過去記事まとめ
サンコン / モンドラ / ラカトニア / ドラクル / 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年06月20日(金)

#スマホログレス ロットとワンド

テーマ:スマホログレス
スマホログレス


6鯖が数日前にオープンし
今現在マジシャンをやってる。


で、
マジシャンは2種類の武器を装備できるのだ。
ロッドとワンドである。

ぶっちゃけどっちがどっちだかわかんなくなるし、
そもそもロッドとかワンドとかスタッフとってなんやねん?
ログレスの世界では、

ロッド=全体攻撃用低攻撃力
ワンド=単体攻撃用高攻撃力


という認識で大体間違いない。
特殊用途のサポート系もロッド系が多いかな?
とりあえず、
ロットとワンドは自分でも認識の自信が無いので、
今後私は、全体杖、単体杖という呼び名で識別する。


今時点での私の結論は、
マジシャンの武器は

全体杖1+単体杖4

が一番理想的であると考える。

そしてこれは、
闇全体杖+単体杖4
火全体杖+単体杖4
水全体杖+単体杖4
地全体杖+単体杖4
風全体杖+単体杖4

という構成で汎用性を持たせる。
光はねーんだ。何故だかしらん。




何でこう思ったかの前に、
ログレスの仕様を説明する。


すべての杖と装備の合計魔攻値
自分の「魔攻値」として計算し
その魔攻値xスキル倍率でダメージが算出される。
ジョブアビリティで、
単体杖の魔攻補正があるので、
攻撃力の高い単体杖をより沢山装備するのが望ましい。


全体杖と単体杖は実質2倍近い魔攻値の差がある。
5属性の全体杖を装備すれば
装備スイッチ無しで全属性に対応できるが、
実際の所、全体杖1単体杖4の半分程度のダメになる。


極論を言えば強力な単体杖4本揃えれば
残りの1本は未強化でもかまわない。
むしろ適切な属性を選べば下手な構成より殲滅力が上がる


とりあえず序盤は先行して単体杖の強化を行い。
全体攻撃杖はほどほどにしたほうが、
無駄なく戦力強化ができる。
より強い杖が手に入り補助装備に落ちることになっても、
マジシャンの補助装備は単体杖で埋めることになるので
無駄にならない。

欠点としては、
総合能力値が全体武器に比べ低いので、
総合能力値を伸ばしにくい。
まぁ総合を水増ししてもあまり意味はなく、
実質的な強さの方が重要だろう。



まとめ
というわけでマジシャン予定でリセマラするなら。
強力な単体杖を1本入手してから始めると楽になる
2014年05月20日(火)

#FFアギト レビュー

テーマ:ブラゲレビュー
agito
iOS&アンドロイド用のアプリだが実質iOSはiPhone5S専用な感じ
アンドロイドの方も快適にプレイできる機種は殆どない
アプリの最適化、通信性能、端末性能があと数年進めば、
このタイプのアプリが主流になるかもしれない。

携帯用ゲーム機のクオリティを
スマホアプリで実現しようとした挑戦的なアプリである。
アプリは2.6Gの容量があり、WIFI以外での導入は至難だ。
また起動時のロードも長く2分近くかかる(iPhone5s)


ファイナルファンタジー零式
の続編というか外伝のようである。



良い点
グラフィックがスマホアプリ最高水準である。
ガチャが良心的である(ドロップするので引く価値が無い)
無課金にやさしい


ダメな点
対応機種少ない。アプリがデカい。
起動遅い。ロード遅い。ロード多い。バッテリーががが
アプリ用の細かい設定が甘い。



まとめ
自分のスマホが
「発売後半年以内の最新機種」
であればプレイしてみる価値がある。
そうでない場合はストレスを溜めるだけだろう。
ゲーム自体は悪くないと思う。

アプリ容量?端末スペック?
そんなの知らねーよ!
って仕様には気概を感じる。
2014年04月30日(水)

iPhone用マクロツール AutoTouch

テーマ:ライフハック
オートタッチ
一応私も技術者の端くれであり、
「機械で実行可能な反復作業は機械にやらせるべき」
だと考えています。


余暇をつぶす目的のゲームではありますが、
数千回の単純反復作業は苦痛なのです

統計取ったり、確率予想したり、効率化をかんがえたりして
しばらくは反復作業でもやるんですが・・・
飽きる!


最終的に極限まで効率を追求したあたりで、
「ゲームをしないことが究極効率なんじゃね?」
とか思い始めて自分が何してるのかわからなくなります。


今回のテーマは自動化です
ネット上でよく言われている「マクロ」というものにあたる
ゲーマー的には諸悪の根源みたいな言われ方をしますが、
エクセルでは誰しも普通に使ってるし
特別な悪のツールというわけでもありません。

マクロをゲームで利用した場合
憲法(日本) 問題なし
法律(日本) 問題なし

規約(運営) NGの所もある
ルール(個人?) 知らん
モラル(宗教観?)知らん
こんな感じだとおもいます。

規約違反をすればアカウント停止、
内容と規模によっては最悪民事訴訟くらいかな?
私は今の所、
ドメインがブラックリストに乗って
新規登録の時点で弾かれるくらいで大した問題はありません。

ということで、
運営はゲームの世界での神!
神に逆らうなんてトンデモナイ!
って人はこの先を読まないほうがいいです。


ということで、
IOS用のマクロツール
AutoTouch for iOS 7
オートタッチあぷ
を紹介する。

そもそもスマホアプリの規約には、
規約拡大解釈で、幅の広い禁止事項にひっかけることはできても
現時点でマクロに関する禁止事項の記載がありません。

要するに現時点では、
スマホアプリに対するマクロが一般的ではない
ということでしょう


現状IOSでマクロを実行するには、
root権奪取(脱獄)
cydiaアプリインスト(非純正アプリ)
cydiaアプリ課金orクラック
このあたりのハードルを越えないとダメです。

脱獄の仕方やメリットやデメリットは、
グーグル先生に聞いてください。
数分で簡単に実行できるツールがあるので作業自体は簡単です。
その為cydiaインストールまでの手順は省略します。


手順1 インストール
AutoTouchをcydiaでインストール
※無印がios6用でforiOS7ってのがios7用



手順2 初期設定
ボタン設定
AutoTouchを起動し、
右下の歯車ボタンから設定を起動し、
コントロールを選んで、
Activator Control Actionを選びます。
そこでメニュー呼び出し用コマンドを選択するのですが、
「ボリュームボタンの↓長押し」
がゲームマクロ起動ボタンとして優秀でした。

理由は
メカニカル動作なので確実に起動します。
ゲーム操作に影響を与えず起動できます。
仕事中でも不用意に音がしません!
という事でお勧めです。が、ぶっちゃけ好みでいいです。


手順3 アプリ起動
ポップアップ
先ほど設定したボタンを押すとポップアップで
AutoTouchが起動し記録と再生が可能になります。
記録終了はポップアップを表示させたのと同じボタンです。



手順4 マクロ実行
実行回数
記録した動作を再生させる前に、
実行回数と実行待ち時間と実行速度を設定する
実行回数(time)0回に設定すると無限に実行します
実行待ち時間(Interval)は実行前の待機時間。
実行速度(Speed)は記録行動の速度を変更できます
実行されれば
作業が正確に実行され問題なく実行されるのを確認します



手順5 制限解除
再生時間が5分で自動停止するが、
5ドル払う事で制限は解除ができる
ペイパルかクレカで払う必要があるが、
非正規アプリの課金にクレカは危ない気がします、
コンビニに売ってるプリペイドクレカがいいと思います。
まぁ最低金額が5290円だが他にも使えるしぃ
プリクレ
もしくは自己責任で
割れレポジストリやdebファイルでクラック版でも使うといい
リスク的に素直に課金するのが無難だと思います



手順6 記録テクニック
通信を行うアプリの場合は
毎回微妙に時間が違う手順も多い。
スライドさせる動作も微妙なズレが
回数を重ねることにより問題になることがある
そういう場合は
記録時にあえて応用の効く記録をするといい

具体的に、
多少位置のずれる可能性のある場所は、
周囲を連続タップすると、
そのうちのタップのいずれかで判定がされ先に進める

また同じ動作を999回繰り返す処理を記録する場合、
1回を999回実行するより、
動作3回を333回実行したほうが精度が上がったりもする。
また他のアプリの通知が画面↑に出たり、
スマホが画面回転で向きが逆になるので注意



手順7 カスタマイズ
記録した行動はスクリプトとして記録されており、
編集して無駄な行動を削除したり時間を調節できる。
そして更にストアに並べることもできるようで、
自作スクリプトの販売も可能なようだ。
/var/mobile/Library/AutoTouch/Scripts/
にスクリプト自体は保存されており、
afc2
「afc2add」というプログラムを追加でインストールすれば、
i-FunBoxやiExplorerなどでPCからも編集できる
ヘルプやリファレンスを読めば
より高度なスクリプトを書くこともできるだろう



まとめ
マクロ実行中に電話かけてくんじゃねーよ!
マクロ暴発するじゃねーか!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>