1割のモテる男性になるための法則

〜約2000人の相談を受けてきた星野夏綺が99パーセントあなたのお悩みを除去します〜


テーマ:
モンスターズ

この映画の口コミが良かったら観に行こうと思っていたのですが、
口コミがあまりにも酷かったので自分の目で確かめに行こうとおもい観に行きました。

私が感じたことは全然違った。この映画は物凄く深い。そしてこの映画の問いに答えられる人はほとんどいない。

観て良かった。ほんとうに。
凄くこわかったけど最後まで逃げずに観て良かった。(笑)
(こわすぎて何度も途中で帰ろうとした。わらい)長文ですが、ぜひ読んでください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★
この映画をこのタイミングで観て良かった。(以下ネタバレ)

やはり人の1番の欲をうまく表現している映画だとおもった。
+使命と人生とはなにか?という質問を視聴者に与えてくれるようなそんな映画だ。

直感的にこの映画を観たいとおもった。
なにか人の本質的な部分と私の使命感も同時に促進させる何かになるのではないかと感じたからだ。

最初からものすごくインパクトが強くて一瞬にして観てる側は引き込まれる。

主人公の幼少期から始まる。
主人公の人生は生まれてからずっと異色な人生だ。まず目が見えるのに目を隠される。
そして無償の愛をもらうはずの時期にもらえないどころか悲しい現実を突きつけられるのだ。これでは人は信用できなければ恨むこころしか出てこないずだ。愛されるべき人から全否定されるのだ。これほど悲しいことはない。

この映画は、この特殊な才能を人間の感情にみたてていてかつ人が最大に動く場面をよく使うことによって感情面に訴えかけてくる。なので非常に分かりやすい。

他人事のようにこの映画を観たり、あまり普段苦しみを感じでいない人は
なんとなくの流れでつい観てしまうだろう。

しかしこの映画の主人公がもつ感情は人間そのものだ。
本質といっても過言ではない。

だれしもが持つ「孤独」そして「誰かと分かち合いたい」「理解されたい」「理解したい」という心だ。

観ていて非常に心が締め付けられた。


しかし人は不思議なことにあるきっかけを経験し、急に使命感が分かったりするものだ。

使命感というのは自分が強く感情でおもったことに対して起こることだが、これは逆襲とは違う。使命というのは破滅的なことではない。

そして愛というのは愛ある人から受け継がれる。

本来は人は支え合い人を愛する力、信じる力も備わるのが人だ。
ただ脳の使い方を間違えると逆のことが起きる。

ただ修正すればいいだけなのだ。
それには人の支えが必要だ。1人じゃ解決できない。

解決方法がわからないければ一生逃げ続ける人生だ。
そして「このような生き方しかできない。これが私の人生だ。」と勘違いする。

人は自分を正当化する生き物だ。
誰にも理解されないと分かれば理解されなくても生きていける方法を身につける。
しかし、それではとても哀しすぎる。それでは本来求めているものは手に入らない。

自分と向き合うことは非常にこわい。
そして他人にずけずけと入ってこられて自分の価値観を変えてしまうような人と出逢ってしまえば尚更こわいのだ。

変化することは恐怖だ。
とくに自分と向き合えば向き合うほど恐怖や不安はついてくる。
とても苦しい。

しかし、それが成長している証と理解していたらどうだろうか?
知っていると知らないとじゃ全然違うだろう。

だれもが幸せになりたいとおもっている。
人は変わりたいのに変わりたくないとおもう。なんともうまく出来ている。
それが人間の厄介なところだ。変わりたいのに変われないのだ。

「変わりたい」と想える人はまだいい。

1番可哀想なのは、「変わりたい」という気持ちに気付けない人だ。

本当の幸せなのか?と疑問を持てる人はまだ良い。

しかし、自分自身を正当化することは成長が止まることなのだ。

正当化するとはなにか?そこで成長を止める。ということです。
その結果同じ繰り返しとなる。

なにかを与え、なにかを受け取ることは、自分自身と向き合うことに繋がったり、
他人と向き合うことにも繋がる。

与えることが出来ない人は受け取ることも出来ない。
だからまず受け取ることと向き合うことだ。話はそれからだ。
例えば、嫌な気持ちになったときや苦しい気持ちになったときに
その気持ちと向き合えるかどうかだ。逃げたらまた同じ苦しみがやってくる。
その原因を自分で理解することだ。理解できなければ理解するにはどうするか考えることだ。原因をみつけ改善するにはどうしたらいいか?を常に考えてそして行動することだ。

その時は同じ間違いや失敗をするかもしれない。しかし意識が変わってればそれはもはや同じことではない。前進しているんだ。

与えることの出来る人は受け取り上手。
こうなることが大前提だ。ここに至るまでは色々な課題があるだろう。

人は人で影響し合う。

人との出逢いは不思議なものだ。

必然的に引き合うことが多いからだ。

今あなたの周りいる人や近くにいる人を思い浮かべてほしい。
それはあなたが引き寄せた人たちなんだ。

偶然はないのだからこわい。
「偶然ですね!」という言葉は存在しない。

それは意識できる範囲を超えているか、”なんとなく”生きているから出る言葉だろう。

"なんとなく"や”なんとかなる”であなたの人生を過ごしてほしくない。
しかし人間だから続かない。この私の気持ちもずっと続かないだろう。

それが分かっていても、なんとか続かせたいから常にこのようなことを考えている。

恋愛も同じだとおもう。
”この人とずっと一緒にいたい” そばにいたいからものすごく考える。
常に想っていたい。想っていなきゃならないんだ。

「当たり前のことを当たり前とおもわない」という言葉はそういうことだとおもう。
常に相手を大切にしたいから。

できることから始めればいい。自分と向き合うことを恐れずに、立ち向かえ。

natsuki
PR
いいね!した人  |  コメント(1)

[PR]気になるキーワード