自民党参院議員の藤井孝男・元運輸相は3日、岐阜市内で記者団の取材に応じ、与謝野馨・元財務相らが結成を目指している新党への参加について「週明けにも決めたい」と述べ、近く決断する意向を明らかにした。

 藤井氏は新党の設立目的について「民主党の単独過半数を阻止するためだ」と説明した上で、「自民党には30年くらいお世話になっている。簡単には抜けられない」と語った。自民党岐阜県連は離党を慰留しているが、藤井氏と会談した猫田孝・県連幹事長は「間違いなく離党するという感触を受けた」と話した。

普天間移設、月内一本化困難 首相が発言後退(産経新聞)
「キャバクラ労組」100人が歌舞伎町をデモ(スポーツ報知)
<強姦>時効寸前、男を起訴 水戸地検(毎日新聞)
<ロボット>実在の女性そっくり「妹ができたみたい」 阪大教授ら開発(毎日新聞)
<北海道4児死亡>車内に使い捨てライター、紙に引火か(毎日新聞)
AD