作詞家 昆真由美のブログ

ビクター音楽カレッジ卒業、作詞家の昆真由美(Mayumi Kon)です。昼は会社員で営業やってます。合同会社GAIALOVESより、チャン・グンソク「淡い雪のように」でメジャーデビュー。
イノセントミュージック、MPJで作詞の講師もやってます(^^)


テーマ:

ちょっとブログ書き始めたら筆が乗ってきました。

やっぱり発信するって楽しいな。

 

さてさて。

最近ほとんど何も発信してなかったけど、着々と歌詞は書き続けております。

書いてる数については、去年よりは減ってます。

でも、だからこそ見えてきたものもいろいろあって。

 

超・超・超迷走しながらなんとか走ってますという感じ。

 

急ですが、よく聞かれるこの質問について考えてみる。(酔ってるので。w)

「この歌詞は実体験ですか?」

 

コレはねえ・・・

あれです。

 

「シチュエーション」を体験したことがあるわけじゃなくて、

「気持ち」を体験したことがあるのです。

 

 

つまりはだね。

いつも授業で話しているのだけど、たとえばね。

 

「遠距離恋愛」の歌を書いたからといって、

「遠距離恋愛」の経験があるというわけじゃなかったりする。

それよりも、

「遠距離恋愛」じゃないけど、

「遠距離恋愛」かのようにあまりにも会えなくて苦しくて・・・っていう「想い」は体験したことあります、っていう感じ。

 

「淡い雪のように」では「片思いから両想いへ」のシチュエーション、

「Crush」では「彼女がいるのに他の女に会いに行く」のシチュエーション、

「Between Me & You」では「別れたくないけど別れる」シチュエーションを書いていますが、

それぞれ、そのシチュエーションで「何を感じたか」に軸を置くと、

「はい、それ経験したことある気持ちです」っていうのが答えかな。

 

なんなら、それぞれ、「あの日あの時あの場所の気持ちだっ」ってわかるくらい。(←小田和正かw)

 

というか、自分で自分の歌詞見て「うんうん、それわかる」ってならないものを書いたところで共感なんて呼べるか!!って言うね(笑)

 

そう思うと、本当、一曲一曲、形になっていくのが嬉しいなあと心から思います。

 

自分の「気持ち」に向き合うって結構大事だったりする。

嬉しかろうが辛かろうが、

「ああ自分今こういう気持ちでいるなあ」ってよく考えてるかも。

 

どんな経験があるかないか、ってことじゃなくて、

プラスの気持ちとマイナスな気持ちどっちが大きいかってことじゃなくて、

もうそんなのひっくるめて、何かを感じて生きてることが素晴らしい!!(←大きく出た笑 酔ってるからwww)

 

いやーもう作詞家にとって

「感受性」は「財産」ですね。

本当にそう思う。

 

今週はワークショップがございます☆彡

まだ受け付けているので是非!

よろしゅう☆彡

 

★3/15(水)夜 昆真由美の作詞MUSIC WORKSHOP ~ココロに届く歌詞を書こう!~ 

より良い歌詞を書きたい方等は是非! 歌詞をつける課題曲あり! 

フリー作品も可 

お申込みはコチラから→ http://blog.livedoor.jp/mpj_events 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。