キャン・タマコのブログ

踊る爆弾娘エヌ@キャンタマコの日記


$エヌブログ
イラスト:キャンタマコ作


●ジャイアンナイト●
http://giannight.jimdo.com/

スタッフとして関わっているDJダイノジの音楽イベントです。
都内・地方いろんなとこでいろんな企画を開催中!
========================================

★キャンタマコ:ジャイアンナイトインタビュー★
http://ameblo.jp/giannight/entry-11205504543.html
========================================

【キャンタマコについて:びじゅなび♪に掲載されてます】
http://test.visunavi.com/visunavi/2012/02/20/artist-1208.html

テーマ:
お知らせ

キャンタマコのブログにお越しいただき
ありがとうございます。


長年更新していましたアメブロですが
こちらの更新はしておりません。

お知らせが遅くなってすません。

現在の近況や活動予定は
下記、サイトにて更新しております。



http://crashandbuild.jimdo.com/


たまーにふらっと書くぐらいでしたが

読んでくださって、ありがとうございました!


今後とも応援よろしくお願いします!

キャンタマコ
AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
★キャンタマコ

■Let's Dance/Acid Android
http://www.youtube.com/watch?v=E3stmJctxFo

L'rc-en-Cielのドラマーyukihiroのソロプロジェクトであり、
インダストリアル・クラブミュージック的なアプローチを得意とし
ラルクとしての楽曲の幅も広げ、このソロプロジェクトではそうした面が
前面に押し出されている。

■Atari Teenage Riot/Atari Teenage Riot
http://www.youtube.com/watch?v=6o5v2E20jKg

ドイツのバンド「アタリ・ティーンエイジ・ライオット」
デジタルハードコアの先駆バンドの一つ。

■Scary Monsters and Nice Sprites/Skrillex
http://www.youtube.com/watch?v=WSeNSzJ2-Jw

アメリカでグラミー賞を受賞したSkrillex。
ダブステップを多用したエレクトロミュージックが特徴。

■アルカディアfeat.DAISHI DANCE/MUCC
http://www.youtube.com/watch?v=ItS73b_U5nk

日本のV系ロックバンドMUCC。
2011年ごろからEDMを意識した楽曲を制作。
クラブミュージックと日本の様式美ロックを融合させることにより
よりシーンを先導するロックバンドとして認知される。

■ICONOCLASM/BUCK-TICK
http://www.youtube.com/watch?v=LuZy5Cdj2n4

日本のロックバンド。1992年の楽曲。
hide同様、日本の音楽シーンにインダストリアルミュージック、
デジタルロックを普及させた。

■ロックスターの逆襲-スーパースターの条件-/MIYAVI
http://www.youtube.com/watch?v=OA6_UbgVQaU

日本の侍ギターリスト。
「ネオヴィジュアル系」提唱者ともいわれ、
国内外、またジャンルにとらわれない活動をする様はhide的。
ギターの弦をたたくように演奏する独自の演奏スタイルは必見。

■The Fight Song/Marilyn Manson
http://www.youtube.com/watch?v=8iNbjUM9cug

hideが日本に広めたといわれるアーティストの一人。
ゴシック的な世界観をもちながらも楽曲のPOPSさ、
ライブでのパフォーマンスのエンターティメント性から
カリスマ的、アイコン的存在でもある。

■ピンクスパイダー/hide with Spread Beaver
http://www.youtube.com/watch?v=COQBbydkXRo

hideソロプロジェクト「hide with Spread Beaver」
の二枚目のシングル。
明るいやさしい曲もたくさん世に出したhideさんですが
やっぱりこういった攻撃的な曲をいかに
POPに聞かせるかのセンスに長けていたんだと思います。
中学生の時にこの曲を聴いたときは「ただかっこいい」としか
言えなかったけど、聞けば聞くほど一曲にこんなに
いろんな要素が含まれている音楽
早い=激しい、ではなくてテンポがはやくなくても
重くて激しい音楽にはじめてであったので衝撃だったんだと思います。

■Gureilla Radio/Rage Against the Machine
http://www.youtube.com/watch?v=et2914h1E98

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン。
アメリカのロックバンド。
ミクスチャーロックの先駆者的存在。
重い攻撃的なメッセージとサウンドは
はまると病み付きになって抜け出せなくなる。

■Pulse/THE MAD CUPSULE MARKETS
http://www.youtube.com/watch?v=AMnLIJSY1vY

日本のバンド、ザ・マッド・カプセル・マーケッツ。
90年代を代表するミクスチャー・ロックであり、2006年活動休止。
次々と曲の展開が変わるにも関わらずまとまりがあり
毒っけがあるのにハッピーチューンとして昇華させているバランス感覚が
素晴らしいと思う名曲。

■IMPOSSIBLE IZ NOTHING/ROTTENGRAFFTY
http://www.youtube.com/watch?v=q8vlseSd0uc

日本・京都のラウドロックバンド。
ロットンの中で最もメタル色の強い印象を受け
X JAPAN「Art of Life」のオマージュともあり、ところどころに
にやりとしてしまう一曲。
日本ロックらしいメロディーの美しさ、哀愁、色っぽさが堪能できる曲でもある。

■紅/X JAPAN
http://www.youtube.com/watch?v=iuTHk2teBAI

X JAPAN三枚目のシングル。1989年リリース。
静かなイントロからハードなメタルにかわり、
最後はシンガロングさせることができる曲の展開が秀悦。
ドラムがこんなに激しいのに、ボーカルがこんなにシャウトしているのに
結果的に一回聞いたら忘れられず「だれもが楽しめる」。
一回はボツになってしまったのにシングルとして
再リリースを提案したのはhideだったそう。

■TONIGHT/LUNA SEA
http://www.youtube.com/watch?v=1n3yqkanP44

日本のロックバンド・LUNA SEA。2000年シングル。
疾走感があふれ、演奏が踊れるノリノリなロックチューンにもかかわらず
RYUICHIのボーカルがのることにより、歌謡曲性とロックの化学変化が起きている。
INORANのギターパートは聞いた人は絶対忘れないし、
イントロでそれがなるたびにスイッチが入る人はたくさんいるだろう名曲。

■Supernova/ELLEGARDEN
http://www.youtube.com/watch?v=Pv2O5el79hA

日本のロックバンド。2008年活動休止。
「TONIGHT/LUNA SEA」とBPM、ベースラインが似ていることから
つなげてかけるようになる。

★DJ弁慶

■糞ブレイキン脳ブレイキン•リリィ/マキシマムザホルモン

日本のハードコアバンド。
2005年、MTVで初めて彼らのCMを見たときは度肝を抜かれ
「恋のメガラバ」がオリコンにチャートインした時は
X JAPANを見ているのと同じ快感を覚えた。
自らをポップアイコン化させ
ハードコアは誰しもが楽しめるものであると証明したバンド。

■Love at First Sight/Fear,and Loathing in LasVegas
http://www.youtube.com/watch?v=NsOQm7A7hMo
■Brain Wash/THREE LIGHTS DOWN KINGS
■Trapped/NEWBREED

日本のスクリーモバンド「Fear,and Loathing in LasVegas」。
ラウドロックシーンにスクリーモブーム、ダブステップ、
ドラムンブームを巻き起こした。
2010年、初めて見たときに2stepしながら演奏する姿を見て衝撃をうける。
機械的な高音やデジタルサウンドがアニソンやボーカロイドといった
シーンも彷彿させる。
Fear,and Loathing in LasVegasから
THREE LIGHTS DOWN KINGSは2007年結成。
NEWBREEDは2003年結成。と最新エレクトロバンド。

■Dance,Dance/Fall Out Boy
http://www.youtube.com/watch?v=C6MOKXm8x50

アメリカのエモロックバンド、フォール・アウト・ボーイ。
2013年活動再開。春にONE OK ROCKとの対談も。

■Hi-Ho/hide
http://www.youtube.com/watch?v=yv7eapMS0rw

hide7枚目のシングル。
TVでいろんな派手な人たちが出てくる
演出に度肝を抜いた曲。

■New Horizon/Flyleaf
http://www.youtube.com/watch?v=4QR9Q4IK5nU 

アメリカのスクリーモバンド。
重々しいサウンドに
透明感のある女性ボーカルが特徴。

■ネガティブダンサー/MUCC

2012年に出したシングルのカップリングであり
エレクトロダンスミュージックさを前面に出した作品。

■Got The Time/Anthrax
http://www.youtube.com/watch?v=be7iNHw8QoQ
■GLORIA/摩天楼オペラ
http://www.youtube.com/watch?v=nekJM9IxPO8

1980年を代表するメタルの代表格、アンスラックス。
ジョー・ジャクソンの代表曲のカヴァーから
2007年結成、日本のメタルバンド摩天楼オペラへ。
摩天楼オペラはその名前にもある通り
オペラを彷彿させるボーカルスタイルが特徴の
シンフォニックメタルバンド。

■Bring It/Dragon Ash
■Doubt '97(Mixed Lemoned Jelly Mix)/hide
http://www.youtube.com/watch?v=kpcqMTKud90

重いギターリフが炸裂する「Bring It/Dragon Ash」
からhideの楽曲の中でもよりヘビーな「Doubt '97」へ。
鳥肌がたつすばらしい流れでした。

■百合の咲く場所で/Dragon Ash
http://www.youtube.com/watch?v=ChFdzJsbjRU

たぶん木下先輩が一番聞かせたかった曲。
静かに静かにはじまってサビにはいると
いきなり爆発的なサウンドになる曲の展開がDA的であり
感情を出すことを許してくれているよう。

★ネモト×キャン

■Erase/hide

hideセカンドソロアルバムの二曲目。
Eraseの意味はぬぐい消す。
「えらい事してしもうた やり直せるなら もう二度とバカはしないと誓います」

■Dead!/My Chemical Romance
http://www.youtube.com/watch?v=ORsFFjt1x6Q

マイ・ケミカル・ロマンス。アメリカのロックバンド。
メンバーが日本ひいきであえることでも知られ
楽曲にも邦楽っぽさが感じられる。
ブラックユーモアあふれるPVも素敵。
今年春に解散が発表された。

■Change of Pace/DOACOCK
http://www.youtube.com/watch?v=OKiti6bTo9Q

日本のロックバンド。
初めて聞いた人も思わず口荒んでしまうようなハッピーチューンで
ありながら、イントロや間奏などに見え隠れする
メロコア的な要素も魅力。

■Riot/Bullet for My Valentine
http://www.youtube.com/watch?v=IE9YmOprijk

イギリスのヘヴィメタル・バンド、ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン。
疾走感あふれるギターのリフと力強いドラムの音が印象的なAメロから
後半のブレイクダウンさせる部分がかっこいい。
間奏部分の演奏ではヘヴィメタル全開!

■KiLLiNG ME/SiM
http://www.youtube.com/watch?v=vyUMYYc8lxU

日本のレゲエパンクバンド。
「Riot」同様、疾走感あふれるギターのリフと
力強いドラムの音が印象的であり
レゲエを下地に新しいスクリーモロックを創立させた。
随所に盛り込まれるボーカルの声色の変化も素晴らしく、
聞くたびに発見と興奮がある一曲。

■Pose/Zilch
http://www.youtube.com/watch?v=5Z_q4F1DW_o

国籍やジャンルにとらわれない音楽をしようと
hideを中心としたユニット。
hideがソロ名義でリリースしたものより
よりヘビーに再構築されている。

■Child Prey/DIR EN GREY
http://www.youtube.com/watch?v=dS_m9kldwug

日本のバンド、DIR EN GREYの2002年シングル。
2000年代に入り、よりハードコアな楽曲が目立っていくようになった中でのシングル。
Child Preyと繰り返される展開、サビでのキャッチーさ、
機械的なサウンドと人間らしさが共存するこの曲は
hideが目指した「サイボーク・ロック」という言葉も似合う。

★DJ増田勇一

■The Ides of March/Iron Maiden
http://www.youtube.com/watch?v=MK667IOHtsw

1970年~1980年代メタルブームの火付け役、アイアンメイデン。
インスト曲でありザ・オープニング曲。

■FISH SCRATCH FEVER/hide with Spread Beaver
http://www.youtube.com/watch?v=pPz6SNeKPrg

サイボークロックさよりも
hideの中ではロックンロール色、そして遊び心がふんだんにおしだされた楽曲。
hideの中でこの曲を選んだのはこの後に続く
1970~1980年代の選曲に合わせてなのかと感じました。

■Rocket Ride/Kiss
http://www.youtube.com/watch?v=PkYnKzOx5dY

1970年を代表するアメリカのロックバンド、キッス。
派手な風貌とライブでのステージパフォーマンスなど
hideが多く影響を受け、ロックを始めるきっかけだったと
発言にはかならずでてくるバンド。
hideだけでなくTHE YELLOW MONKEYのべーシストheeseyさんなども
多く影響を受けていると発言しています。

■New Rose/The Damned
http://www.youtube.com/watch?v=rTfyUqVqX-0

1970年イギリスのロックバンド、ダムド。
ロンドンパンクの代表格。
ライブでhideがカバーしていたので知った曲の一つ。
(アドリブの歌詞がとてもhideらしくなってます)
初期X JAPANがもつロックンロールサウンドや
hideさんのギターソロなどに見られるパンキッシュなアプローチは
こうしたバンドからの影響なのではと納得。

■London Calling/The Clash
http://www.youtube.com/watch?v=RteJxZMkuWQ

こちらも1970年イギリスのロックバンド、クラッシュ。
早くて暴力的なパンクではなく、渋くて怪しげなサウンドに
かすれたジョーストラマーのボーカルのとマッチ感
犬の遠吠えを物まねなどに、ファンタジーさを感じる一曲。
ジャイアンナイトでは「I Fought the Law/The Clash」という曲が
おなじみです。車のCMで使われていたので知ってる方も多い曲。

■Suffragette City/David Bowie
http://www.youtube.com/watch?v=zLnPd7lzT4g

1960年代から活動する20世紀を代表するアーティスト、デヴィッド・ボウイ。
この楽曲は1970年に出したアルバムから。
自分の架空のロックスター「ジギー」として登場させ
そのキャラクターの個性やステージングを徹底させる姿勢は
hideさんに似ていると感じるところあり。
今年2013年、10年ぶりに活動再開。この曲は2008年にGLAYもカバーしている。

■Malibu Beach Nightmare/Hanoi Rocks
http://www.youtube.com/watch?v=50kHkfummnw

1980年代に活動したフィンランドのバンド、ハノイ・ロックス。
日本のZIGGYやBOØWYに多大なる影響を与えたといわれる。
ギターを弾く真似をしたくなったり、
途中のチャッチャッチャチャチャと手拍子したくなる部分だったり
モンキーダンスの似合う、ロックンロールの楽しさを詰め込んだ曲。

■Beast in Me/D'ERLANGER

1980年代を代表する日本のロックバンド。
kyoさん、Tetsuさんはhideが高校生の時に結成したサーベルタイガーのメンバーでもあり
X JAPANの同期ともいえるバンド。2007年に17年ぶりに活動を再開。
kyoさんのボーカルスタイル、Tetsuさんの力強いドラムスタイルは
多くのバンドマンが影響を受けています。

■PIKA BANG/THE SLUT BANKS
http://www.youtube.com/watch?v=AB-qLb6LoNo

1990年代~2000年まで活動、日本のロックバンド
ザ・スラット・バンクス。ホラーパンクバンド。
ベースの戸城 憲夫さんはZIGGYのメンバー。
ボーカルのTUSKさんはZI:KILLのメンバー。
(D'ERLANGERのTetsuさんもZI:KILLのメンバー:
ZI:KILLはエクスタシーレコード所属していた)
2007年に復活。

■Suckerpunch/The Wildhearts
http://www.youtube.com/watch?v=plBna98XZNQ

イギリスのロックバンド、ワイルドハーツ。略してワイハ。
ギターリフが前面に押し出されていて
演奏はハードなロックチューンでありながら
メロディーの人懐こさやキャッチーさが同居。

■GOOD BYE/OBLIVION DUST
http://www.youtube.com/watch?v=rNzPqr_xFms

1996結成の日本のロックバンド。
ボーカルのケン・ロイドさんはINORANとFAKE?も結成。
ギターのKAZさんは現・VAMPSメンバー。
独特な浮遊感があるのが特徴。

■THE GAME/ZEPPET STORE

1996年デビュー、日本のロックバンド。
OBLIVION DUST同様UKロックの影響を多くうけ
ギターサウンド中心で初期は全曲英詩だった。
hideさんが設立したレーベル「LEMONed」は
ZEPPET STOREを世に送り出すためだったとも言われる。
2011年に再結成。

■Space Money Punks From Japan/Zilch
http://www.youtube.com/watch?v=HLQNaObKfOA

■Thunder Kiss '65/White Zombie
http://www.youtube.com/watch?v=EI1ptKcOlHE

1985年結成。アメリカのハードロックバンド。
カラフルでサイケデリックなPVも素敵。

■Spider In The Brain/DEAD END
http://www.youtube.com/watch?v=MOL0Oayo9eA

1980年代に活動。
日本のハードロックシーンのレジェンド、デッドエンド。
20年ぶりの活動再開をしフォロワーを増やし続けている。

■冷血なりせば/DIR EN GREY

■War Ensemble/SLAYER
http://www.youtube.com/watch?v=Y2e47wBWTV8

アメリカのヘビーメタルバンド・スレイヤー。
メタリカ、弁慶がかけたアンスラックスなどと並んで
ヘビーメタルの代表的存在である。
聞いているだけでヘドバン好きへの挑戦かと思われるような
リズムの速さと音の重厚感には圧倒すらされる。
最初は難しいな、と思っていたのにかかわらず
曲を聴いて一心不乱にのってみることでその魅力がわかるようになりました。
この日の前日、ギタリストであり、オリジナルメンバーであるジェフ・ハンネマンが
肝不全により死去。
大谷ボスもメタル系のイベントだとかならずかけるバンドです。

★DJネモト

■Are you Gonna Go My Way/Space Cowboy

フランスのダンスミュージックプロデューサー・スペース・カウボーイ。
「Are You Gonna Go My Way」はレニー・クラヴィッツのカバー。
従来のロックとデジタルサウンドの融合させるDJスタイルを確立。

■CELEBRATION featuring hide/I.N.A. PATA HEATH
http://www.youtube.com/watch?v=DEPuqqM2PTA

もともとX JAPANの楽曲であったこの曲をhideがセルフカバーし、
音源化されてなかったものをI.N.A. PATA HEATHの三人が音源化。
従来のロックとデジタルサウンドの融合させるといった点で
Space Cowboyの楽曲ともリンク。

■Fortress Europe/Asian Dub Foundation
http://www.youtube.com/watch?v=eMXKt99W61A

イギリスのグループ、エイジアン・ダブ・ファウンデイション。
エレクトロなダンスミュージックに、エスニックな要素を融合。
無機質なデジタルサウンドだからこそ
本来音楽にあった宗教性がより浮き彫りになり
不思議な神秘性を生み出している。

■distance/MAN WITH A MISSION
http://www.youtube.com/watch?v=v59KwX32rg8

そしてラップ、ダンスミュージックのモードのまま。
マン ウィズ ア ミッションへ。

■NU ЯIOT/WAGDUG FUTURISTIC UNITY

THE MAD CAPSULE MARKETSのボーカル
KYONOさんのソロプロジェクト、通称ワグダグ。

■SEX BLOOD ROCK N' ROLL/VAMPS
■Know/System of a down
■(sic)/Slipknot

■Lassie/hide
http://www.youtube.com/watch?v=SordxWt20is
■Little Bitch/The Special

hide的スカナンバー「Lassie」
曲の中でテンポが多く変わる展開や
犬のものまねを入れる遊び心がなんともhideらしく。
スカつながりで、イングランドのスカバンド、ザ・スペシャルズ。
「ワンツーの曲」でよくテレビなどでも使われています。

■Endress Sorrow/HEY-SMITH
http://www.youtube.com/watch?v=3K1cRNlKKb4

まだまだスカナンバー。
2000年代に登場した日本のバンド。
ホーンメンバーがいるメンバー編成で、
「過激スカバンド」の頂点にいるかのようなバンド。
メンバーステージを所狭しと暴れながらの演奏スタイルは
圧巻であり、刹那的なその姿には感銘を打たれます。

■Anthem/Zebrahead
http://www.youtube.com/watch?v=6SMwEFA8I1Y

スカダンスで楽しみながら
HEY-SMITHのヘビーな曲調から
この底抜けに明るいナンバーへ。
90年代末~現在、日本でも人気の高いミクスチャーロックバンド、
ゼブラヘッド。
L'Arc~en~Cielのカバーアルバムに参加をしたり
今年サマーソニックにも登場。

■MISERY/hide
■金色グラフティー/ROTTENGRAFFTY

■Freaking Me Out/Simple Plan
http://www.youtube.com/watch?v=DbymcU62bys

カナダのロックバンド。
この曲は仙台ジャイコナイトの定番曲でもある。
↓Simple Planは2013年、ONE OK ROCKのTAKAとコラボも。
http://www.youtube.com/watch?annotation_id=annotation_990635&feature=iv&src_vid=l8yhDTN5sas&v=QBmTGlUmgpg

■Final Distnation/coldrain
http://www.youtube.com/watch?v=FAXLEqtYOns

2007年、日本のロックバンド。
激しさの中に、美しいメロディックなボーカルが特徴。
ドラムから始まって、そこにギターが絡まってくるイントロが最高にかっこいいです。
AD
いいね!(0)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:



キャン・タマコのブログ






目標まであと34枚





イベントまであと4日







■2013年5月17日金曜日

キャンタマコpresents

「キャンタマナイト!!!」


●会場:下北沢SHELTER

●時間:OPEN/START23:50(4:30終演予定)




↓イベント詳細チケット購入方法はこちら↓


http://ameblo.jp/giannight/entry-11502513989.html




===============================




キャンタマコが人生でグッときた曲だけをかけまくりみんなで踊り騒ぎ歌う一夜!

首とれます、 汗かけます、 声かれます、 そして、 泣きます!

AKBの総選挙なみの体感して ください!




ゼネラルマネージャー

大谷ノブ彦(ダイノジ)




================================




★ キャンタマコとは? ★




ジャイアンナイト所属。

ナルシストな性格ゆえ、ダイノジ大谷より「キャンタマコ」という芸名をつけられる。

ムック企画の「えん」やROCK IN JAPAN FESTIVALなどパフォーマーとして多数イベントに出演。

2011年V系DJイベント「CRASH AND BUILD」を立ち上げ、


hideオフィシャルイベント「CLUB PSYENCE」とコラボする。

2012年には爆発寸前のDJ浅井氏、heidi.などをゲストに迎え


ジャイアンナイト史上前代未聞の24時間DJイベントを決行。




キャンタマコ、次なる挑戦は5時間ワンマンDJ!




↓キャンタマコについてさらに詳しくはこちら↓

http://ameblo.jp/giannight/entry-11205504543.html




================================




↓イベントの内容で決まったことがあったらここに書いていきます↓




★<ジャイアン名物【シド割】>

4人1組でご来場された方は4名6000円でご入場頂けます!

本当なら7200円のところが、6000円だから1200円お得!!!!!

(メール予約のみ:メール予約の際にシド割と明記)




★キャンタマコfeat.ジャイアンナイト

4年間のネタ全部つめこみます!!!




★キャンタマコが大好きなバンド「シド」おおめです!




================================




【キャンタマコ的KW ※どんどん追加されます】




■ジャイアンナイトfeat.V


・セットリスト:2011/5/6ジャイアンナイトfeat.V-CRASH AND BUILD-

http://ameblo.jp/giannight/entry-10882830415.html




■クラビル


・セットリスト:2011/12/31池袋サイバーカウントダウンイベント

http://ameblo.jp/lyric014/entry-11124451059.html


・セットリスト:2012/1/30 CRASH AND BUILDセットリスト

http://ameblo.jp/lyric014/entry-11150193173.html



■LUNA SEA





■V-ROCK NIGHT


・セットリスト:2012/5/9V-ROCK NIGHT TOKYO vol.1

http://ameblo.jp/lyric014/entry-11245898550.html


・セットリスト:2012/7/6V-ROCK NIGHT TOKYO vol.2

http://ameblo.jp/lyric014/entry-11334843747.html






■PIERROT


・楽曲紹介:PIERROTについて

http://ameblo.jp/lyric014/entry-11081252448.html


・セットリスト:2011/11/19 PIERROT DJ EVENT 【FOLLOWERS CIRCUS】

http://ameblo.jp/lyric014/entry-11089848094.html




■DIR EN GREY


・ライブレポ:DIR EN GREY武道館<UROBOROS >

http://ameblo.jp/crbl2010/entry-10575086064.html


・ライブレポ:DIR EN GREY「THE UNWAVERING FACT OF TOMORROW TOUR2010」

http://ameblo.jp/crbl2010/theme-10025154270.html




■シド


・楽曲紹介:シドについて

http://ameblo.jp/crbl2010/archive1-201002.html


・セットリスト:2011/4/21シドナイトセットリスト

http://ameblo.jp/crbl2010/entry-10867891559.html




■メリー


■メトロノーム


■銀杏BOYZ


■マキシマム ザ ホルモン


・セットリスト:2013/2/9ヘドバン肉祭り

http://ameblo.jp/lyric014/entry-11470322918.html





■フラワーカンパニーズ


■Hysteric Blue




■LM.C


・ライブレポ:LM.C LIVE 2011「YAON de FEVER FEVER!!」

http://ameblo.jp/crbl2010/entry-10907467968.html


・ライブレポ:LM.C 2012 ~Go To The 5th Anniversary FINAL~

http://ameblo.jp/lyric014/entry-11136432106.html




■ヘドバン





■Janne Da Arc VS PIERROT

・セットリスト:2010/12/23CRASH AND BUILD vol.9=救世主、降臨=

http://ameblo.jp/crbl2010/entry-10745411743.html




■L'Arc-en-Cielでモッシュ


・セットリスト:2012/10/15暴ラルクNAGOYA

http://ameblo.jp/giko-night-nagoya/entry-11371357612.html




■GLAYでヘドバン


・セットリスト:2011/6/3 BURST【GLAY HEAD-BANGING NIGHT】

http://ameblo.jp/crbl2010/entry-10913934276.html


・セットリスト:2012/1/11【GLAY HEAD-BANGING NIGHT】

http://ameblo.jp/lyric014/entry-11133928274.html




■ムック


・セットリスト:2011/9/4ジャイアンナイトJAPAN9月3日の刻印

http://ameblo.jp/crbl2010/entry-11007226323.html


・セットリスト:2013/3/30ムックムッカームッケスト

http://ameblo.jp/giannight/entry-11512007048.html





■ゴールデンボンバー

・セットリスト:金爆合宿

http://ameblo.jp/crbl2010/entry-10994856222.html





■KAT-TUN

・セットリスト:暴れかつん祭り

http://ameblo.jp/crbl2010/entry-11030041786.html





■cali≠gari


・楽曲紹介:cali≠gariについて

http://ameblo.jp/lyric014/entry-11051430823.html


・セットリスト:密室合宿

http://ameblo.jp/crbl2010/archive1-201110.html




■林原めぐみ


■ラウドロック




■ギルガメッシュ


・ライブレポ:ギルガメッシュ完全燃焼!! ~やれんのか?野音~

http://ameblo.jp/lyric014/entry-11393065281.html


・セットリスト:ギルガメッシュ野音非公式前夜祭

http://ameblo.jp/lyric014/entry-11393220682.html


・セットリスト:ギルガメッシュ野音非公式アフターパーティー

http://ameblo.jp/lyric014/entry-11393165960.html





■Slipknot


■heidi.




■J


・ライブレポ:J「BARKS LIVE【10周年感謝祭】」

http://ameblo.jp/crbl2010/entry-10588481405.html




■hide


・CLUB PSYENCE 2012 feat. CRASH AND BUILD

http://ameblo.jp/lyric014/entry-11208288298.html




================================




キャンタマコTwitter

https://twitter.com/sacranment




キャンタマコfacebook

http://www.facebook.com/enu.nishiyama




イベントハッシュタグ #キャンタマ

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。