25日午前、北海道函館市のスーパーや食料品店で偽1万円札計8枚が見つかった。8枚とも透かしがないといい、道警函館中央署などでは偽造通貨行使容疑などで調べている。

 スーパーでは、店外で営業していた菓子のワゴン売り場で午前8時50分ごろ、20~30代の男が菓子の代金約1000円を1万円札で支払った。女性店員が違和感を感じて確認したところ、透かしが入っていなかった。男は釣り銭を受け取らず逃走した。同署によると、その後、ほかに同じ売り場で6枚の偽1万円札も見つかった。7枚とも記番号は同じだったという。

 また別の個人経営の食料品店では午前9時半ごろ、20代の男女2人が海産物約1000円の代金を1万円札で支払った。経営者の女性が閉店後に透かしがないことに気づいたという。函館西署によると、スーパーで見つかった7枚と作りが似ており、二つの事件の関連を調べている。【佐藤心哉】

【関連ニュース】
偽造通貨:73歳容疑者逮捕 偽2000円札使う 愛知
韓国:偽造旧1万円札を密輸 グループ摘発
偽1万円札:1都6県で151枚使った疑い 3人を逮捕
偽旧1万円札:偽通貨取得容疑、韓国人の男逮捕--ソウル警察
偽1万円札:151枚使った疑い 警視庁など、3人逮捕

高速新料金再見直し「無料化と矛盾させない」と首相(産経新聞)
警察署内のトイレで男性自殺未遂 栃木(産経新聞)
鹿児島知事、官房長官との単独面会応じず(読売新聞)
<訃報>玉置猛夫さん95歳=元自民党参院議員(毎日新聞)
<雑記帳>キャラクターにハネト姿の“ねぶた” 青森養豚協(毎日新聞)
AD