政府は10日、中国からの観光客を増やすため、年収25万元(約350万円)以上の富裕層に限定していた個人観光ビザの発給要件を7月1日から緩和し、中間層まで拡大する方針を固めた。ビザの申請窓口も現在の3カ所から7カ所に拡大するほか、申請を取り次ぐ旅行会社も増やす。
 7月からは、大手クレジットカード会社が発行する「ゴールドカード」を所持していることや会社の役職、収入などを総合的に判断して発給を決める。同カードの所有者はおおむね年収6万元以上(約85万円)となっている。世帯主本人が条件を満たせば、2親等以内の家族にも発給できるようにする。
 また、申請・発給窓口も北京、上海、広州の3カ所から瀋陽、大連、青島、重慶を加えた7カ所にするほか、ビザの申請を取り次ぐ旅行会社も現在の約50社から約300社に増やして、観光需要の増加に備える。 

草むらに50歳男性の変死体、靴は18m先で発見(読売新聞)
<真夏日>各地で記録、広島・加計では30.7度(毎日新聞)
【新・関西笑談】「カリスマ」のつくり方(1)モデル SHIHOさん(産経新聞)
母の日 青いカーネーション「ムーンダスト」出荷ピーク(毎日新聞)
<御殿場女性遺体>元夫の暴力、2月に児相に相談(毎日新聞)
AD