鳩山由紀夫首相は21日午後、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、米政府が普天間の継続使用かキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移す現行案の履行しか認めないとの一部報道について「承知していない」と述べた。また、「米国も現行案がベストだと思っていると思うが、それだけにとらわれない幅広い考え方も持っていると思う」との認識を示した。都内で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
閣僚会議で県外移設の議論を=社民党首
鳩山首相と関係閣僚が23日協議=政府案決定へ詰め
勝連半島沖への移設に反対=普天間移設で意見書
普天間「県外移設、難しい」=鳩山首相認める
県内移設2案、重ねて拒否=仲井真沖縄知事

伊丹空港存廃、大阪と兵庫の議会も対決姿勢(読売新聞)
84歳女性殺される=窒息死か、自宅で発見-兵庫(時事通信)
百貨店→駅 高級店舗が続々シフト(産経新聞)
【ゆうゆうLife】認知症の運転中止 家族向けマニュアル作成(産経新聞)
<外壁材落下>重さ4キロ、強風で? 北九州市の高架橋(毎日新聞)
AD