東北福祉大は6月12日、介護予防や健康増進について学ぶ「生涯現役エキスパート講座」を開講する。定年退職後の高齢者などを対象とし、認知症予防を中心に新たな健康増進モデルを提案。地域で活躍する生涯現役の秘訣を指南する。

 新たな健康増進モデルを、定期的な健康状態の確認とその結果への適切なアドバイス、効果的な運動のサイクルと位置付け、心身を活性化する土台をつくることを目的とする。

 健康状態の確認は、「脳機能測定」と「体機能・運動機能測定」を実施。これを受け、目的別の運動などから成る「メディカルフィットネス」や絵画などの「臨床美術」を行う。

 講座は、土曜コースを6―8月と9―12月、木曜コースを来年1―3月に開く。場所は同大ステーションキャンパス館。定員は40人。受講料は2万8000円。


【関連記事】
介護予防チェックリスト、実施率は約3割―厚労省調査
介護予防モデル事例をヒアリング-東京都の推進会議
介護予防マニュアルを改訂-厚労省
要介護認定非該当者を特定高齢者の候補者に―厚労省
介護予防事業「聞いたことがない」6割近く

老人介護施設で8千人が「虐待」の身体拘束(医療介護CBニュース)
女性アナ派遣見送り サッカー南アW杯(産経新聞)
延期の首相会見、午後7時の見通し…方針決定後(読売新聞)
仲井真沖縄県知事が日米合意案に不快感(産経新聞)
交通事故 保育園のワゴン車が衝突 園児ら10人病院へ(毎日新聞)
AD