自民党の谷垣禎一総裁と大島理森幹事長は21日午前、党本部で歴代幹事長と会談し、民主党の小沢一郎幹事長に対し、与野党幹事長会談の開催を強く要求するとともに、「政治とカネ」や口蹄(こうてい)疫問題に関する衆院予算委員会の集中審議を求めるなど攻勢を強めていくことで一致した。

このほか、会談では、夏の参院選について「東京や大阪、愛知といった大都市で自民党候補が苦戦している」(大島氏)と分析。新党候補の乱立や、橋下徹大阪府知事が代表を務める地域政党「大阪維新の会」の影響で地方議員の動きが鈍ったとして、重点的にてこ入れを図ることも申し合わせた。

会談には細田博之、中川秀直、古賀誠、加藤紘一の各元幹事長や河村建夫選対局長らが出席した。

【関連記事】
野田聖子氏が総裁選意欲 “谷垣降ろし”とは一線
「対北追加制裁検討を」 自民・谷垣氏
口蹄疫 普天間に次ぐ「失政」に自民、攻勢へ
「参院のドン」引退へ 派閥政治の終焉象徴 青木幹雄・自民前参院議員会長
小沢氏3回目の聴取、「当然」と野党 証人喚問要求し追及
中国が優等生路線に?

鳩山首相、普天間合意「現行案に戻っていない」(産経新聞)
鳩山首相「社民党には連立の中で頑張ってもらう」(読売新聞)
首相が県内移設を謝罪 訓練移転を全国知事に要請(産経新聞)
私立高の野球部員、寮で死亡…練習中に頭強打(読売新聞)
埋却地提供「できる限り協力」=口蹄疫で、基地周辺用地―防衛省(時事通信)
AD