直嶋正行経済産業相は10日、都内で講演し、消費税率について「いずれ上げる必要がある」との認識を明らかにした。その上で、「社会保障を考えたら、消費税をその財源に充てるのが一番だ。必要なことをやった上で、増税をお願いする時期がいずれ来る」と述べ、歳出の無駄削減に取り組んだ後、福祉目的税化と一体で消費税増税を打ち出すのは避けられないとの考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

県外移設、閣僚懇で要求=普天間問題で福島氏(時事通信)
拳銃?強盗、1・3億円奪う 千葉で2人組(産経新聞)
民主、地方議員も与党ボケ? 批判ほぼなし(産経新聞)
京都宇治・三室戸寺のツツジ満開(産経新聞)
美容と健康に効く!“真っ黒メニュー”が登場(産経新聞)
AD