9日午後0時40分ごろ、大阪発羽田行き日本航空116便ボーイング777―200型機(乗客乗員214人)が離陸直後、油圧系統にトラブルが発生した。同機は目的地を関西空港に変更、同1時15分ごろ着陸した。けが人はなかった。同社が原因を調べている。
 同機が着陸した滑走路上に幅約3メートル、長さ約100メートルのオイル漏れが見つかったため、同空港はこの滑走路を約2時間閉鎖。離着陸をもう1本の滑走路に振り替えたため、他の便への影響はなかった。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
特集・エールフランス機墜落
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故
〔写真特集〕航空ファン必見「航空科学博物館」
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真

<O157>感染者、3校で計17人に 6人が入院…津(毎日新聞)
JR東海、新たに社員80人が不正乗車関与(読売新聞)
<荒井戦略相>コミック、CDなどの領収書 事務所費問題(毎日新聞)
菅内閣が本格始動=菅首相、記者団に「おはよう」のみ(時事通信)
元夫の自宅に放火=容疑の32歳女を逮捕―警視庁(時事通信)
AD