前原誠司国土交通相は15日、昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)で、事業中止を明記した川辺川ダム(熊本県相良村)と八ツ場ダム(群馬県長野原町)について、参院選マニフェストでは「現状の記載を(党に)求めていきたい」との認識を示した。群馬県板倉町で開かれた国や地元自治体などによる利根川水系の水防演習に出席後、記者団に述べた。
 川辺川ダムは、蒲島郁夫熊本県知事が建設反対を表明し、国交省と県、関係市町村がダムによらない治水対策を協議している。八ツ場ダムについては、同相が本体工事の中止を打ち出し、現在、同省の有識者会議で事業の再検証を進めている。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

国際定期便、10月末就航=羽田の新滑走路完成で―前原国交相(時事通信)
<H2A>金星探査機「あかつき」搭載し発射場へ 種子島(毎日新聞)
普天間問題 首相「平和のためにも5月末決着」(産経新聞)
<展覧会>「語りかける風景」展 東京・渋谷で開幕(毎日新聞)
林葉直子さん、15年ぶり将棋復帰(スポーツ報知)
AD