはなれなかったよね。王者としての"格"が違い過ぎるもの。


 読みたいと思いながらも、仕事が忙しくて時間が作れなかったのですが、この年末読んでみようと思う。・・・けど、オイラにとって「4 Kings」って言葉はちと淋しい。

 どうしても、「アーロン・プライアーがレナードと闘っていたら」「アイラン・バークレーが咬ませ犬として扱われなかったら」って感じてしまうので。


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。