作家で脚本家の星川清司(ほしかわ・せいじ<本名・清=きよし>)さんが08年7月25日、肺炎のため亡くなっていたことが9日、分かった。86歳。葬儀は家族で済ませた。

 映画「眠狂四郎」シリーズの脚本を手がけ、90年には小説「小伝抄(こでんしょう)」で直木賞を受賞。生前は1926年生まれと公表していたが、実際は受賞時68歳で、日本文学振興会によれば65歳で受賞した古川薫さんの最年長記録を上回ることになる。

<多摩市長選>無所属新人の阿部氏が初当選 東京(毎日新聞)
高杉晋作記念館、遺品展示できず…ひ孫が断る(読売新聞)
日本医師会で花束が発火、床など焼ける(産経新聞)
参加目標は10万人規模=25日の普天間県内移設反対集会-沖縄(時事通信)
日中戦争めぐり首相「やられた方は覚えている」 (産経新聞)
AD