ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

テーマ:
ひかりone TV
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(1枚組)
¥2,679
Amazon.co.jp
を観た。

全体にダークな雰囲気が漂っていて、画面自体も見づらい部分が多い。
暗すぎて、何がどうなっているのか判然できない。

原作の方も、暗いというか、かなりジレンマを感じる部分が多く、その割に登場人物が簡単に死んでしまうというのもいただけない。

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)/J.K. ローリング
¥1,995
Amazon.co.jp
の頃は、ファンタジーの要素が多く、o(^o^)o ワクワクしながら読み進んだものだが、ヴォルテモートの復活がメインになりはじめたあたりから、内容が変化してきた。
全体に漂う雰囲気がダークなのだ。
子供向けにしては、かなりシリアスというか、何というか。
ま、それでも全巻読破してるんだけどねσ(^◇^;)
「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)/J. K. ローリング
¥3,990
Amazon.co.jp
最新作にして、シリーズ最終巻では、登場人物の誰かが死ぬということが、作者のJ.K.ローリングからコメントされている。
悲しい結末にだけはして欲しくないものだ。

w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!
そう言えば、前作の
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版
¥3,432
Amazon.co.jp
は、MacパソコンでDVDCDが観れなくなったというのもあって、まだ観てないんだよなぁ。



この道より 我を生かす道なし この道を歩く
(武者小路実篤)
すべての人にすべての喜びごとが雪崩のごとく起こる
(斉藤一人)
あなたがつねに美しい道を歩けますように
(アメリカインディアンの祈りの言葉)
分かち合うことが出来れば、悲しみは半分に、喜びは2倍になります。
(アメリカインディアンの格言)
シバイ(Shivai)[勇敢に前に進んでいくという意味]
(バシャール スドウゲンキより)
順風満帆 = Living With A Following Wind

SQ Life 木精占い  125x125b.gif
AD

創聖のアクエリオン

テーマ:
創聖のアクエリオン-裏切りの翼-【限定愛蔵版】
¥79,980
Amazon.co.jp

一万年と二千年前から愛してる・・・音譜というパチンコのCMでしか知らなかった創聖のアクエリオンを初めて観た。
たぶんTVシリーズなんだろうなぁ~はてなマークという認識はあったものの、大体こういうアニメが放送されるのは真夜中(たぶんね、本当にまったく知らなかったもので)ということもあって、本編はまったく知らない。

知らないからこそ、余計な先入観もなしに観れたのかも。
素直な感想を言えば、面白いニコニコ
独特の世界観といい、メカのデザインといい、なかなか秀逸。

堕天翅族という存在(天翅と聞き取れなくて、天使天使だと思っていた)が、生体エネルギー“プラーナ”を摂取するために人間を捕獲していくという設定が、何ともいえず心くすぐられる。
こうなると、本編を観てみたくなるのが、人情というもの。
再放送されてないのかしらんニコニコ



この道より 我を生かす道なし この道を歩く
(武者小路実篤)
すべての人にすべての喜びごとが雪崩のごとく起こる
(斉藤一人)
あなたがつねに美しい道を歩けますように
(アメリカインディアンの祈りの言葉)
分かち合うことが出来れば、悲しみは半分に、喜びは2倍になります。
(アメリカインディアンの格言)
シバイ(Shivai)[勇敢に前に進んでいくという意味]
(バシャール スドウゲンキより)
順風満帆 Living With A Following Wind

SQ Life 木精占い  125x125b.gif
AD

ウィル・スミス

テーマ:
日曜ロードショーで
バッドボーイズ 2バッド デラックス・コレクターズ・エディション
¥2,590
Amazon.co.jp
を見ている。

ウィル・スミスって、コメディからシリアス、アクションものまで、幅広く演じ分けることのできる才能のある俳優のひとりだね。
バッドボーイス2バッドということは、1があるってことだけど、残念ながら1は見てない。

監督マイケル・ベイ、製作ジェリー・ブラッカイマーという『アルマゲドン』『パール・ハーバー』の組み合わせに、ウィル・スミス&マーティン・ローレンスの主演コンビによる1995年のヒット作のパート2。マイアミ警察のふたりの刑事が、「エクスタシー」というドラッグを裏取引するシンジケートを壊滅させようとする。今回は、ローレンス演じるマーカスの妹・シドが麻薬捜査局の潜入捜査官として登場し、スミス演じるマイクが彼女と恋仲になるという味つけもある。
Amazonの商品紹介より

派手なアクションシーンに、カーアクション、やることなすこと無茶苦茶な2人の名コンビ振りもなかなか。
改めて、1を見てみたい氣になる。

つい最近、
幸せのちから コレクターズ・エディション
¥2,952
Amazon.co.jp
を見たばかりだが、こちらはまったく違うヒューマンな役柄で、父親と息子のドラマにウルウルしてしまった。
クリス・ガードナーという人の、実話に基づいた感動作。
全財産21ドルから億万長者へーー。そんな夢のような人生を本当に実現させた男がいた。

モーテルを追い出され、その日の宿にも困った親子が、駅のトイレに入り、鍵をかけて寝ようとしているところへ、激しくドアを叩く音。
横で疲れた息子が眠る傍で、涙ぐむ父親。

成功を夢見て証券会社の養成コースを受講することにする。
正社員になり安定した生活を送りたい。
しかし、研修中は無収入という過酷な状況下でも、アイディアを駆使してチャンスをつかんでいく。


ゼロから億万長者になったクリス・ガードナーの話に、何か学ぶべきことがあるのかという期待もあったが、少々消化不足な感は否めない。
自分の才能を信じて諦めないという姿勢には、共感するものがあった。


この道より 我を生かす道なし この道を歩く
(武者小路実篤)
すべての人にすべての喜びごとが雪崩のごとく起こる
(斉藤一人)
あなたがつねに美しい道を歩けますように
(アメリカインディアンの祈りの言葉)
分かち合うことが出来れば、悲しみは半分に、喜びは2倍になります。
(アメリカインディアンの格言)
シバイ(Shivai)[勇敢に前に進んでいくという意味]
(バシャール スドウゲンキより)
バシャール スドウゲンキ/須藤 元気/ダリル アンカ
¥1,575
Amazon.co.jp
SQ Life 木精占い  125x125b.gif
AD