29日午後1時10分ごろ、愛知県一宮市千秋町塩尻の名神高速道下り線・尾張一宮パーキングエリア(PA)に止められていたキャンピングカー内で、同県小牧市曙町、保険代理業、河合重康さん(46)と長男の高校1年、博之さん(15)が倒れて死亡しているのを、中日本高速道路のパトロール担当社員が発見した。検視の結果、2人とも一酸化炭素中毒死で、23日死亡したとみられる。車内に焼き肉をした跡があり、県警一宮署は2人が焼き肉をしていて中毒死した可能性が高いとみて調べている。

 同署によると、河合さん親子は22日に自宅を出て、同日午後10時ごろ、河合さんから妻(46)に「今、焼き肉を焼いている」と電話があったという。23日になっても帰宅しないため、妻が同日夜、地元の県警小牧署に家出人捜索願を出していた。

 キャンピングカーは5000CCのトラックを改造したタイプ。運転席と居室部分(高さ約3メートル)を合わせた長さは5メートル50センチ。2人は居室部分の別々のベッドで倒れていた。居室内には練炭が残ったコンロと焼き肉やビールの空き缶が残っていた。居室内の小窓が開いており約5センチのすき間があった。

 中日本高速道路によると、捜索を続けていた県警から29日午前に管内のPAなどに該当車両がないか調査の依頼があったという。【式守克史、村社拓信】

【関連ニュース】
パロマ工業中毒死:元社長ら有罪確定 被害者母「悔しい」
山陽新幹線:作業員がCO中毒 「六甲トンネル」内で
パロマ工業中毒死:元社長ら控訴せず 有罪確定へ
平塚タクシー強殺:駅乗車の客が事件に関与疑い
一酸化炭素中毒:塗装会社社員が死亡 新日鉄君津で作業中

<人事院>新規採用者を抑制 11年度は13人に(毎日新聞)
普天間移設 首相、政府方針は閣議で 福島氏は署名拒否へ(毎日新聞)
本四高速料金「現時点で見直さず」=首相の「理解」発言に―前原国交相(時事通信)
四国、近畿、東日本各地で大雨警報(読売新聞)
現代のエコアイテム? 「京うちわ」づくり最盛期(産経新聞)
AD