2006-11-29

『ドラマ 「のだめカンタービレ」 ミュージックガイドブック 2006年 12月号』

テーマ:
『ドラマ 「のだめカンタービレ」 ミュージックガイドブック 2006年 12月号』
ドラマ内に登場する雑誌「CLASSIC LIFE」の記事として、ミルヒーと千秋のフォトグラフィーも掲載。ドラマ内で演奏される主なクラシック曲5曲の楽譜も。わー。
【内容】
■カンタービレ・インタビュー ~出演者に聞く"のだめ"でわかった○なこと×なこと
 上野樹里(野田恵役)
 玉木宏(千秋真一役)
 竹中直人(シュトレーゼマン役)
 NAOTO(ヴァイオリニスト)

■桃ケ丘音楽大学学生、野田恵と千秋真一の学校生活案内
 野田恵と千秋真一
 桃ケ丘音楽大学のオーケストラの世界へ、ようこそ
 Sオケ成長の日々を追う ~シーン紹介&あらすじ
 友達模様、晴れのちハッピー ~登場人物相関図
 付録:キャンパスのこんなファッション、あんな流行りもの etc.

■レガート・インタビュー ~音楽家に聞く僕らの中の情熱と衝突を聞いてほしい
 ジェイムズ・デプリースト(指揮者)
 服部隆之("のだめ"の作曲家)
 外山啓介(ピアニスト)
 茂木大輔(オーボエ奏者)

■"のだめ"をめぐって本格的クラシック雑学をしよう
 のだめオーケストラ楽曲解説
 天才作曲家は奇人変人!?
 どこか"のだめ"的? 巨匠と世界のオーケストラ etc.
 15の楽器について15のお話

■巻末「クラシック・ライフ」特別掲載
 ドラマ撮影にて実際に使用された(第6話 11/20放映分)記事を特別に掲載
  ・佐久間学の「夢色☆クラシック」
  ・フランツ・シュトレーゼマン・千秋真一 特大ピンナップ
 夢の共演! 巨匠と未来の巨匠のパッション・フォトグラフィー
  ・フランツ・シュトレーゼマン×千秋真一 撮りおろしフォトグラフィー
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-29

『関係としての自己』

テーマ:

木村敏の新刊、『関係としての自己』が出た。幸せ。もうこの数十日は、これだけで幸福。あぁ、嬉しいなー。至福。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-04

僧文是の霊

テーマ:
呪いの都市伝説 カシマさんを追う読了。
都市伝説「カシマさん」をさまざまな角度から考察した本。おもしろいよー。
この中で、僧侶の文是(ぶんぜ)の幽霊話が載っててなつかしかった。ぼくが聞いた話はこんな感じだった。

文是という名の僧侶がいて、盗賊に殺されてしまう。盗賊たちが、死体をさかさまに埋めてしまったので、文是は成仏できなくて、幽霊になってさまよってる。
この話を聞くと、翌日の夜に、あなたのところに僧文是の霊が現れる。彼は、天井に足をつけて、さかさまになって、あなたの顔を見て、「どうして、わたしは、このような状態なのだ?」と聞く。これに、ちゃんとした理由を答えないと、取り憑かれてしまう。
ちなみに「さかさまに埋められたから」なんて答えても、僧文是は納得してくれない。もっと得心のいく理由を答えなければならないのだ。


って書いてて思い出したけど、聞いた話はもうちょっと違ってた。
自分が他の人に話すときに、こんなふうにクイズよりに話したんだった。
あー、思い出した。聞いた話は、『呪いの都市伝説 カシマさんを追う』に載ってるのに近い話だった。

というわけで、僧文是は、どうしてそんな状態になったのか。こたえを見つけて寝ないと、文是の霊があなたのところに現れるやもしれませんぜ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-01

こころ

テーマ:
夏目漱石『こころ』を読んでいる。新潮文庫、378ページで、362円。って安い。同じぐらいのページ数の文庫で最近出たのだと500円超えてる。
平成16年、百四十五刷り。おおー。
漱石、ちゃんと読むのははじめて。
みなさんは、読んでたりしますか?
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2004-11-04

キスマーク

テーマ:
少女漫画で、「首筋にキスマークがついてたいへん!」みたいなことありますが、そんな経験ありますか?
少女漫画だと、なんかすぐキスマークつくのだけど、つくか?
少年漫画になると、なんか、キスマークがつくって、ないよね。Hなのでも。
何か、あるのかな。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2004-10-16

村上春樹『アフターダーク』異論

テーマ:
ExciteBooksにて『ベストセラー本ゲーム化会議:アフターダーク編』がアップされました。
村上春樹『アフターダーク』をめぐって、麻野・飯田の「これはダメでしょう」陣営VS米光の「いやいや傑作ですよ」。
さて、『アフターダーク』、あなたにとっては、おもしろかった、おもしろくなかった? もしくは、読んでない?
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。