前線を伴った低気圧が黄海にあって北東に進んでいるため、23日から24日にかけて、西日本から東日本までの広範囲で大雨となる見込みで、気象庁は低地での浸水や土砂災害などへの注意を呼び掛けている。

 同庁によると23日午前4時50分現在、九州では1時間に50ミリを超える非常に激しい雨が降っているところがある。

 24日午前6時までの24時間に予想される雨量は、九州南部・奄美地方と四国地方400ミリ、近畿南部と東海地方350ミリ、山口県を含む九州北部地方300ミリ、近畿中部200ミリ、中国地方180ミリ、沖縄地方と関東地方120ミリ、東北地方の太平洋側60ミリとなっている。

 また、寒冷前線の通過時には竜巻などの激しい突風の恐れもあるという。

乳酸菌飲料「ピルクル」に酵母混入、自主回収(読売新聞)
「浜教組への警告文書は適切」文科相が支持 教科書不使用指示で(産経新聞)
<参院選>自民、「青木」ブランド継続 長男を擁立(毎日新聞)
「宝くじ販売停止」ヤジと拍手わく興奮状態(産経新聞)
連立離脱か残留か、悩む社民…普天間問題(読売新聞)
AD