旧厚木社会保険事務所(神奈川県厚木市、現・厚木年金事務所)が、年金記録の訂正を求める申立書114件を総務省の年金記録確認第三者委員会に送付せず、放置したり無断で訂正していたことが30日までに関係者への取材で分かった。旧社会保険庁の業務を受け継いだ日本年金機構が当時の同事務所の適用調査課長(52)から事情を聴いて調べている。

 送付されなかったのは、07年9月~昨年12月に受け付けた申立書196件のうちの114件。74件は放置され、40件は第三者委の判断なしに訂正されていた。40件のうち5件は既に年金が支給されており、今後、返金を求めるなど修正していく。同機構の調査に対し、適用調査課長は「忙しく事務処理が大幅に遅れていたため」との内容を話しているという。厚生労働省も調査し、課長らを処分する方針。【中西拓司】

【関連ニュース】
政党機関紙配布:旧社保庁職員に逆転無罪 東京高裁判決
年金記録回復委:脱退手当金巡り、救済認める基準
年金:旧社保庁職員のアンケ基に新たな解決策 記録回復委
消えた年金:第三者委の廃止検討 総務省は行政評価に集中
消された年金:記録訂正の確認手段 厚年基金や健保でも

線路に下りはねられる、東海道新幹線43本遅れ(読売新聞)
橋下知事「申し訳ない」 府立高教頭の大麻所持(産経新聞)
<2歳児死亡>母親と同居男を傷害容疑で逮捕…大阪府警(毎日新聞)
名古屋市議会 報酬維持を強調…議長「民意聞き基準に」(毎日新聞)
東京メトロ・丸ノ内線運転見合わせ…ホームドア点検(読売新聞)
AD