週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスの野村克也名誉監督の妻、沙知代さん(78)が、発行元の新潮社に3300万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。提訴は10日付。

 問題となったのは、今月3日発売の同誌6月10日号の記事。沙知代さんが5月に両国国技館(東京)で開かれた大相撲夏場所を土俵近くの維持員席で観戦した際、隣に座った指定暴力団組長の妻と何度も談笑していた、などと報じた。訴状では「隣の女性は見知らぬ人で素性を知るよしもなかった。読者は(沙知代さんが)暴力団と密接な関係にあるとの印象を抱くことは明らか」としている。

 週刊新潮編集部の話「記事は客観的事実を報じたものだ」

選挙準備を優先…民主・河上議員、目立つ国会欠席(読売新聞)
子宮頸がんワクチン接種の費用助成、全市町村で―山梨県(医療介護CBニュース)
「国民社会保障番号の導入で医療・介護情報の共有化を」(医療介護CBニュース)
<動画>「ユーチューブ」使い違法配信 中3少年を逮捕(毎日新聞)
<南アW杯>ライオンはどこの国…神戸でオリジナルカクテル(毎日新聞)
AD