兵庫県明石市で2001年7月、花火大会の見物客ら11人が死亡した歩道橋事故で、検察審査会の起訴議決を受け、検察官役の指定弁護士は20日、検察審査会法に基づき、榊和晄・元県警明石署副署長(63)を業務上過失致死傷罪で神戸地裁に起訴する。
 法的強制力を持つ起訴議決制度が昨年5月に導入された後、初の起訴。神戸地検は嫌疑不十分で不起訴としていた。元副署長は過失を否認しており、公判でも争うとみられる。
 指定弁護士は、神戸第2検察審査会が今年1月に議決した内容に基づき起訴状を作成。神戸地検の事務官が20日午前、神戸地裁に提出する。 

コウノトリ 野生と放鳥のペアからひな 兵庫・豊岡の公園(毎日新聞)
【高速道路新料金】 身内からも異論「四国だけなぜ高い」(レスポンス)
二条城にアライグマ出没か=国宝や重文につめ跡50カ所-京都(時事通信)
死因は窒息死と判明=手か柔らかい布で首絞める-78歳女性強盗殺人・山口県警(時事通信)
官房長官、移設説得へ徳之島乗り込みにも意欲(読売新聞)
AD