過去記事まとめ
サンコン / モンドラ / ラカトニア / ドラクル / 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年10月14日(火)

#テラバトル を終えて

テーマ:ブラゲレビュー
テラバトル

FF生みの親とか言ってるがFFの名前を借りても、
FFレコードキーパーとかパッとしなかったし
FFの名前の微妙ゲーが増えすぎて
それだけでは釣られなくなってると思う


ざっと気になったことを書く
ゴミキャラが少ない
ゲームシステムが複雑
EXP獲得の配分が時限クエに偏りすぎ
トカゲと外道が多すぎ




ゴミキャラが少ない
ソシャゲの中にはSSの特定のキャラ以外産廃
といったようなものは多いが、
テラバトルでは育成速度とスキルの関係で、
どのキャラもそれなりの利点がある。
この点は非常に良いと思う。



ゲームシステムが複雑
理解すると面白いのだが、
単純化の究極系だろうと思われるパスドラあたりと比べると
やはり仕組みが複雑というか要素が多すぎる。
おそらくライトユーザーは理解する前に去る。

生き残った無課金リセマラ勢も
強いレア1枚だけじゃ意味が無いと悟り
早々に消えるだろう。

訓練されたゲーマーなら、
ある程度理解した後、
そこそこ金入れて、
そこそこ楽しんで、
次に流れていくと思う。



EXP獲得の配分が時限クエに偏りすぎ
レベルカンストさせたわけではないので、
偏ってる意見かも知れないが、
通常クエとメタルクエのEXP格差がひどい。
というか時限以外ではレベル上がらないんじゃねーの?
と思えるほどだ。
私の場合は特定時間を縛られるのは辛かった
「隙間時間」で遊ぶゲームに不定期&時間固定入れるなら
その要素が必須事項にならないようにしないとダメかと



トカゲと外道が多すぎ
かわいいキャラがあんまり居なかった。
というかトカゲばっかりや。
なんというかストーリーでくれるキャラが
トカゲばっかりなのは不満や


まとめ
SSレアは成長が非常に遅い
強いキャラは1匹ではなく6匹必要


高速リセマラ用BINファイル(修正前ver)
https://www.dropbox.com/s/o42viiiiwuhb0lt/resumedata.bin?dl=0
2014年10月06日(月)

[ #ADHD &アスペ]の人の考える「ふつう」とは

テーマ:日常
ゲームブログなのに、
何故か自分の事を書く。
まぁ個人ブロクだし問題なかろう。


私には娘がいるのだが、
「他人とかなり違う。頭がオカシイのではないか?」
ってことで周囲の人が病院を色々連れ回した結果、
「発達障害のようだが一般学級には行けるレベル」
とかいう診断結果だった。

で、その際に、
姉妹もその傾向があるかもしれない。
両親にもその傾向があるかもしれない。

てなことを言われる。

最終的に私が
「ADHDとアスペの併発した状態(だと思われる)」
という結論になった。
専門医でさえ断定しないのは
まぁこの分野の難しさなんだろうなぁ
というかADHDとアスペって共存するのかぁ
そもそも断定された所で治るわけでもないし意味はない



ということで、
[ADHD&アスペ]な人の考え方
を書いてみることにする。


生まれた時からADHDだった私が、
「努力が足りない」
「注意力が足りない」
「やれば出来るのにやらない」

と言われ続けて育ち、
今現在「普通の人」を演じて生きている


鬱や精神崩壊をなんとか回避し、
ギリギリ社会生活を送ることができた私なりの対処法
なので、
おそらく理解されないし、
誰かのためになるかとは思えないが、
こういう人もいるんだよって事で書いてみる

「変わった人のものの考え方」
として読むと面白いかもしれない。


アスペの特徴に「客観視ができない」
というのがあるようだが、
この特徴は私にはない
というかむしろ逆だ


私の事例で過去の人格形成を振り返る
「忘れ物が多かった」
「身の回りの片付けが出来なかった」
「時間を守れないというか、予定自体を忘れる」

という事が多く
幼少期は基本的に全否定されてた。


「1番になれってことではないんだ。
ふつうの事をふつうにやってくれ。
もうそれだけでいいから」

というような事をひたすら親に言われてた気がする
「簡単なことが出来ない奴が高度なことが出来るわけない
お前は出来るかもしれないが世間はそう見てくれない」

とも言われてたから、
私に対しそれなりの理解を父親もしてたのかもしれないな


自分の判断が
「ふつう」ではなく「異端」として扱われる場合
「ふつう」ってのがわからない

自分の判断ではなく他人の判断基準で「ふつう」が決められている
と当時の私は理解した。


人間観察と思考予測のデータを蓄積させ、
一般大衆(親と教師)の考える「ふつう」を推測する。

とりあえず10歳男性だった場合
7歳男性としての「ふつう」
8歳男性としての「ふつう」
9歳男性としての「ふつう」

のデータは持っている。

それに身近な母親と父親と祖父祖母の傾向データを重ね合わせ、
世間の言うところの「ふつう」を理解しようとした

この判断精度は低くデータ不足のため、
このデータの蓄積と検証のために全力を尽くすのだが、
今思い返すとこの行動が全く理解されてなかったようだ。


基本的に、
まず自分のもっている「ふつう」データ拡充のため、
付近の人を観察し「自分の予測データと一致するか?」
を検証する。

想定道理に行動すれば問題ない。
想定道理に行動しなければ、原因を解明しデータを修正する
どーしても原因がわからなければ「想定外」として除外する。

そうこうしていると、
日常生活では取れるデータに限界がある。
基本的に複数の選択肢があっても、
だいたい他人は同じ選択肢しか取らない。
そうすると、あまり選ばれない選択肢のデータが欲しくなり、
自分でその行動を取るようなことがしばしば発生し、
その結果「異常行動」と言われたりする


実例で言うと
褒められた時の「ふつう」は周囲でよく見られるが、
殴られたときの「ふつう」がかわからない
その結果
「そうだ!周りの人を殴って反応みよう!」
という結論に至り、実行するわけだ。

勿論問題になる。
「殴られたらどう思うか考えなかったのか?」
と言われて、
「それがわからなかったので殴った」
とかそんな問答をしてたきがするなぁ

殴った時何を考えてた?
という問いに対し。
「効果的に打撃を与えるために
足を払った後左手でフェイントを入れて
右手で体に対して水平方向へ力が加わるように心がけた」

とか回答して相手を更に怒らせることになる。

最終的に
「あいつに関わるな」
となるわけだ



ある程度「ふつう」を理解してくると、
データ的な「ふつう」ではなく、
発言者自身が「ふつう」だと思っていること
がその場における「ふつう」と理解する


テストの点にしても、
2:6:2で良い「良い」:「普通」:「悪い」
と考える人は少なく、
平均点を「普通」それ以上を「良い」それ以下を「悪い」
と考える人もいるし、
発言者自身より上なら「良い」下なら「悪い」
と考える人もいる。

で、自分の分析の結果、
その人の構成を自分の持ってるデータを元に重ねあわせ、
ん~この人の場合、
20歳男性のデータと、
学生男性のデータと、
日本人富裕層のデータと
労働者型思考で自己顕示型

上記考慮するとおそらく
この人の「ふつう」は80点くらいだろう
みたいに考えて対処してたと思う。


特に初対面の人やタイプ不明の人の場合は
対処するためのデータが少なく
トラブルの比率が高く苦手だった。



「大多数の他人はこんなことなど考えていない」
というのを知ったのがつい最近なので、
当時の私は
どうして自分には「ふつう」の推測と実行が出来ないんだろう
なんてダメな人間なんだ。
とか思っていた。

そもそもクラス平均点を問題から予測算出し、
その平均点前後に自分の点数を合わせる
なんて事無理だし、そもそもその意味もない。
過去の自分に教えてやりたい。


社会人になってしばらくして、
そもそも「ふつう」である意味がなくね?
という結論に達し「ふつう」を意識するのは辞めた。
そして「一番効率的な選択肢」を選択するようになった。

だがしかし、
考え方の基礎に細分化された対応データを
組み合わせて行動を決定するプロセス
はそのままなので、
自分がどう思ってるのかがわからない。

どの行動をとっても、
その役割を演じてるだけで、
自分がそうしたかったのか、
その行動が正しかったのかどうかもわからない。


私はないがしたいのだ?
会社なんかどーでもよくね?
とか迷走して会社辞めたりもした。

その後「ふつう」のサラリーマンルートに戻れなくなったので
起業して自分の好きなことをやった。

その時に「ふつう」の限界を知った。
資本主義経済において、
有利な立場にいる奴は「ふつう」ではなかった。
そもそも今まで信じていた「ふつう」は、
父親の考えていた「ふつう」であり、
目指すべき目標でもなんでもなかった。

なんか悟った気分にはなったが
経理とか興味なくてグダグダで会社が速攻傾く
で、会社が吸収合併して、またサラリーマンに戻る。


ここで、
今現在も継続している、
サボリーマンが誕生する。



まとめ
今現在は相手の気持ちがわからないことを理解している。
相手のことがわかったつもりの時より進歩した気がするが
結局相手の気持ちがわかってないことには変わりない。

「わからないもの」として理解する方法は、
私の中では一番汎用性が高かった。

そもそも他人の気持ちを理解するってのは、
ADHD関係なく難題ではないのだろうか?
2014年09月30日(火)

#wiz_s Wizardry スキーマ を終えて

テーマ:ブラゲレビュー
WIZ_s

私はパワーアップ改装後からのプレイでしたが、
それでもまだまだシステム周りはgdgdでした。


通信エラーを起こすと低確率でゲーム続行不能になる不具合

コレが致命的だった

コレの影響でプレイしてる人は、
ゲームから徐々に排除されていった


「新規で作りなおせば全部あげるよキャンペーン」
を展開してたがユーザーは帰ってこなかった


この起動不能に対処するために、
各自がアプリを精査することになり、
システム周りが糞なことが露呈した

特に酷いのが
オンラインっぽいゲームにもかかわらず、
なぜかスマホの時計を進めると遠征から帰還してくる
という斬新な仕様が明らかになった

実はオフゲーで、
セーブデータだけクラウドに置いてあるようなもの
なんじゃ?

ここからユーザー同士の情報交換により、
ゲームにあそばされるのではなく、
ゲーム自体を遊ぶ方向へシフトしていく!


何故かクライアントに無駄にデータがおいてあり、
ダンジョンIDから、
必要経験値リスト、
精錬の効果と費用のリスト、
敵のステータスやレベル、
アイテムの全リスト
などなど
コレを元に「ゲーム」を攻略していく


色々入手デバックダンジョンLV5だと
EXPが1分で320000手に入んぞ?

とか

30時間のダンジョン500回回したけど
ダンジョンアイテムリストがコンプリートしねぇ

とか

キャラメイクはクラ依存だから、
オール★3作れた

とか

ガチャ限定の特性をもたせた
キャラメイキングもできたよ

とか

装備制限書き換えて、
フェアリーにタイタンアックス持たせると捗る

とか

課金アイテムを装備欄に装備させると
アイテム消費せずに効果が発現する

とか

そんなこんなで盛り上がる

一応おおまかなバグは対応されたようだが、

ログインできなくなる勢
ゲームに飽きてやめる勢
チトとの格差でやめる勢

などに分かれて消えていった


まとめ
課金開始できない状態
だということを運営がよく理解している
だから完全無料アプリなんだろう

そして無料アプリのまま終わるとは思わなかった
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>