岡田克也外相は24日午後、米海軍基地のある長崎県佐世保市を訪れ、朝長則男市長と会談した。外相は核兵器を搭載した米艦船の寄港に関する日米間の密約問題をめぐる調査結果を説明し、「国として市民に非常に不誠実な対応をしてきた」と述べ、陳謝した。また、非核三原則を堅持する方針は変わらないと伝えた。
 市長は5日、「寄港する米艦船が核兵器を搭載していないことをどのように担保するのか」との質問状を首相官邸や外務省に提出。これに対し、外相は24日の会談で「1991年以降、米国の核政策が変わり、艦船や航空機に核を積むことはない。(核弾頭搭載可能な巡航ミサイル)トマホークの退役により核が入ってくることはない」と指摘し、理解を求めた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】無人機プレデター&リーパー~忍び寄る死神~
【特集】緊迫!朝鮮半島~金総書記、軍事訓練を異例の視察~
〔特集〕真珠湾攻撃~ワレ奇襲ニ成功セリ~
〔特集〕F35ライトニング戦闘機~次期主力戦闘機の有力候補~

2つの政党が略称「日本」で 中央選管が受理(産経新聞)
港区の不動産会社などを告発  東京国税局(産経新聞)
米国に「赤い靴の女の子」像設置=横浜〔地域〕(時事通信)
谷垣氏「地検は絶対権力者の真実解明を」 小沢氏起訴相当で再捜査求める(産経新聞)
介護報酬191万円、不正混じりで全額返還へ―大阪市の事業者(医療介護CBニュース)
AD