選挙運動でのインターネット利用に関する各党協議会が12日午前、国会内で開かれ、民主党の桜井充参院政審会長は、選挙期間中のホームページ(HP)とブログの更新を解禁する案を提示した。他党から反対意見は出なかったが、地方選の対応や動画の扱いなど、論点を整理した上で改めて協議することになった。
 民主党は、他党の同意が得られれば今国会で公職選挙法を改正し、夏の参院選から実施したい考え。協議会では、将来的には電子メールやツイッター(簡易ブログ)も含めた全面解禁を目指す方針で一致。出席者からは、他人による成り済ましや中傷への対策を求める意見も出た。 

【関連ニュース】
ネット選挙、一部解禁へ=参院選からHP更新
ネット選挙解禁法案を提出=自民
ネット選挙、参院選解禁目指す=与野党
ネット選挙解禁へ協議機関=与野党
自民・谷垣氏が「つぶやき」開始=党首討論の意欲つづる

徳之島案表明に3町長「民意は変わらず」(読売新聞)
お疲れさま…高速道のUターンラッシュ本格化(読売新聞)
<東京都文京区>男性職員が初の育休取得 区長「うれしい」(毎日新聞)
<小沢幹事長>「リーダーシップも…」内閣支持率急落の原因(毎日新聞)
鳩山首相元秘書の有罪確定=偽装献金事件-東京地裁(時事通信)
AD