中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、警察庁は27日、中国公安省からの情報として、製造元「天洋食品」の元臨時従業員・呂月庭容疑者(36)に適用された逮捕容疑は「危険物質投入罪」だと発表した。

 有機リン系殺虫剤「メタミドホス」をギョーザに混入させたことが、公共の安全に危害を加えた行為にあたると判断したものとみられる。

 中国の刑法では、危険物質の投与により、人を死亡させたり、重傷を負わせたり、あるいは公私の財産に重大な損失をもたらした場合、10年以上の懲役、無期懲役、あるいは死刑に処すと定めている。

 日中間に犯罪人引き渡し条約がないため、代理処罰などの要請を検討している警察庁は、近く捜査幹部を中国に派遣することを決めた。

ニコン、タッチシャッター搭載モデルなどコンデジ「COOLPIX」の一部を発売延期
韓国に不正送金で女4人逮捕=「現金運び役」初の摘発-埼玉県警(時事通信)
足利事件再審 判決要旨(4)(産経新聞)
風で足場倒れ電柱直撃、200世帯が停電…京都(読売新聞)
4月の気温、北日本で低め=5月は全国的に高め-気象庁(時事通信)
AD