伊藤竜太の写真生活

きもののフォトグラファー伊藤竜太の日々


テーマ:
 
帝釈天の題経寺が見守る昭和の町、柴又。
 
平成ももうすぐ終わろうとしている昨今ですが、
近く、我々、昭和の町に引っ越します♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
新居は、オレンジでございます☆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寺町のわりに、沈む氣はなく、とても澄んでいます。
人間の邪念で汚されていない感じ。
寅さんのおかげか♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
引っ越し祝いには、たま屋の親子丼を食べようか♡
 
 
 
 
本日の写真機
Olympus OM-D E-M5
M.Zuiko ditigal 12-50mm F3.5-6.7
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
 
毎月シャンソニエ「シャンパーニュ」に出演する歌手 おいかわ由衣 を撮っております。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2月の出演日は、メインゲストは白木裕子さん。
 
 
 
店内が葡萄っぽいシャンパーニュ♪
 
 
 
 
 
 
 
 
今回のおいかわ由衣の衣裳はスチームパンクっぽくしたそうで、こんな。。
 
 
 
 
 
 
 
 
2ステージ制ライブ、最初のステージはこのいでたち。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして2ステージ目は髪型が変わった。
頭に、ゴーグルw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
という感じで、シャンソンとカンツォーネを歌ったのでした。
 
 
 
 
次回出演日は3月14日(火)です。
19時開演の2ステージ制。4人ぐらいの歌手が出演します。
シャンパーニュ
 
 
本日の写真機
Olympus OM-D E-M5 および同 MarkⅡ
M.Zuiko digital 12-100mm F4 PRO および同 45mm F1.8
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
円覚寺をあとにした我々はふたたび鉄道に乗る。
 
横須賀線は、僕が生まれてはじめて乗った鉄道でもある。
 
 
当時のような四人がけの向かいあう座席はもうなくて、ふつうの長い座席だけれども。
 
 
 
 
 
 
しかし、鎌倉へ向かう途中のトンネルは、昔のまま。
 
 
 
 
 
トンネルを抜けると、そこは鎌倉だった。
 
 
 
 
鎌倉駅。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鎌倉といえば、鶴岡八幡宮。
 
 
 
 
 
 
 
 
この橙色のバスのデザインも、45年前と変わらず、懐かしい。
当時はまだワンマンではなく、車掌さんが乗っていたよ。
 
 
 
 
トンビも鎌倉の風物詩。
いっぱい飛んでます。
 
 
 
 
 
 
 
 
鶴岡八幡宮に入るとまず目に入るのが、この円弧の形の橋。
いまは安全のためと文化財保護のためだろうか、柵があって渡れないけれど、45年前は誰でもここを渡ることができた。
といっても、勾配がすごいので、子供にはとても無理で、なんどか上がろうと試みて諦めた記憶があります。
 
 
 
 
 
 
欄干には、カモメ。
 
 
 
 
 
 
 
境内には、平日だというのに露店が出てる。
 
 
 
 
 
 
 
酒も並んでいる。
 
 
 
 
 
 
で、とにかく本殿を目指す。
 
 
 
 
 
本殿は、赤い。
 
 
 
 
 
 
振り返ると、鎌倉らしい、この景色。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
占いは、鳩。
 
 
 
 
 
幸、あれ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
娑婆に降りれば、しらす。
 
 
 
 
 
 
でも、われわれはフレンチトーストを食む。
 
 
 
鎌倉は古都だけれど、こういうモダアンな飲食物が多いのだよね。
オシャレな街っぽい感じで。小町通りとか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
というわけで、故郷北鎌倉、そして隣の鎌倉。
東京に近いのに滅多に訪れる機会のない、ふるさとの旅でした。
 
 
 
本日の写真機
Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ
M.Zuiko digital 12-100mm F4 PRO
 
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
われわれは、台山稲荷を後にして北鎌倉の下界へと降りる。
 
 
 
 
 
 
 
子供の頃に歩いた道。
 
 
あの頃と変わらぬ空。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
横須賀線の線路を、ふたたび渡る。
 
 
 
 
 
 
線路を渡れば、そこは、円覚寺。
 
 
かつて幼稚園に通ったお寺です。
 
 
この階段を昇って幼稚園に通った。
 
 
山門。
 
 
 
 
 
 
 
本堂。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
龍が見下ろす。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光と闇。
 
 
仏と魔。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それから、境内を散策。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後に。
 
 
 
 
なんとなく他人と思えないこの人に挨拶をして、円覚寺散策を終えました。
 
 
 
本日の写真機
Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ
M.Zuiko digital 12-100mm F4 PRO
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
中華「大陸」を出た我々は、台山に向かった。
 
台山に上る道の目印は、郵便局。
 
 
鎌倉小坂郵便局。
45年前と同じ、丸いポストが今でも佇んでいる。
 
 
 
 
 
 
 
この郵便局の向かいの道が、台山を登る道。
 
 
小袋谷(こぶくろや)川を渡り。
 
 
 
 
 
 
光照寺の坂を上がる。
 
 
 
 
 
この眺め、45年前となにひとつ変わらず。
 
 
 
しかし、45年前にはなかったこんな注意書きがww
 
 
 
 
 
さらに坂を上がり。
 
いかにも北鎌倉っぽいこんな坂をのぼる。
 
 
 
 
その先に。
 
わが生家を見守っていた稲荷神社があるのだ。
 
 
 
 
 
 
 
かつて生家のあった場所に立つ。
 
 
 
 
 
そのすぐ脇が、神社の入口。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、さらに階段を上がる。
 
 
 
 
 
 

本殿が、見える。
 
 
 
 
 
神社があるのは、台山の頂上近く。
北鎌倉の町を、一望できる。
 
 
 
 
 
さきほどくぐった鳥居。
 
 
 
 
庚申塚。
 
 
 
 
パワースポットは、このへん。
 
 
 
 
 
そして。
 
本殿。
 
 
 
ここは観光客とかまずぜったい来ないし、地元の人の散歩コースというわけでもなく、いつも人気がない。人の念に汚されてないから霊気は非常に強い。
理由もなくやたら近寄るべきでない場所であって、僕自身もずっと畏れて近寄らなかった。
それだからこそ、45年ぶりなのだ。
いま、人生の節目に立っているからこそ。
 
 
ちなみに、僕らはここに「御挨拶」に来たのであって、お参りに来たわけではない。
 
 
 
 
 
 
 
頂上まで通じる道はけっこう険しいので、途中まで登ってやめました。。
ハイキング装備なら余裕だろうけれど。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それはそうと、根本さんの碑が、端っこのほうにありました。
 
 
調べてみると、西南戦争で亡くなった地元のヒーローのようです。
 
 
 
 
 
 
さて。
 
 
新しい人生の一歩を踏み出しましょう。
 
 
 
 
 
 
ちなみに。
 
 
この鳥居、僕が生まれた直後に建てられている。
知らなかったけれど。
まるで僕の誕生を祝って建てられたかのような♪
 
 
 
 
もう一度、生家跡をちら見して、左様なら、ごきげんよう。
 
 
 
 
本日の写真機
Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ
M.Zuiko digital 12-100mm F4
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Olympus M.Zuiko digital 12-100mm F4 PRO を E-M5 MarkⅡに付けて、鎌倉へ。
 
 
恵比寿駅から国鉄に乗る。
 
通り過ぎるNEXを見送り。
 
 
 
 

湘南新宿ラインの列車を待つ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乗ってしまうと、わりと、あっという間に大船。
この巨大な観音様が見えたら、もう次は故郷・北鎌倉だ。
 

ってゆーか、NEXって大船より先まで走ってたのか、知らなかった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
着きました、北鎌倉駅。
45年前とさほど変わらない雰囲気。
 
 
 
 
 
 
空が、なんとなく東京とは違う。
 
 
 
 
 
 
この踏切も、昔のまま。
渡った先の建屋は昔はなかったと思うんだけど。
 
 
 
 
 
 
以前と変わったのは、こんなふうな着物レンタル屋の増殖。
着物を着る若者が増えたのは結構なことです☆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、故郷・北鎌倉で僕が最初に向かったのは。
 
 
それは、45年振りの、ふるさとの味を求めて。
 
 
 
 
北鎌倉駅前 中華料理「大陸」
https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140401/14003274/
 
 
 
 
 
 
1962年創業のこの店。
45年ぐらい前、北鎌倉の我が家でよく、出前を取っていました。
とくに、母が好きだった「天津メン」の味が、僕にとっての原体験。
 
その天津メンを、45年ぶりに食べてみようと。。
 
 
 
ありました、メニューに、「天津メン」。
 
 
当時はもっぱら出前だったので、店内の雰囲気がどうだったかわからないのですが。
でも、きっと、あまり変わっていないんでしょう。あきらかに昭和な雰囲気の店内です。
 
 
 
厨房は、こんな感じ。
シェフはけっこう若い人で、三代目ぐらいなのかもしれません。
写真の女性は、もしかしたら45年前にもいらしたのかもしれません。
 
 
 
 
45年ぶりの故郷の味を待つ我。
やや緊張、そして集中力が高まって参ります。
 
 
 
 
 
そして。
 
 
 
これです。
 
大陸の、天津メン。
 
 
 
 
ふんわり卵。
余計な味がしない。
 
濃厚な出しのスープ。
旨味が凝縮している。
 
黄色いちぢれ麺。
歯応えがあってスープがよくからむ。
 
美味しい!
 
脳内に「天津麺の味」としてインプットされている味そのもの!
いままでどこで天津麺食べても なんかちがうなぁ と思ってきたのだけれど。
やっと正解に出逢えた。
やはり、ここの味を舌が、脳が、覚えていたのだ。
天津麺の味は、これでなければならないのだ。
という味。
 
世界一の天津麺。
「大陸」の「天津メン」。
超5つ星。
 
じっさい、地元の人で繁盛していました。
他に似たような店が北鎌倉に少ないこともあるけれど、やっぱり美味しいからでしょう。
流行を追わず昔からの味を守り続けて55年。
いつまでも頑張ってほしい名店です。
 
 
 
 
 
本日の写真機
Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ
M.Zuiko digital 12-100mm F4 PRO
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、45mm F1.8が良いと申しましたが。
似たやつで、焦点距離がちょっと短い25mm F1.8も、良いです。
フルサイズ換算50mmなので、いわゆる標準レンズですね。
 
 
ストリートスナップに最適な焦点距離です。
 
 
広角っぽくも、望遠っぽくも、どっちもイケる標準25mm。
 
 
 
 
 
 
 
ボケを生かした写真はもちろんのこと。
 
F2.0
 
 
少し絞り込んだときのシャープネス良好♪ 
 
F5.6
 
 
 
F8
 
 
 
F5.6
 
 
 
 
 
これ一本でなんでも撮れるぜ、と錯覚する25mm。
歩きながらのスナップ快調です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
というわけで、まだ購入してないですが、そのうち導入しようと思います。
 
 
 
 
 
 
 
本日の写真機
Olympus OM-D E-M5
M.Zuiko digital 25mm F1.8
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、二期会歌手四人のグループ「千駄ヶ谷スタイル」の演奏会を撮影しました。

 

千駄ヶ谷スタイルというのは、2008年にデビューした、オペラ歌手四人によるカルテットグループです。

https://sensta.stores.jp/

 

メンバーは、

 

ソプラノ

田上知穂

 

 

 

メゾソプラノ

長谷川忍

 

 

 

 

テノール

高田正人

 

 

 

 

バリトン

与那城 敬

 

 

 

 

という四人組です。

 

 

ピアノは

木村裕平

 

 

 

 

 

 

そこに、今回は「code"M"」という器楽グループが加わり。

豪華な編成での演奏会となりました。

 

code"M"
http://www.codem.info/index2.html

 

 

code"M"はその時々で出演メンバーが変わるようですが、今回は。。

 

チェロ

樋口泰世

 

 

打楽器

相川瞳

 

 

尺八

岩田卓也

 

 

 

 

そしてcode"M"のリーダーである作曲家のMAKI

 

というメンバーでした。

 

 

 

 

 

 

撮影はリハーサルから。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は器楽が入るので、チェロとか尺八とか打楽器とかあります。

 

 

 

 

 

 

楽器萌えする拙者ですw

 

 

 

ピアノは

スタンウェイ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

リハーサル風景。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気付いたかと思いますが、ピアノがふたりなんです今回。

前半と後半で交代するのですが、アンコールではなんと、連弾w

 

 

 

 

 

久々に見ました、「四手」の演奏。

 

 

 

 

 

 

 

リハーサルは順調に済み。

 

 

 

 

本番を待つのみ。

 

 

こんな程良い広さのホールです。

 

 

 

 

 

 

 

 

本番は客席いちばん後ろからの撮影。

E-M5 MarkⅡの静音シャッターの威力発揮。

 

 

 

 

 

前半は、四人の歌とピアノ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半は衣裳も変え、楽器がいろいろ入ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

女性だけでの演奏も♡

 

 

 

 

 

 

曲はクラシックだけでなく、日本歌曲から歌謡曲まで幅広い演目で、とても楽しいコンサートでした♪

 

 

 

 

 

本日の写真機

Olymups OM-D E-M5 および同 MarkⅡ

M.Zuiko digital 12-100mm F4 PRO および 45mm F1.8

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

田中せい子 (僕とはオランダ留学同期の仲間) が率いるリコーダーアンサンブル「La Ruertina (ラ・ルベルティーナ)」

の演奏会が先日渋谷で行われ、撮影に伺いました。

 

 

 


La Rubertina

 

 

 

 

田中せい子

 

 

 

田中とともにLa Rubertinaを率いる Daniele Bragetti

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校教育にも使われるリコーダーという楽器。

吹けば簡単に音が出る。

 


けれど、音楽として表情やニュアンスを付けて本当の意味で「楽器」として奏でるには、非常に難しい楽器だ。もしかしたら、管楽器の中でもっとも難しい楽器なのではないかとさえ思う。
(僕自身は十代のときに花岡和生先生に師事して学びました)

 

 

 

 

 

 

La Rubertina が使う楽器は多種多様。

手に収まる小さなソプラニーノから、人間の身長より多きいコントラバスまでの高低各種。

また、ルネサンス時代のタイプとバロック時代のタイプがある。

 

 

曲によってはひとりが3本を持ち替えて演奏するなど、アンサンブルとしてのサウンドを完成させるために手を抜かない。

それでいて、完璧なピッチで、全員が呼吸を合わせ、完全なハーモニーを創り出す。

 

 

聴く者は、リコーダーという楽器からかくも豊かな響きが奏でられるものかと、息を呑む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中でも、やはり目を引くのは、人の背より大きいコントラバス・リコーダーだ。

 

 

その存在じたいが芸術的で、ついレンズを向けてしまうような魅力的な被写体でもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

La Rubertina は年に一度は東京で演奏会を開くと思うので、興味ある人はぜひ一度その美しい響きを聴いてみて欲しいと思います。

 

 

 

 


La Rubertina を運営する Studio Fontegara のホームページはコチラ↓↓
http://stanaka8.wixsite.com/studio-fontegara

 

 

 

本日の写真機
Olympus OM-D E-M5 および同 MarkⅡ
M.Zuiko digital 12-100mm F4
Sigma 30mm F1.4 DC DN

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

またまたプロサロンでレンズをお貸出しいただきまして。
F値の明るい単焦点レンズを一本持っておこうと思いまして。
仕事的にはズームだけで全然いいんですが、付加価値的に。

 

 

で、オリンパスの、M.Zuiko digital 45mm F1.8を。
PROラインではない、Premiumラインの製品です。

 

さっそく、近所の公演でテスト。

 

 


絞り開放です。
ちゃんとメリハリがあっていいじゃないですか。
先日テストしたシグマの30mm F1.4は、どうもメリハリに欠けたのですが、やっぱり純正レンズは良いですのぅ。

 

 



F6.7 でこんな感じ。

とても良い加減の輪郭、階調、立体感。
価格から考えたらじゅうぶんすぎるクヲリテーです。

 

 

 

絞り開放でいろいろ撮ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

EVFだと、OVFと比べるとちょっとボケ加減がつかみづらい感じはあるのですが、ま、それも慣れかな。
このレンズ、F値が明るいくせにぜんぜん大口径じゃなくて、フィルター径が37mmと極端に小さい。偏光フィルターの使いまわしなんかを考えると、そんなに小さくしないで他と揃えてくれたほうがいいのにな、と思ったりします。

25mm F1.8はフィルター径46mmで、これも中途半端。ぜんぶ52mmで揃えてくれたほうが有難いんだけれど。。。

 

 

でもとにかく、画質に関しては文句ない、良いレンズです。
25mm のほうが使い勝手の良い焦点距離のようにも思うけど、ボケを生かした写真を撮るために、この 45mm を導入しようかなと、検討中でございます。

 

 

本日の写真機

Olympus OM-D E-M5

M.Zuiko digital 45mm F1.8

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。