24、25日実施の産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査では「次期首相に最もふさわしい政治家」として、新党改革を結成し代表に就いた舛添要一前厚生労働相が引き続きトップに立った。調査直前に結成した「新党改革」の認知度はほとんどないが、「首相を目指さなければ政党の意味はない」(舛添氏)と、人気頼みの戦略を続けざるを得ないようだ。(峯匡孝)

 舛添氏は前回調査(3月20、21日)比で5・6ポイントも人気を落としたが、それでも「新党改革」を支持する層の45・5%をはじめ、無党派層の14・7%、自民支持層で12・7%、民主支持層からも8・1%の支持を得て、党派を超えた根強い人気をみせた。

 対照的なのは、参院選比例代表の投票先を尋ねた設問で、自らの政党「新党改革」が2・5%しか得られなかった現実。「舛添人気」が新党に結びついていないのは明らかだ。舛添氏は自身を、民主党でも自民党でもない「第三極の顔」に位置づけることで、党の劣勢をはね返す戦略で、他党との共闘も模索する。

 一方、支持率が低迷する鳩山由紀夫首相に代わり、民主党側で首相の座が期待されているのは、舛添氏に続き、調査で2位につけた前原誠司国土交通相(8・5%)だ。高速道路料金の見直しをめぐり、異論を唱えた民主党の小沢一郎幹事長に毅(き)然と反論したことが好感され、前回より3・4ポイントアップした。鳩山首相本人は政権発足後から連続して下落し、今回は3・6%にまで落ち込んだ。

 堅調に人気を高めているのが、みんなの党の渡辺喜美代表だ。党の支持率に比例して個人人気も上昇する安定した支持拡大で、今回は6・1%を得て4位。

 力が見られないのは最大野党の自民党。石破茂政調会長4・0%、谷垣禎一総裁1・9%と元気がない。たちあがれ日本の平沼赳夫代表は0・8%だった。

【関連記事】
過剰な演出に??やりすぎ“舛添商法”早くも不発のワケ
内閣支持率、さらに下落22.2% 産経・FNN合同世論調査
舛添氏、参院選目標10議席 第三極で政策一本化し選挙協力も
第三極で選挙協力も 参院選目標は10人 舛添代表
舛添新党 自民は崩壊の危機直視を

<3カ月予報>5~7月 太平洋高気圧弱く北日本は気温低め(毎日新聞)
自閉症治療にホルモン有効=長期投与で初確認-金沢大など(時事通信)
宮崎の牛、口蹄疫疑い2例目(産経新聞)
舛添2ショットポスター慌てて回収 参院選の自民予定候補「無責任だ…」(産経新聞)
「新しい公共」を公約に=フォーラムで首相表明(時事通信)
AD