宮崎刑務所(宮崎市、角田康彦所長)は23日、受刑者を収容した部屋の室温を約38度に上げて虐待したうえ、隠蔽(いんぺい)するため関係書類を偽造したとして、男性刑務官4人を特別公務員暴行陵虐、虚偽公文書作成容疑で宮崎地検に書類送検した。

 また、この問題で福岡矯正管区の事情聴取を受け、今年3月に自殺した男性処遇部長(55)(当時)について、同刑務所は被疑者死亡のまま両容疑で書類送検した。

 同管区は「受刑者から体調不良などの訴えはなかった」と説明している。

 同管区は23日、処遇部長以外の4人のうち当時の主任矯正処遇官本村敬彦容疑者(47)を懲戒免職、首席矯正処遇官(46)と統括矯正処遇官2人(52歳と36歳)を停職6か月の懲戒処分とした。

 ほかに監督責任を問い、当時の畑江裕二刑務所長(57)を減給2か月(10分の1)にした。それぞれの現在の肩書は明らかにしていない。

 発表によると、5人は2008年7月24日午後3時頃から同25日午後3時50分頃までの間、50歳代の男性受刑者を所内の保護室に収容。この間に、床暖房をつけて室温を上昇させて虐待した疑い。

 本村容疑者は同日、別の職員が書いた「保護室動静記録表」の室温「38度」を「28度」に改ざん。この受刑者が同年8月、同管区の定期監査で「温度が高すぎた」と苦情を申し出た後の9月下旬、5人は改ざんが発覚しないよう、「28度」と書いた虚偽の内容の記録表を新たに作成した疑い。

 保護室に移したのは受刑者が大声を出して暴れたためとしている。5人は調べに対し「受刑者の日頃の態度が悪く、懲らしめるためにやった」などと容疑を認めているという。

 管区が昨年11月、宮崎刑務所職員による別の問題で調査を始め、書類改ざん疑惑が浮上した。処遇部長の遺書には事件を苦にする内容の文言があった。

 記者会見した国吉高虎・福岡矯正管区第1部長は「組織ぐるみと言われても仕方がない」と陳謝した。

 宮崎刑務所は23日現在、受刑者や刑事裁判の被告ら486人を収容している。

 刑務所視察などの活動を行っている塩地陽介弁護士によると、19日の視察の際に説明はなかったといい、「根深い隠蔽体質があることが浮き彫りになった。閉ざされた空間で国民の目が届きにくく、根本的に体質を変えないといけない」と指摘した。

舛添新党は「第3自民」=みんな・渡辺氏(時事通信)
<普天間問題>社民幹事長、徳之島移設案に反対(毎日新聞)
<阿部真理子さん>死去、51歳=イラストレーター(毎日新聞)
<器物損壊容疑>また教会に消火器 関西で50件以上発生(毎日新聞)
民需拡大のため「宇宙庁」を=前原担当相に有識者ら提言(時事通信)
AD