walk/pick/dig

おいでいただきまして、ありがとうございます。風景や植物などを中心に、日々の写真を載せています。



https://lh3.googleusercontent.com/-E-YgytBrpDY/VYL3tugnXLI/AAAAAAACp9Q/-QCsNid90cE/w385-h577-no/IMG_1899.JPG https://lh4.googleusercontent.com/Nz_BaRj4yykzz_c46RpbKAhEnr0QkflUAF9orOu-aG5B=w593-h888-no https://lh4.googleusercontent.com/VLSz7oVmhvUsElYsZZmt4ZzfZlFvbFvf-I6LT_-qDX3s=w385-h577-no https://lh4.googleusercontent.com/wcSnTDSOvQ7WShARJ_3RstxzQM0JEh9c9YqJVlOBrYyP=w385-h577-no https://lh4.googleusercontent.com/-PZR16E08AKE/U6hjPACflmI/AAAAAAABwlU/yxGVNaLo1n8/w380-h569-no/IMG_9043.JPG https://lh3.googleusercontent.com/h-KGVB7KWMT6tQLuDuLDpOnKoo5gNxbvoe1WNKIUApv3=w1252-h879-no https://lh4.googleusercontent.com/-wD2YE12EvJw/UsDZVdHYxaI/AAAAAAAAyQM/V9ZovDMknm4/w424-h575-no/Bisti+Egg5.jpg http://stat.ameba.jp/user_images/20111026/02/lythrumsalicaria/57/e5/j/o0800120011570737703.jpg https://lh6.googleusercontent.com/-ZGgUGn7guio/Vj_4pfR0ToI/AAAAAAADEjA/uvFRRp1o1UI/w585-h879-no/IMG_7713.JPG https://lh5.googleusercontent.com/-WOwSX8DQfnA/VSEQvCHAZ5I/AAAAAAACjC0/aE9NoXo-CE0/w948-h632-no/%E5%85%AB%E9%87%8D%E6%9E%9D%E5%9E%82%E6%A1%9C2015-3.jpg

            
写真をクリックしていただくと、それぞれの記事がご覧になれます◆



テーマ:

 

 

 

アメリカ椿大神社へ初詣に行きました。

(上記写真は1月2日に行った時のものですが、以下、過去の写真も数枚混ぜています。)

 

 

アメリカ椿大神社はシアトルから車で1時間ほどのところにあります。

途中のエベレット辺りでは、晴れた朝にはよく霧が出ていて、カスケード山脈やスノホーミッシュ川沿いの木々が霞んでとてもきれいです。

 

 

 

神社が空いている時には本堂のすぐ近くまで車を入れられるのですが、

多くの人が訪れる初詣の時期は、通りを挟んだ向かい側の駐車場を案内されるので、そこから歩きます。

 

 

神社に向かう途中には、数日前に降った雪が溶けずにきれいに残っていました。

本堂までは数分ですが、すぐに顔や耳が痛くなる寒さでした。山の方に少し近づくだけでだいぶ気温が違うようです。

 

 

 

境内は林に囲まれています。

人が全く写っていませんが、これはたまたまで、焚き火やお守りを売っている所などには参拝客が群れていました。

 

 

お参りのあとに、いつも見入ってしまうのが蛙です。

 

 

そこここに、大小の蛙がいっぱいいます。

 

手水鉢の中からも、 まんまる目玉が覗いてます。

 

少し調べてみたところ、アメリカ椿大神社の総本社である三重の椿大神社では、

蛙を神の使いとしていると書かれていたり

よみがえるという意味を込めてこういった蛙の置物を奉納した人が多いと書かれていたりしましたので、

分社であるアメリカ椿大神社でも同様なのだろうと思います。

 

 

神社のすぐ裏側には、ピルチャック川が流れています。

 

 

注連縄が巻いてある大木も川のそばにあります。ご神木でしょうか。

 

おせち料理の話の時にも書きましたが、正月を祝うことなくさっさと仕事始めになってしまうアメリカでは、

どうも新年を迎えた気分になりにくいです。

でも、初詣に行くと、少しは気持ちも入れ変わる気がするので、ここ数年はこの神社にやってきています。

 

 

 


 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へにほんブログ村 Walk, pick or dig

拙いブログではございますが、ランキングに参加しています。クリックいただけましたら幸いです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

元旦の朝は、濃霧が出ていました。

西の空一面にムラのない霧が無風の中に留まっていたので、もしかしたらと思い、

おせち準備の合間に窓の外をちらちら見ていたところ、やはり東側が晴れてきた時に白虹が出てきました。

 

雨粒より小さい霧の水滴ではプリズム現象が起こらないため、白い虹になるのだそうですが、

今回見た白虹は、ほんのり僅かに虹色?とも思える色合いでした。

 

この日は木々に霧氷が付くほどの極寒でしたので、暖かい時の霧とは違って、

空気中の水分が水ではなく氷晶だったとすれば、太陽にかかる暈のように、僅かに色づくこともあるのかも?と思いました。

 

 

今年の白虹は霧が濃すぎて背景もグレーでしたが、3年前の白虹は、青空をバックにすっきり現れて見事でした。

この3年前の時以来、白虹にはしばらくお目にかかっていませんでしたが、昨年は8月と12月に見ることが出来ました。

 

といってもどちらの時も、出たと思ったそばからたちまち消えていってしまったので、

ほんとに出てたの?というくらいの写真しか残せませんでした(写真上が8月・下が12月)。

 

白虹は、日本でも英語圏の地域でも、滅多に見れない虹、Rare Rainbowと言われていて、

確かに普通の虹よりは出現率はかなり低いようですし、その消える素早さから、出ていても見逃してしまう確率も高そうですが、

西側に霧の出やすいこの辺りでは、霧が晴れ始める時に気をつけていると、案外見ることは出来るようです。

 

青空にふわっと浮いたように白虹がかかった時などはとても美しいと思うのですが、

日本では地震などの不吉な予兆扱いにされることもあるそうです。

 

それを元旦から見てしまうってどうよという感じではありますが、

同様に凶兆と言われがちな幻日や日暈なども、春夏のワシントン州沿岸ではよく出ますので、

こういった現象が出るたびに毎度不吉なことが起こるなら、そんなところに住みたい人など

とうの昔にいないはずですから、気にしないことにします(笑)。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村 Walk, pick or dig

拙いブログではございますが、ランキングに参加しています。クリックいただけましたら幸いです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

 

仕事の方にだいぶ時間を取られるようになったので、ブログは少し休憩しておこう、と思ったつもりが、

気付けば丸1年休んでいました(汗)

どうしたかとご心配もいただきまして、本当にすみませんでした。皆元気にしております。

今年は昨年よりは時間の余裕も持てそうなので、再び書き始めようと思います。

本年より、またどうか宜しくお願い致します。

 

 

今年の年始めはワンプレートおせちにしました。

アメリカの新年は、カウントダウンで盛り上がったあとには何があるというわけでもなく、翌2日には

大概のところが通常営業に戻るというあっけなさです。

日本では、三が日をのんびり過ごしてようやく気持ちも改まったつもりになっていた私としては、

どうも未だにアメリカの新年が仕切りきれません。

 

でも今年の元旦は日曜だったおかげで2日も振り替え休日となって、少し余裕があったので、

とりあえず自分の食べたいものをささっと盛って、お雑煮と少しの日本酒を並べてみました。

 

松茸は例年通り、山で採って冷凍にしておいたもので、ローストビーフもクリスマスに作って冷凍しておいた残り物です。

宇和島屋で揃えた栗の甘露煮とイクラと黒豆のおかげで、少しはおせちらしさが出たかなと思います。

 

しかし、久し振りのテーブルフォトは進歩がないどころかすっかり後退していることに気付いてかなり焦りましたが、

これも初心に返るよい機会と考えることにします。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:












あけましておめでとうございます。

旧年中は遅々として進歩のないブログをご覧いただきまして本当にありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。


prunus






















いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



サンクスギビングは大概親戚宅でターキーをいただくことになるので、自宅ではラムチョップにしてみました。

庭のローズマリー、タイム、セージ、ラベンダーとニンニク、オリーブオイルをまぶして焼き、
ソースは焼き汁とバルサミコ酢を火にかけました。

でも、ターキーはなくともコーンブレッドドレッシングだけは食べたかったので、マフィン型で焼きました。
ザクロやローズマリーを飾ったら、クリスマスに作れば良かったんじゃ?というお皿になってしまいました。



こちらはクリスマス用に、Standing rib roastというのをCostcoで買って作ったローストです。

スタンディングということは骨が立つ向きにして焼くべきなんだろうと、座りの良い位置に肉を据えてみると
やたら高さがあり、最下段のオーブンラックだけにしないと入りませんでした。



リブローストに添えたホースラディッシュソースは、庭に植えているホースラディッシュで作りました。
採りたてをおろしてすぐ使うとやはり辛みが違って美味しく、夫はそんなに付けるか?というくらい盛って食べてました。




そしてまたパネトーネを焼きました。といってもパネトーネマザーはないのでパネトーネもどきです。

レーズン、ドライクランベリー、庭のプラムで作ったプルーン、甘栗などをラム酒漬けにしておいたものと、くるみとオレンジピールを入れています。



こちらは2年前に作ったパネトーネです。
以前記事に載せたと思っていたのですが、全然載せてませんでした。

こちらの方がクープがうまく開いてます。
今年は二次発酵する時に室温の低いところに置いて近所に買い物に行ってしまい、30分ほど長く置いてしまったので、
過発酵ぎみで窯伸びしてくれなかったんだと思います。
今までパンはケーキよりはちょっと適当でもなんとかなってきてましたが、さすがに放置はしちゃいけなかったです。




にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村 Walk, pick or dig

拙いブログではございますが、ランキングに参加しています。クリックいただけましたら幸いです。






いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。