2007-06-29 10:09:08

Gatti

テーマ:ブログ

ガッティ

 昨年の7月22日にカルロス・バルドミールに惨敗し、引退が囁かれたアルツロ・ガティですが、7月14日にカムバックします。彼の国籍はカナダですが、米国で凄まじい人気を誇っています。あのインファイトとタフさ、精神力の強さ、爽やかな性格、そして、白い肌がファンに支持されているのでしょう。
 "POUND FOR POUND"フロイド・メイウェザー・ジュニアと闘った際も、彼のファンが多かったから興行として大成功したと言えます。

 今回はノンタイトル戦で、リングサイドのチケットがいつもより安く($300)設定されたため、売れ行きも絶好調。後部席だけ、若干売れ残っているようです。
 次戦の相手であるアルフォンソ・ゴメスをクリアしたら、11月にフリオ・セサール・チャベス・ジュニアとの試合が内定しています。

 この写真はバルドミール戦前のキャンプで撮影したものですが、実は取材前、周囲の人々に、パンチドランカー症候群の兆候が現れていないか、じっくり観察して来い、と言われていました・・・。
 全く問題ありませんでしたね。本当に頑強に生まれて来たのでしょう。

 ところでメイウェザーは引退を撤回し、リッキー・ハットンとの対戦を仄めかしています。ガティ戦のような展開が予想されますな。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007-06-22 10:27:42

小さな石の拳

テーマ:ブログ

カルバハル
 先週登場させた現WBOウエルター級チャンプのアントニオ・マルガリートは、哀しいことに実兄が銃殺されています。
 今回、ご紹介する元IBF&WBC&WBOジュニアフライ級王者のマイケル・カルバハルも、弟を失っています。こちらもまた、銃で殺害されました。

 カルバハルは昨年、ボクシング殿堂入りしました。写真はその模様です。

 酒が好きで、起きている時間の殆どをテキーラとビールを飲むことに費やしている彼ですが、弟さんの話題になった際には、涙を拭い続けていましたね。
 やはり銃社会は怖いです。ちょっとしたトラブルが、簡単に殺人事件に発展してしまいますから・・・。

 「小さな石の拳」というニックネームで、軽量級でも稼げるんだぞ!と扉を開いたカルバハル。いつも陽気な彼ですが、大きな苦しみを背負って生きているのですね。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-06-15 10:35:10

マルガリート

テーマ:ブログ

アントニオ・マルガリート
 本日発売の『ボクシングマガジン』で、WBOウエルター級王者、アントニオ・マルガリートのインタビュー記事が掲載されていますので、ご覧頂ければ幸いです。
 「僕との対戦を拒否したメイウェザーは、臆病者だ!」と言っていました。

 秋にミゲール・コトとの試合が内定しているので、7月14日は、確実に勝ってもらいたいですね。挑戦者は無敗で勢いに乗っていますが。
 とても気持ちの優しい人でした。お兄さんの話に触れた時は、泣きそうな表情になっていましたが・・・。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-06-11 10:33:42

ロッキーの敵役

テーマ:ブログ

005

 「ロッキー・ザ・ファイナル」でメイソン・ディクソン役を演じたアントニオ・ターバーが、6月9日にリングに上がりました。ロッキーの撮影に集中し過ぎたあまり、1年前にボロ負けして以来のカムバック戦です。
 結果は2-0の判定勝ち(ジャッジの一人はドローの採点)でしたが、内容は良くありませんでした。スタミナが無いし、反射神経も鈍くなってきているようです。僕と同じ38歳ですからね~。
 今回は、コソボ出身のElvir Muriqiという白人選手が相手だったのですが、会場内の多くはMuriqiに歓声を、ターバーにブーイングを送っていました。ホワイトvsブラックで、ちょっと「ROCKY」っぽかったです。

 ターバーは「ロッキー」での演技力を買われ、他の映画監督からのオファーも受けたそうです。タイトルは『Scouts Honor』だとか。また、いい芝居を見せてくれることでしょう。
 もう、ボクサーは引退して役者の道に進んだ方が賢明だな、と思わせるファイトでした。




いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-06-08 11:55:13

Marvelous

テーマ:ブログ

マービン・ハグラー


 この写真には、とても思い入れがあります。2004年12月、ボストンでマーベラス・マービン・ハグラーをインタビューした時の一枚です。

 「過去を語るのは好きじゃない」との理由から、滅多に取材を受けない彼なのですが、1年半の交渉の結果、ようやくOKを頂きました。
 デラホーヤvsトリニダード戦の計量の際、またボクシング殿堂などで姿を拝見していましたが、いつもスウェットの上下とかウィンドブレーカーの上下とか、ラフな恰好だったんですね。

 しかし、このインタビューでは、スーツで登場!! 発する言葉の一つ一つに深さがあり、非常に充実した時間を持つ事ができました。震えまくっていましたねぇ。まさしく<男の中の男>というお方でした。

 拙著ではハグラーの章は作れず「エピローグ」に入れる形になりましたが、今でも彼をインタビューした時のテープは、僕のお宝です(o^▽^o)




いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-06-01 19:15:23

Tim

テーマ:ブログ

ティム

 「ROCKY BALBOA」公開前日のPARTYの話、最終回です。

 宴には、スタローン&ロッキー・バルボアと同じフィラデルフィア出身の元世界ヘビー級チャンプ、ティム・ウィザスプーンも出席しました。
 ティムは、ドン・キングを訴え、最後の最後まで法廷で闘い抜いたことで知られる男です。※(o^▽^o) えー御存知無い方は、『マイノリティーの拳』(新潮社)を読んで下さい!!

 パーティー中に試写会も行われ、見終わった感想を訊いてみたら「オレもカムバックする! ロッキーのように息子に闘う姿を見せたい!!」なんて言い出しました。49歳にしてですよ。しかも、それまでは「ROCKYなんて、作り話だろ。馬鹿馬鹿しいよ」って語っていたのに、です。
 が、コミッションやプロモーターが「危ない」という判断を下して、結局試合は立ち消えになりました。今年の1月に内定し、2月に延期され、さらに3月に延期されて・・・そういう結論が下りました。現在はトレーナーとして生活しています。

 ティム、実に気持ちのいい、優しい男です。で、どんな時も明るい。彼と言葉を交わす度に、元気になれます。ボクシングファンでも、若い世代の方は知らない、なんて周囲に言われてしまいますが、「彼の事は、死んでも書き残さねば」と感じさせた人です。
 昨年の12月6日に男の子の孫が誕生し、「ティム・ウィザスプーン3世」って名にした、と笑っていました。 



いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。