名古屋高検は、男性検事(44)が女性のスカート内を盗撮しようとしたとして、愛知県警から県迷惑防止条例違反の疑いで任意で取り調べを受けていると15日発表した。

 現在は業務に携わっていないといい、同高検は県警の捜査を待って処分を検討する。

 同高検によると、この検事は今月8日朝、名古屋市千種区のバス停で、近くに並んでいた女性のスカート内をカメラ付き携帯電話で撮影しようとした疑いが持たれている。検事は同日、電話で上司に報告し、事実関係を認めたうえ、目撃者がいたため撮影は断念したと話しているという。

 検事は1995年に任官し、2008年に同高検に配属され、脱税などの経済事件を担当している。

 同高検の松井巌次席検事は「被害者や関係者に多大な迷惑をかけただけでなく、国民の検察に対する信頼を大きく損ない、深くおわびする」と謝罪した。

<天気>降雪、強風で交通機関乱れる(毎日新聞)
将棋 中飛車から急戦へ 王将戦第6局(毎日新聞)
核持ち込みの事前協議「常に拒否」見直しへ(読売新聞)
ケージ、すき間だらけ=新たに142カ所-構造上の問題か・環境省(時事通信)
7人焼死火災、グループホーム運営会社など捜索(読売新聞)
AD