インターネット上で「アトピーに効く」などとうたい、エタノールなどを混ぜたシャンプーを販売したとして、警視庁は24日、新潟県上越市大潟区九戸浜、無職山岸辰夫容疑者(58)を薬事法違反(無承認医薬品の無許可販売)の疑いで逮捕した。

 発表によると、山岸容疑者は昨年1~9月、市販のシャンプーにエタノールや緑茶の葉などを混ぜて作ったシャンプーをネット上で「アトピーや脂漏性皮膚炎に効く」などと宣伝し、厚生労働相の承認を受けずに都内の男性ら6人に計18個(計2万7000円)を販売した疑い。

 同庁幹部によると、このシャンプーは「レイフォスター」の商品名で、山岸容疑者は自作サイトやネットオークションを使い、1本1500円で約250人に販売したという。

派遣法案、来月に国会提出=要綱「妥当」と答申-厚労省審議会(時事通信)
<未成年後見人>施設入所児らへ選任、134人 過去20年(毎日新聞)
刺身パックに針混入=75歳男を現行犯逮捕-三重県警(時事通信)
自民が審議復帰=議長不信任案など否決-衆院(時事通信)
「組み替え動議」提出へ、22年度予算で自民党(産経新聞)
AD