奈良県警の警察官から紹介された暴力団組長に金をだまし取られたとして、大阪府内の不動産会社社長の女性(46)が4日、組長ら計8人と奈良県を相手取り、計約3億4700万円の損害賠償などを求める訴訟を大阪地裁に起こした。組長を紹介するなどした県警の警察官2人は、暴力団と不適切な交際があったとして先月、懲戒免職された。

 原告の社長の弁護士によると、社長は04年6月、男性巡査部長(当時)から暴力団組長を紹介された。その後、組長から「暴力団を辞めるために資金が必要」「土地買収に必要」などと言われ、05~08年、数回にわたり計3億円以上を組長からだまし取られたとしている。また社長は06年5月、男性警部補(同)から借金を申し込まれ、組長を連帯保証人に120万円を貸したが、うち50万円が返済されていないとして返還を求めている。

 弁護士は「捜査員が一般市民に暴力団組長を紹介すること自体が職務上の義務に違反する」と主張している。【日野行介】

 奈良県警監察課の話 訴状を見ていないので、コメントは差し控えたい。

【関連ニュース】
少女買春容疑:神奈川県警巡査逮捕へ
兵庫県警:巡査 「いい女の子紹介して」と交通違反見逃す
銃刀法違反:容疑の警官逮捕 改造拳銃を所持 福岡
児童買春:17歳を買春容疑、県警巡査を逮捕--神奈川
児童買春:容疑で20代巡査逮捕へ--神奈川県警

鳩山首相、頬ゆるませ親指立て 「続投ですか」に首相余裕(産経新聞)
民主・石井一議員の自宅から1000万円盗難(読売新聞)
地デジ普及へ阪神・鳥谷らがPR 甲子園球場(産経新聞)
フェラーリ型のジェットコースター…中東アブダビに誕生
中国人観光客向け商戦過熱 デパートで、家電量販店で(産経新聞)
AD