衝撃的な日

テーマ:

警戒区域にはいる手前、久ノ浜の国道6号で、
子猫が、息絶えている子猫を食べている姿をみてしまいました。

食べられている子猫も、
食べている子猫も、
何と言うか、
痛ましい・・・。

偶然にも、そこは小学校のときの恩師の家で、
警戒区域の帰り、庭に捕獲器をかけさせていただいてきました。

2~3日前からミャーミャー鳴き声はきこえていたそうですが、先生は姿はみていなかったそうです。

国道沿いの場所で、おそらく兄弟子猫、
車にはねられて亡くなった兄弟を、食べていたのだと思う。

毛が少し長めのかわいい黒猫でした。

交通事故にあうまえに、なんとか捕獲器に入ってほしい。

猫を保護できる裁量はないのだけど、猫ボラさんのおかげで、今日その子猫のところに躊躇なく捕獲器をかけることができました。
これについては、また別途記事更新します。



そして警戒区域の餌場では、
きのうはなかった狸の息絶えた姿が・・・
庭の真ん中で、
傷もほとんど見当たらず、その狸に何があったんだろう。
餌場も、なんだかすごい荒らされていたし。

昨日はなかった亡骸が今日はそこにある、
驚きと、何ともいえない無念なかんじ。
狸に自分がなにかできるわけではないんだけど・・・。



大人の牛にまざって、小さな子牛が二頭。

なにもできない

牛ボラさんから、果物をと聞いていたので、りんごを切ってもっていこうと思う。



LYSTA~動物たちに光と再生を。




紅葉をたのしむ時間は普段ないけれど、
警戒区域内の赤や黄色のキラキラした紅葉が、なんとも悲しい、淋しいかんじ。
LYSTA~動物たちに光と再生を。-TS3Y05540001.jpg
ただ、とてもキレイ



明日と明後日は行くことができないので、
捕獲器を設置する場所においしいごはん。

猫ちゃんには小魚入りの小分けのフードと、ウェットパウチ。

ワンには、ドライのほかに、半生フードにレトルトのっけ。


ご支援をいただいている皆様、ありがとうございます。

なかなか警戒区域での活動報告ができず、申し訳ありませんでした。



LYSTA~動物たちに光と再生を。



子猫と狸の亡骸は、写真はとったんですが、
何となく、今日は悲しい画像をのせる気にならず、
今日はのせないでおきます。



帰宅すると、自宅にはいる道でバスがフロントガラスを鉄パイプにつっこんで、側溝に落ちた直後でした。

なんていうか
心臓に悪い1日でした。



同行のじゅんこさん、連日お疲れ様でした。
2日間ゆっくり休んで、
またがんばりましょう。

シェルター作業してくださっていただいごさん、お疲れ様です。
ありがとうございます。


本格的な冬を迎える前に、

お願い、捕獲器に入ってほしい。



ふんばろう東日本支援プロジェクト動物班さんに管理していただいている、ほしいものリストです。

ささみ巻ガム、毛布は、おかげさまで皆様からご支援頂戴したので、一旦削除予定です。

餌場で使いたい動体感知カメラ、追加しています。

預かりさん宅で使う、キャリーやキャットケージ

サプリメントのマイトマックススーパー(みるちゃん)

フロントライン

cdドライ(のびたくん)

腎臓ドライ(ハッピーくん)

よろしくお願いいたします。

http://www.amazon.co.jp/gp/registry/wishlist/323IDP9GNYHDI?ie=UTF8&ref_=cm_wl_rlist_go #


AD